カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 【徹底比較】テレワーク vs リモートワーク!違いやそれぞれのメリット・デメリットを解説!
  • 転職準備

【徹底比較】テレワーク vs リモートワーク!違いやそれぞれのメリット・デメリットを解説!

「テレワーク」と「リモートワーク」の違いとなる比較ポイントやそれぞれのメリット・デメリットを解説していきます。最近は多くの人がこのような働き方を魅力に感じる傾向があります。他にも似たような働き方が存在し、今回はその代表的なテレワークとリモートワークを徹底比較します!

 

【テレワーク】&【リモートワーク】の違いは?

 

【テレワーク】と【リモートワーク】の簡単な説明

 

 

・テレワーク

テレワークとは、「(テレ)= (遠く)」と「(ワーク)=(仕事)」の単語が合わさった言葉になります。

意味としては「遠隔で仕事をする」意味合いを表しています。もっと分かりやすく解釈するなら、「(遠い)場所から遠隔で仕事をして働く」と言った意味合いで認識すると分かりやすいでしょう。

・リモートワーク

リモートワークとは、「(リモート)=(遠隔)」と「(ワーク)=(仕事)」の単語が合わさった言葉になります。

意味としてはこちらも「遠隔で仕事をする」意味合いを表しています。もっと分かりやすく解釈するなら、「遠い場所から(遠隔)で仕事をして働く」と言った意味合いで認識すると分かりやすいでしょう。

上記のテレワークとリモートワークの意味を理解されたかと思います。ほとんど同じ意味ですよね。違うとしたら強調している意味合いが違うことです。

下記でもっとテレワークとリモートワークを深堀りしていきますので、詳しく情報を知りたい方は閲覧してくださると幸いです。

テレワークとリモートワークのメリット・デメリットや違いを分かりやすく比較します!

 

テレワークvsリモートワークをもっと詳しく徹底比較!

 

①【テレワーク】もっと詳しく!

 

 

テレワークは、テレコミューティングとも呼ばれることがあり、遠い場所から仕事をして働く意味を示す表現として用いられます。

主に会社に通勤して仕事に行くスタイルではなく、自宅やカフェと言った会社外で仕事をこなしていく形態での働き方を意味しています。テレワークで仕事をする人を「テレワーカー」と呼びます。

大きな違いとしては古い言葉か、新しくできた言葉かが比較して分かる違いになります。実際に古い言い方で言うとテレワークになり、最近できた言葉に直すとリモートワークとなります。

なぜテレワークが消えずリモートワークに統一しないかといいますと、国の法律で補助金制度があり、その補助金制度の名前が「時間外労働等改善助成金(テレワークコース)」と言う制度があります。

このように国の制度でテレワークと命名されていることにより、リモートワークと制度に記載されず、記載されている言葉がテレワークなため、テレワークが消えない理由の1つと言えるでしょう。

 

②【リモートワーク】もっと詳しく!

 

 

リモートワークの意味は遠隔操作で仕事し働くことを意味しています。「企業に所属した形式」で仕事ができる働き方としてリモートワークは注目されています。

ワーキングスペースや自宅など、様々な場所で遠隔で仕事をこなす事を基本とした働き方です。

企業に属している利点を活用しながら、好きな時間や好きな場所で働くといった形態が取れるのがリモートワークです。実は、正社員や業務委託が主に多い形態と言えます。

例えば、正社員でありながら1日の半分は会社で過ごし、残りの半分は自宅やカフェなどで働くことが可能です。

完全に出社せず遠隔での仕事を中心として働ける状況でも雇用状態は正社員の人もいます。企業や個人の状況やタイミングによって雇用状態や働き方は変わってきます。

業務委託の場合も同じように出社して働く条件や、出社せずに働く条件など企業によって様々な状態に対応できるのがリモートワークです。

多くの人が認知しているのは女性が出産や育児で会社にいけなくなった状態でも、働くことができる体制を整えている働き方として注目を集めた働き方です。

リモートワークと似たような働き方がさまざまあり、「在宅ワーク」や上記の「テレワーク」と比較されることが多く理解しづらいのも事実です。

テレワークは古い言葉で制度の名前に今も使われているため、未だ残って使われている言葉になります。

現代よりに言葉ができ、出社しないでも働ける、といった働き方がイメージとしてとても強いのがリモートワークです。

 

両者のメリット・デメリット

 

①【テレワーク】と【リモートワーク】のメリット

 

 

好きな時間と場所を好きなタイミングや、好きな事で働けると言ったイメージの方が多いのではないでしょうか。

始めはその通りですが、大半は生活の不安を抱えながら仕事をしている人が多く、その不安のデメリット要素を仕事への熱意に変化させていく事で大きなメリットとなります。

その不安から開放されるために日々努力をしていくマインドに思考が自然と切り替わります。大半の人は今までに観ていた光景や景色のさまざまな捉え方が変わり、楽しいと思える事が変わってきます。

好きな場所で働け、まとまった時間帯が取れない人でも収入が確保できる働き方です。仕事を完了すればどこにいても何も問題なくスムーズに仕事が可能です。

現在の通勤形態が生活スタイルに合わない人や向いていない人が、無理なく働ける働き方として近年は若者を中心にテレワークとリモートワークに変える人が急増しています。

 

②【テレワーク】と【リモートワーク】のデメリット

 

 

勤務態度や仕事をしている様子を伺う事ができず、出来高制での成果でしか大きな判断ができないのが、デメリットと言えます。

つまり、勤務態度やメールや通話などでの対応が悪いと仕事をする上でどうしても今後トラブルや大きな問題に発展しかねない火種を常に抱えることになります。

 

テレワークとリモートワークで活躍できる職種とは?

 

①職種

 

 

テレワークやリモートワークが採用されている企業が多い業界としては、IT業界があげられます。理由としては、主にIT業界はパソコンを使うためパソコン1つで業務の完遂が可能です。

そのため、テレワークとリモートワークのような好きな場所で働ける職種が幅広く存在します。他にも様々な職種がありますが大半はIT業界に傾いています。

代表的な職種に「Webエンジニア」や「Webデザイナー」などが挙げられますが、これらはいずれも「成果物」が非常に分かりやすい職種です。同じオフィス内にいようがいまいが、アウトプットを見れば仕事の進捗を判断することができるため、テレワーク、リモートワークとの相性が良い代表的な職種と言えるでしょう。

 

②【仕事する場所】

 

働く場所としては自宅やカフェなどの出先やビジネス専用のコワーキングスペースを活用するなど様々な場所で働けます。

仕事ができれば海外などでも働くことができるため、仕事環境が整っていればどこで仕事をしても問題ないのがこの2つのテレワークとリモートワークの働き方となります。

 

【テレワークとリモートワーク】の今後

 

 

現在の日本の状況は就職した新人の退職率は年々増加し、フリーで生活しようと考える人が増加傾向にある現代となっています。その時にテレワークとリモートワークは仕事をする上で多くの職種がこの働き方で可能となっています。必要不可欠になってくる時代もそう遠くはないでしょう。

 

これから利用していきたい人へ

 

どこで何をワークするかは自分次第

 

 

テレワークとリモートワークで働くかは自分次第です。実際は、会社に属して働く形態にさまざまな問題で働けなくなっているのも現実問題で事実です。

かといって、テレワークとリモートワークがおすすめできる働き方ということでもありません。タイミングや状況によって大きく変化します。

その変化は自分で作り出すこともでき、自然に変化していくこともあります。人それぞれで最終的には自分の決断が決め手となります。

職種によっては自分次第で、今の仕事をテレワークやリモートワークに変化させることも可能です!

 

まとめ

 

テレワークとリモートワークのメリット&デメリットを理解しつつ、仕事に活用していく際は、自分の考えで行動し人生を歩んでいくことが大切です。

振り返った時に未練や後悔をしないために日々の生活でさまざまな事に努めていく姿勢を意識して行くことをおすすめします。

自分の人生にテレワークとリモートワークを取り入れて自分のスタイルで仕事と向き合って行きましょう!

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。