カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. サプライチェーンマネジメント(SCM)の意味を解説!近年再注目を浴びる経営管理手法だった!
  • 転職準備

サプライチェーンマネジメント(SCM)の意味を解説!近年再注目を浴びる経営管理手法だった!

サプライチェーンマネジメントは近年再注目されている経営管理手法の一つです。ただ、「聞いたことあるけど実際何?」「どんなことができるの?」このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?この記事ではそんなSCMを解説していきます。

サプライチェーンマネジメント(SCM)とは

 

 

サプライチェーンマネジメント(SCM)の定義

 

サプライチェーンマネジメントとは日本語で供給連鎖管理といい、複数の企業、物流間で成果を最大化するためのマネジメント手法です1982年にアメリカのコンサルティング会社に勤めるK.Rオリバー氏とM.D.ウェバーの二人によって提唱されました。

戦略的に無駄なコストを極力減らし、売り上げを最適化するために多くの企業で導入されています。

 

サプライチェーンマネジメント(SCM)のシステムは

 

サプライチェーンマネジメントとは、一貫したプロセスをマネジメントする手法です。例えば「原材料・部品調達 → 生産 → 物流・流通 → 販売」までが主な流通プロセスになりますが、その全行程の情報をまとめて管理します。

 

工程一つひとつをそれぞれ最適化するのではなく、工程全体の最適化をするイメージです。

 

サプライチェーンマネジメント(SCM)の目的は

 

サプライチェーンマネジメント(SCM)の目的は、各プロセスの情報を共有することです。

それぞれの情報をしっかり共有し、状況に応じて業務工程を調整することで無駄のない業務の最適化を可能にします。

顧客にも最短で商品を提供でき、かつ在庫も最小限に削減します。

再注目を集めている理由

 

1982年に登場したサプライチェーンマネジメント(SCM)ですが、なぜ近年注目を集めているのでしょうか。その原因に迫ります。

 

人手不足が影響

 

 

サプライチェーンマネジメント(SCM)が注目されている背景の一つに人手不足があります。例えば、物流のトラックドライバーの人手不足です。ドラック業界では「きつい」「危険」「帰れない」と3Kのイメージがついており、新しい労働者の加入よりも、辞めるドライバーの数が多く、年々数が減少しています。

そのため、無駄のない物流によりドライバーの運転回数も抑えられ、少ない人手でも最大限の成果を発揮できるサプライチェーンマネジメント(SCM)が注目されているのです。

 

ビジネスのグローバル化

 

 

グローバルにビジネスを展開している企業が多いこともサプライチェーンマネジメント(SCM)が注目されている要因の一つです。グローバル化により企業間の競争が激しさの一途を辿っています。

そこでスピードやコストを最適化すべく、サプライチェーンマネジメント(SCM)を導入する企業が増えているためです。国内外でも調達、生産、販売をしっかり運用できる体制を整えています。

 

ビジネス形態の変化

 

ビジネス形態の変化も影響しています。近年はインターネットがかなり普及しており、AIやビッグデータと言ったワードも飛び交うようになりました。

世の中は日々、最新技術を駆使して業務の改善がされています。さらに、Amazonのような販売と配送を一体化して行うようなビジネスも台頭してきています。

そのような勢いに飲まれないためにも、サプライチェーンマネジメント(SCM)による全体の最適化した業務をする必要があるのです。

 

SCMのメリット

 

 

サプライチェーンマネジメント(以下SCM)を導入するメリットを3つご紹介します。

 

在庫の最適化

 

SCMのメリットとして、在庫の最適化が挙げられます。ビジネスの基本は「良いモノを生産して販売すること」です。その販売過程のモノの在庫量を誤ると利益を最大化することは難しいです。

しかし、仕入れ管理、在庫管理、販売管理をそれぞれ連携して情報を共有することで、過剰な在庫を防ぐことができます。そのため在庫の最適化のためにもSCMが必要不可欠なのです。

 

時間の効率化

 

時間の効率化もメリットの一つです。流通はさまざまな業務によって成り立っているためです。仕入れ、製造、販売など、それぞれに時間がかかります。

各作業の開始から終了までの時間のことをリード時間といいますが、この時間を最適化することで時間の効率化が実現します。

例えば、コストコです。コストコの商品はトラックの中と同じように商品が陳列されており、店内レイアウトや製品保管のリードタイムを短縮しています。とても理にかなっている商品の陳列方法なのです。

 

売り上げの最大化

 

業務の最適化をすることで売り上げを最大化できます。最適化した業務の時間や労力を別の業務に割り当てることができるためです。

いままで二人で行っていた作業を一人でこなせるようになれば、一人分のリソースを持て余すことになるため、その人材が最適なポイントで業務をすれば売り上げも自ずと向上するでしょう。

 

SCMのデメリット

 

 

SCMのデメリットを2つご紹介します。

 

導入コストがかかる

 

SCMは、メリットが大きい経営手法ですが、導入コストがネックで採用していない企業も少なくありません。

このシステムは流通プロセス全てが関わってくるため、全行程から承認をされないと当然導入できませんし意味をなし得ません。それぞれの工程の情報を共有するためのソフトウェアを導入する必要があり、大規模にプロジェクトを推し進める必要があるためです。

最近では、クラウド上で情報を簡単、手軽に仕入れることができるため、中小企業でも比較的取り入れやすくなりました。

 

顧客を失いかけない

 

SCMで売り上げの効率化のみを追求しすぎると顧客を失いかけません。

商品は需要と供給のバランスによって売り上げが決まります。需要がある分野に多く供給をすればその分、売り上げが向上しますし、需要が希薄な分野に多く供給をしても売り上げは伸びず在庫だけが増えるでしょう。

そのためSCMでは、需要がある分野の供給を増やすため、需要が少ない分野の供給を停止する場合もあります。そうすると、供給を最適化することで顧客が離れる可能性もあるのです。

 

SCMの成功事例

 

 

SCMを導入する企業は年々、増加しています。ここでは実際に導入した企業の成功事例をご紹介します。

 

デルコンピュータ社

 

デルコンピュータ社は、SCMによって成功した典型事例です。パソコンビジネスを見込み生産から、受注生産の仕組みに変更することで効率が3倍にまで跳ね上がりました。

 

生産システムを変更したことで、在庫のロスを無くせ、短いリードタイムでの生産を可能にしています。

 

エレコム株式会社

 

エレコムはコンピュータ周辺機器メーカーで多くの製品カテゴリで成績を収めている。SCMによって、2万点以上もの取り扱い製品の業務のシステム化を実現しました。

低コスト、短期間で大幅な作業時間の削減、および販売台数の予測制度の向上をしました。

 

まとめ

 

 

この記事ではサプライチェーンマネジメント(SCM)について解説してきました。2000年頃に注目され、近年再注目されているSCM。

プロセス全体の効率を最適化することで、作業工数の削減や売り上げの最大化など、多くの恩恵があります。

導入するのは簡単ではありませんが、多くの企業で成功事例が確認されているため導入して損はない経営手法です。無駄のない経営をするためにはSCMが不可欠の存在になるでしょう。

大坂 健太

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。