Pythonってどんな言語?注目されているそのワケを徹底考察しました!

Pythonというプログラミング言語を聞いたことがありますか?なぜ最近、Pythonが注目されているかご存じでしょうか。それは、今注目されている人口知能や機械学習にPythonが深い関わりあいを持っているからです。本記事では、プログラミング言語Pythonの特徴や人工知能、機械学習との関係性をわかりやすく解説していきます。

 

Pythonプログラマの仕事内容

 

 

上記では、Pythonプログラマは収入が高いとご紹介しましたが、実際のPythonプログラマはどのような仕事を行うのかと疑問を持つ方もいると思います。

そこで、ここでは実際のPythonプログラマの仕事内容をご紹介します。

 

Webアプリケーションの開発

 

Pythonプログラマの求人募集では、Webアプリケーションの開発は最も良く見られるもののひとつです。

Webアプリケーションとは、どのような端末でも同じように利用できるアプリです。その代表的なものに『YouTube』『Dropbox』などがあげられます。

 

ゲームの開発

 

Pythonは、ゲーム開発でも用いられます。

PS4やNintendo Switchなどのコンシューマのゲームからソーシャルゲームまで幅広いジャンルを取り扱います。

 

ビッグデータ分析

 

Pythonプログラマはビッグデータの分析の基盤の製作やプロダクト開発にはなくてはならない存在です。

Pythonを深く理解していれば、統計解析ライブラリの経験などは問われない場合があります。

 

その他

 

Pythonは医療系のデータベースや人口知能にも用いられ、医療系のプロジェクトは高収入を期待できます。

また、Pythonの求人には新規事業も多くあります。新規事業がスムーズに進むかはわかりませんが、急成長を遂げた場合のリターンが大きいという特徴があります。

 

Pythonの資格取得は難しい?

 

 

Pythonの資格には『Python3エンジニア認定資格』があります。

Pythonのスタンダードな資格はこの一つしかないため、Pythonエンジニアの転職を目指すには、この資格を取得することをおすすめします。

Pythonの資格には『Python3エンジニア認定試験』『Python3エンジニア認定データ分析試験』の2種類があり、前者が初級、後者が上級となっています。

初級の資格取得の合格率は約70%~80%と高い合格率となっています。

また、プログラミング未経験者が初級の資格を取得するのに必要な学習期間は3ヶ月しか、かからないため、Pythonは初心者にも理解しやすい言語です。

 

まとめ

 

 

Pythonがどんなプログラミング言語なのか理解して頂けたでしょうか。

Pythonは比較的新しいプログラミング言語は、今後、人工知能や機械学習の発展と共に需要が高まる言語です。

プログラミングの経験がないという方にとっても、わかりやすい言語となっているため、興味のある方は是非Pythonを学んでみてはいかがでしょうか。

Geekly Media ライター

ib515

3+