EdTechとは!ITのチカラで「教育」にどんな変化が起こる?事例とともに解説します!

近年IT業界の成長はすさまじいものがあり、現代生活に欠かせないものへとなってきています。そんな中、EdTechと呼ばれるものが注目を浴び始めていることをご存知ですか?今回はEdTechとはどんなもので、なぜ注目されているのか、どんなことができるのかを事例とともに紹介していきます。最後まで読んで是非参考にしてください。

 

EdTechとは

 

 

EdTechとは?

 

EdTech(エドテック)とは、Education(教育)Technology(テクノロジー)を組み合わせて作られた造語です。

つまり、テクノロジーの力を使って教育業界を変えていくものなのです。

 

ITと各ジャンルの融合

 

 

IT業界の成長に伴って、ほとんどすべての産業・工業はもちろん社会生活に必要不可欠なものになってきており、ITの成長によって多くのモノが大きく変化してきました。

さらに近年は積極的にITと産業を結びつける動きが増えてきており、EdTechもその中の一つなのです。

テクノロジーはその使い方によって様々な可能性が秘められており、今までできなかったことができるようになる力です。

そのため、教育をどう変えることができるのか注目が集まっています

 

eラーニングとは違う?

 

 

ITと聞くと多くの人はネットを思い浮かべると思います。

ネットと教育を組み合わせたものにeラーニングというものがあり、こちらもITと教育を組み合わせたもので似ている部分もあるのですが、EdTechはeラーニングと違い進化し続けるプラットフォームである点が大きく違い、今後が期待されているのです。

EdTechには「双方向性」「匿名性」「低価格化」の3つの強みがあります。

 

双方向性

 

双方向性とは、一方的なコミュニケーションではなくお互いにコミュニケーションを取ることができるという事です。

教育に置き換えると、教師から生徒への一方通行になってしまうコミュニケーションではなく逆もしやすい環境にあるという事です。

インターネットをプラットフォームにしているため、地理や時間の不利もなくコミュニケーションを取ることができるので、海外の教師の講義を日本にいながら受ける事ができます。

 

匿名性

 

Standing Man Holding Ipads Near Macbook Pro

 

インターネットの世界は匿名性が高く、誰でも気軽に入っていきやすいという利点があります。

EdTechでは、匿名性を利用して気軽に講義に参加するのはもちろん、気軽に辞めることができるシステムになっているためより気軽に勉強に取り組むことができます。

特に日本人は人に合わせる性格特性があると言われているので、人と違うことをするのに躊躇する部分があるため匿名性が高いことで気軽に学ぶことができます

 

低価格化

 

近年は広告収入で利益を得て、利用料は基本的には取らないもしくは少額で提供するというビジネスモデルが増えてきています。

代表的な例で行くと大手動画配信サイトであるYoutubeです。

これは無線LAN環境が充実しており、インターネット等のネットワークを利用することが当たり前になってきているために実現していることです。

それに伴ってEdtechでも低価格化が進んでおり、基本利用料は無料でさらに高度な機能を使いたいという方は有料のサービスを医療するといったフリーミアムモデルが増えてきています。

 

Geekly Media ライター

3+