『Javascript』でできることってなに?!アプリの事例とともに具体的な仕組みを徹底解説!

インターネットの入り口として利用されるのがブラウザです。そして、私たちがブラウザを利用する上で、無意識に触れているプロブラムがJavascriptなのです。今回は、Webサイトには欠かせないJavascriptとは何なのか、Javascriptの仕組みについて具体例を交えながら紹介します。

 

Javascriptの勉強方法

 

インターネットが普及した現代では、Javascriptを一から勉強する方法も手軽になりました。参考資料はWebサイトに多数存在しますし、サンプルコードも目的別で検索できます。

基本的な機能や動作は全てインターネット上の資料で十分でしょう。

 

Javascriptの開発環境

 

 

Javascriptの開発環境は、開発に取り組むレベルによって使い分けることも可能です。

簡易的な開発環境から本格的な開発環境は、以下を参考にしてください。

 

・インストール無しで開発:ブラウザとテキストエディタ

・ブラウザのみで開発:コンソール(Chrome、Firefoxなど)

・オンライン開発:Glitch、Web Maker、Runstantなど

・総合開発環境(IDE):Eclipse、Visual Studio codeなど

・サーバーサイド開発環境:jpなど

 

Javascriptの開発環境は、単純な構成のモノから総合環境まで揃っていますので、これからJavascriptの勉強を始めるという人は「ブラウザとテキストエディタ」という簡単な環境から始めて動かしてみることをオススメします。

 

Javascript技術者の需要

 

Javascriptは、世界に存在するWebサイトのほとんどで利用されており、Webサイトにおけるフロント設計・開発の需要は伸び続けています。

Javascriptのスキルを生かす求人での年収は約300万円〜約1000万円です。

 

もちろんプログラミングスキルや経験値に左右されますし、Javascriptのみのスキルでは年収は頭打ちになってしまいます。

年収1000万円を超える求人内容としては、上流工程の経験やマネジメント経験、Linuxサーバ環境の知識や過去の実績が必要です。

しかしJavascriptは、JavaやPHPと同等あるいはそれらに次ぐ求人数があるのも事実ですので、これからプログラミングを始めたいという人には比較的扱いやすいプログラミング言語となのです。

 

まとめ

 

 

Javascriptは今や、世界中のWebサービスや企業サイトなど、あらゆるシーンで利用されているプログラミング言語です。何気なくブラウザを利用していれば、無意識にJavascriptを触っているはずです。

そのためJavascript技術者の需要も多く、IT業界において上流工程を経験するには必要不可欠な知識でもあります。

Webブラウザがインターネットアクセスへの窓口である限り、Javascriptは今後も廃れにくいプロブラミング言語だと言えるでしょう。

Geekly Media ライター

佐久森

4+