【徹底比較!】機械学習 vs ディープラーニング!AIで注目される2つの技術をわかりやすく解説します!

近年、AI(人工知能)の発展と共に、「機械学習」や「ディープラーニング」という言葉もよく聞かれるようになりました。これらの言葉を聞いたことはあるけれど、詳しくは良く分からないという人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、AIで注目されているこれら2つの技術について分かりやすく解説します。

 

ニューラルネットワークについて

 

ニューロンとは

 

 

では、近年の発展が目覚ましい「ディープラーニング」とは一体どういうものなのでしょうか。ディープラーニングで忘れてはならない、ニューロンについてお話します。

人間の脳にはニューロンという細胞が積み重なってできています。そのため、ひとつのニューロンに電気信号が送られると、また次のニューロンに電気信号を伝えながら、情報の伝達や処理を行っています。

そして、このニューロンは、なんと人工的に作り出すことができました。人工的に作った人工ニューロンも、人間の脳と同じように電気信号を受け取り、また次のニューロンへ電気信号を送ります。

 

ニューラルネットワークとは

 

さらに、たくさんのニューロンがつながって層のようになったものをニューラルネットワークといいます。特に、層が4層以上で構成されているニューラルネットワークは、ディープラーニングと呼ばれています。

つまり、ディープラーニングは、人間の脳のようなニューラルネットワークを形成することにより、今までの機械学習よりも正確なデータ分析とデータ学習が行えるようになったのです。

 

機械学習・ディープラーニングの活用

 

 

ディープラーニングの技術は、先ほども少しお話した通り、自動車の自動運転にも用いられています。例えば、人間や動物、道路標識などを画像認識する技術がディープラーニングによって向上しました。

そして、小さくて軽いゴミが飛んできた場合と大きくて重い物体が飛んできた場合に、速度を緩めるか、急停止するかなどの判断も行えるようになったのです。

数年前までは夢のようだった自動車の自動運転も、機械学習やディープラーニングの発展によって実現可能になったといえるでしょう。

 

最後に~ディープラーニングによって私たちの生活はより便利に~

 

 

さて今回は、私たちの生活に身近となってきているAIについて、特に機械学習とディープラーニングについてお話しました。

従来の機械学習と、2012年に誕生したばかりのディープラーニングについてお分かりいただけたのではないでしょうか。

機械学習とディープラーニングは、これからもますます進歩して私たちの生活をより便利にしてくれることでしょう。

Geekly Media ライター

やまりえ

3+