【2019トレンド】サブスクリプションモデルが人気の理由は?!事例から考えるメリット・成功のための条件を徹底解説!

NetflixやHuluの動画配信サービスやSpotifyやLINE Musicといった音楽サービスを普段使う機会も増えてきているのではないでしょうか?定額で利用料金を払って使うサービスを一般的にサブスクリプションサービスと言います。2019年には様々な企業が参入してくるサブスクリプションサービスのビジネスモデルについて徹底解説します。

 

サブスクリプションモデルのデメリット

 

 

継続利用してもらう難しさ

 

サブスクリプションは価格の安さでユーザーや消費者が利用しやすい反面、競合も多いので継続して利用してもらうことに力を注ぐことも必要になってきます。

今まで商品を作るだけで良かった会社でもサブスクリプションとしてサービスを提供する以上利用してもらう側へ飽きられないようにする施策を新しく考えて打っていく必要があります。

 

サブスクリプションは近年発展してきたサービスなので各企業が継続利用する為のノウハウを考えて実践していかなければならないという課題が出てきたのです。

顧客に飽きられないようにしていけば売り上げの確保が約束されるビジネスモデルがサブスクリプションモデルです。ここからはサブスクリプションモデルを成功させて行く為の条件を解説します。

 

成功のための条件

 

 

最初の間口を広げる

 

サブスクリプションモデルは顧客にまずサービスを利用してもらうことが第一なので最初のサービス利用の間口を広げることが何より重要になります。

初回利用の1ヶ月や数週間無料で利用出来る等各社取り入れている形態ですがやはり一番最初に利用してもらうには無料でサービスを利用してもらうのが最も効果的です。

顧客に利用してもらうところがサブスクリプションサービスの最初の入り口になりますのでまずそこに重点を置かなければなりません。

 

解約されない為の施策を打つ

 

いくら最初にサービスを無料で体験してもらっても無料期間中や1ヶ月で解約されたらサブスクリプションモデルをビジネスに導入する意味が全くありません。

その為には解約されない為にサービスのアップデートを定期的に実施したり、提供するコンテンツやモノも顧客にとって新しく魅力的なモノを提供していく必要があります。

 

サブスクリプションを利用してもらう顧客を提供するサブスクリプションモデルのファンになってもらわなければならないのです。

解約されないように努力していく事が企業の売り上げ確保、発展に繋がるのです。

 

サブスクリプションモデルのこれから

 

 

色々なサービスに波及

 

サブスクリプションモデルは2019年に入りまだまだ今まで考えもしなかったビジネスにも波及しています。

定額料金で様々な物件に住める不動産のサブスクリプションや家具を定期的に利用出来るサブスクリプションも出てきており生活にサブスクリプションモデルはますます身近なものになっていきます。

サブスクリプションモデルは利用する側も一定額で使い放題になるというメリットが有ります。逆に企業側は始める時にあらゆるコストがかかります。従来のビジネスモデルから移行する時には収益を安定させるのが難しいですが、軌道に乗せれば企業側も売り上げの確保や予測が立てられデータや情報の収集も出来ます

 

また顧客に自社商品やサービスのファンになってもらう近道にもなりますので、今後サブスクリプションモデルはますます発展し、普及していく可能性が高いです。

どのようなビジネスモデルでも一度サブスクリプションで提供出来ないか検討してみるのはいかがでしょうか。

 

Geekly Media ライター

6+