『ブロックチェーン』のメリット・デメリットを徹底解説!その仕組みや未来像までわかりやすく解説します!

2017年に価格が高騰し話題になったビットコインやアルトコインですが、これら暗号資産を支えるシステムがブロックチェーン技術です。今回は、ブロックチェーンにはどのような利用価値があるのか、その仕組みを理解しながらメリットやデメリット、そしてブロックチェーンの未来像をわかりやすく解説します。

 

コンセンサスアルゴリズムによってはトランザクション改ざんが可能

 

 

ビットコインやその他多数のアルトコインが利用しているコンセンサスアルゴリズムがPoWです。

コンセンサスアルゴリズムとは、発生したトランザクション(取引)に不正が無いことを承認する仕組みのことです。この仕組みを使ってチェックを行い、不正が無いと判断されればブロックに記録されます。

そして、この作業こそマイニングと呼ばれる重要な作業であり、作業を行う人をマイナーと呼んでいます。

悪意のあるマイナーが存在し、マイナーの51%以上が不正のあるトランザクションを承認すると、不正なトランザクションが正しいものとしてブロックチェーンに記録されてしまうのです。

これが51%攻撃と言われるものですが、それでも過去のブロックチェーンに記録されたデータが改ざんされるわけではありません。ただし、それ以降のチェーンが悪意あるマイナーの思い通りになってしまうということなのです。

このような事態には、ハードフォークという手法でロールバックした例も存在します。

 

技術者が少ない

 

 

ブロックチェーン技術者はまだまだ少ないのが現状です。そもそもブロックチェーンを導入するシステムも普及しているとは言えません。

現在、ブロックチェーンを利用したサービスとしては、SNSタイプやゲームが中心となっているようです。

サービス内では既存の暗号資産を使って“投げ銭”という形でコインを活用したり、ゲーム内のアイテムを購入するなどという利用方法が一般的です。

今後ブロックチェーン技術は多くのプラットフォームに利用されることが予想されますが、まだまだ技術者が少ないことがブロックチェーン普及に対するデメリットと言えるでしょう。

 

ブロックチェーンの未来像

 

今後、ブロックチェーン技術はどのようなシーンで利用されるのでしょうか。その未来像を見ていきましょう。

 

選挙などの投票システムに利用できる

 

 

ブロックチェーン技術の利用シーンで挙げられるのが「投票システム」です。一人ひとりの投票が全てブロックチェーン上に記録されるため、不正な投票操作ができないといったメリットがあります。

 

文書などのデータを改ざんさせない

 

 

文書の改ざんや、公的な重要情報の記録などに対しての水掛け論をよく耳にしますね。

これらの情報が全てブロックチェーン上に記録されると、改ざんの文書であるか否か、またデータの信ぴょう性に対する証明に時間をかけることも不要になるのです。

 

IoTとブロックチェーン技術の相性が良い

 

 

IoTは「モノのインターネット」と和訳される概念で、今後私たちが利用する家電をはじめとしたモノが全てインターネットに接続される技術概要でもあります。

インターネットに接続されたモノからは、様々な情報が収集されるため、それらの情報を従来のDBに集約するのは危険です。

そこで、改ざんのできないブロックチェーン上に記録することで、IoTから収集される個人情報データも、サイバー攻撃から守れるというメリットがあるのです。

 

まとめ

 

 

ブロックチェーンは、インターネットという革新的な技術に匹敵する技術だと言っても過言ではありません。

暗号資産の取引から始まった改ざん不可能な時系列の取引記録技術は、今後の社会インフラにおいても重要なプラットフォームになるはずです。

ブロックチェーン技術者の需要は今後高まりますし、ITサービスに携わるエンジニアにとっては、必須の知識となるでしょう。

 

Geekly Media ライター

佐久森

10+