カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. 『jQuery』でできることってなに?!その特徴からメリット・デメリットまで幅広くご紹介します!
  • 技術・テクノロジー

『jQuery』でできることってなに?!その特徴からメリット・デメリットまで幅広くご紹介します!

jQueryってなに?できることは何なの?という風に思っているなら今回の記事は役に立ちますよ!jQueryの特徴からメリット・デメリットまでを幅広く紹介していきます。実は意外と多くの企業や開発者がjQueryを利用しているので、これを機に注目してみてはいかがでしょうか?初心者でも入りやすいこともあり、プログラムの一歩にしてみてもいいでしょう。

 

jQueryとは?

 

 

簡単に説明するとJavaScriptをより簡単にしたものがjQuery(正確にはJavaScriptのライブラリである)となります。JavaScriptとはプログラム言語の一つであり、主にWebサイトやWebアプリケーションで使用されることが多いです。jQueryもJavaScript同様、WebサイトやWebアプリケーションで使用されることが多いです。2006年にアルファ版が登場し、2018年1月にはバージョン3.3.0をリリースしました。

プログラム言語としてはまだ新しい部類に入る言語ですが、使いやすさや手軽さから多くの開発の現場で使われています。

 

jQueryの特徴

 

 

jQueryの特徴はとにかく簡単にHTMLCSSを操作できることにあります。たったの数行を書くだけでユーザーにとって嬉しい機能を盛り込むことができます。たとえば、「ページのトップに戻る」ボタンは多くのWebサイトで採用されています。これもjQueryなら簡単に実装することが可能です。

他にもマウスオーバーすると画像が変更、スライドパネル、フェイスブックやTwitterへのリンクなども簡易的に行えます。

 

jQueryでできることは?

 

 

jQueryには主に3つの機能があり、それぞれできることが違います。どんなものがあるのか見ていきましょう。

 

DOM

 

DOMとはDocument Object Modelの略でありHTMLを操作するための仕様です。ドキュメントをオブジェクトのように使うモデルという意味になります。ドキュメントとはHTMLファイルにある<p>や<img>などを指します。このドキュメントを直接操作することができるのがDOMになるのです。

たとえばDOMを利用することで、あるボタンをクリックするごとに特定の位置に移動することができます。または画像を暗くしたり明るくしたりすることも可能です。通常HTMLファイルにあるドキュメントは簡易的に操作できないのですが、jQueryを使うことで簡易的な操作を可能としています

 

アニメーション

 

jQueryはアニメーションも簡易的に行えます。現在はCSS3が登場したことで、簡易的なアニメーションができますがCSS3に対応していないブラウザでは利用することができません。jQueryはJavaScriptのライブラリであるため、古いブラウザでも対応することが可能です。タイマーを使って、アニメーションさせることで動きのあるページを作ることができます。

 

Ajax

 

Ajaxとは外部ファイルを読み込む機能です。たとえば最近、企業ページや施設ページのアクセスにグーグルマップを載せていますよね?実はこれはAjax機能を使っているのです。自社の地図を作成したわけでも、グーグルマップのような機能を作成したわけではありません。自身のページにグーグルマップの機能を読み込んでいるだけなのです。Ajaxのお陰で幅広い対応ができ、簡易的にWebサイトのコンテンツを豊富にすることができます。グーグルマップのほかにもGmailやTwitter、youtubeなどもWebサイトに組み込むことが可能です。

 

jQueryのメリット

 

 

jQueryのメリットは主に3つありますので見ていきましょう。

 

コードを短く書ける

 

 

JavaScript自体が簡易的にプログラムできる言語なのですが、jQueryは更に簡易的にプログラムを作成することができます。コーディングが短いので、すぐに実装できること、バグが見つかっても追いやすいという利点があります。特にすぐに実装できる点には注目すべきではないでしょうか?現代の仕事の多くはスピードが求められており、早急な対応が必要とされています。

コーディングが短く済むのであれば、その分作業時間も減ることは確実です。効率さを求めるのであればjQueryを利用することは大きいメリットと言えるでしょう。

 

ブラウザごとの対応をしなくてもいい

 

インターネットエクスプローラーやファイアフォックス、グーグルクロームなどウェブブラウザは多様にあります。Web関連の仕事をしている場合、特定のブラウザで何かしらの不具合が出てしまうことは良くあることです。たとえばインターネットエクスプローラーでは問題ないのにファイアフォックスではバグが発生することもあり得る話です。

この問題は各ブラウザごとに仕様があるために起こることです。しかし、jQueryを使う場合は気にする必要はありません。それぞれのブラウザごとの挙動を吸収してくれているため、開発者は純粋にコーディングに集中することができるのです。

 

豊富なプラグイン

 

プラグインとは拡張させるためのプログラムといえばわかりやすいでしょう。ゲームでわかりやすく解説するのであれば、魔法使いに火の魔法書を読ませて、火の魔法を使えるようにするということです。jQueryのプラグインもまた、何かしらの処理や効果をプラグインを付けることで対応できるようになるのです。

jQueryにはさまざまなプラグインがあります。たとえばスライドバーを簡易的に作成できるプラグイン、クリックすると波紋が出るように機能追加することができるプラグインなど多岐にあふれています。フリーで手に入るプラグインもあるため、究極的なことを言ってしまえばないものがないと言ってもいいかもしれません。

 

 

jQueryのデメリット

 

 

メリットを書いてきましたがデメリットも存在しますので見ていきましょう。

 

処理が遅くなる場合がある

 

 

jQueryの最大のデメリットといっていいかもしれません。通常のJavaScriptで書いたほうが早い場合があり、場合によってはjQueryではなくJavaScriptで書くという対応も求められるでしょう。そもそも、なぜjQueryだと処理が遅くなるのでしょうか?この理由には主に2つの点が挙げられます。

 

・jQueryの読み込みが発生するため

・jQueryを使って無駄な処理を発生させている可能性

 

jQueryを使用する場合、読み込みをする必要があります。読み込みをする分、プログラムの時間がかかってしまい、結果としてJavaScriptで書いたほうが早いということになります。この問題については一長一短で、速度を気にしないのであればjQueryを使ってもいいでしょう。ただし、速度を気にする場合はJavaScriptで対応することが求められます。

jQueryの使い方にも注意する必要があります。簡易的にコーディングできるため、何となくでも動いてしまいます。しかし、実際には無駄な処理を多くしてしまい、結果的に処理速度を遅くしている可能性が考えられます。初心者の場合は自身が書いているコードがどんなコードなのかきちんと理解してから実装するようにしましょう。

 

他のライブラリと共存しにくい

 

WebサイトやWebアプリケーションの開発において、jQuery以外にも多数のライブラリが存在しています。しかし、多くのライブラリはjQueryとの共存ができないというのが事実です。簡単にまとめると、ライブラリ同士の考え方が違うために共存ができないからです。他のライブラリを使っている場合はjQueryは使えないくらいの考えを持った方がいいでしょう。

 

jQueryは今後も幅広い仕事で使われる

 

 

jQueryでできることやメリット、デメリットをお伝えしました。jQueryは実際の求人広告でもフレームワークとして採用している企業が多く、今後も幅広い仕事で使われます。特にWebサイトやWebアプリケーションにおいては多くの求人を募集している事情も見逃せません。スマートフォンやタブレットの普及により、Web関連の開発は高い需要があります。

jQueryは簡単に実装でき、幅広い仕事を受注するうえでも覚えて損はない言語の一つと言えるでしょう。jQueryから学んでJavaScriptもできるようになれば、更に幅広い仕事を行うことができるでしょう。もし、jQueryに興味が出ましたら一度勉強してみてはどうでしょうか?

 

gibson

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。