Webサービス開発の言語は5種類押さえておこう!3大Webフレームワークとともに徹底解説!

IT業界の中でも特に活発な業界であるWebサービス開発。日々新しいサービスが誕生しており、エンジニア不足になるほど活発な業界です。そんなWebサービス開発に必要な言語として、どのような言語を抑えるべきか、そしてどのようなフレームワークをマスターすべきかについて今回は徹底解説していきます。

 

HTML・CSSは基礎の基礎

 

HTML無くしてWebサービスあらず

 

 

現在では様々なWebサービスやアプリが出ています。そしてそれらのWebサービスはプログラミング言語によって作られています。プログラミング言語は様々な種類があり、Webサービス開発に適した言語も多く存在します。その中でも基礎の基礎とも言える言語がHTMLとCSSです。

言語自体はそれぞれ異なりますが、基本的にはHTMLとCSSはセットで用いることが一般的です。主な役割としてはWebサービスの表示とシンプルですが、そもそもせっかく良いWebサービスを開発しても、表示ができなければ何も始まりません。

 

セットでマスターしよう

 

 

ではなぜHTMLとCSSはセットで覚えなければいけないのか、ということになります。確かにHTMLのみでもWebサービスなどを表示させることは可能です。しかし、HTMLだけだとどうしても殺風景なページとなってしまいます。そこで活躍するのが、CSSです。CSSは基本的にHTMLの補助役として使われています。

背景の色や文字のフォントや大きさ、写真のサイズや配置などは基本的にCSSによって指定されています。これにより、ページなどが見やすくなります。HTMLで基本的な骨格を形成し、CSSでアレンジを加えているからこそ、普段私達が見かけるホームページが出来上がるのです。

 

Javaは早いうちに習得しよう

 

Webサービス開発でも根強い人気

 

HTMLとCSSは基礎の基礎ですが、同じぐらい覚えておくべき言語がJavaです。コンパイラ言語であるJavaとスクリプト言語であるJavascriptさえ覚えておけば、一通りWebサービスを開発することができます。

特にJavascriptはWebサービスにおいては必要不可欠な言語であり、HTMLやCSSとセットで覚えておきたい言語の一つとされています。そしてJavaについても、Webサービス開発の世界では根強い人気があり、エンジニアについてもJavaを扱うことができるエンジニアの人気も高いです。

 

Javaさえ覚えておけばプログラミングも怖くない

 

 

プログラミング初心者の多くは、HTMLは理解できたもののJavaでつまづいてしまう人が多いです。確かにHTMLとは違いプログラミングらしい言葉などが出てくるため、初心者にとってはある意味鬼門です。しかし、Javaさえマスターしておけばそれ以外の言語も簡単にマスターすることが可能になります。

Javaの文法などはプログラミングの基礎が詰まっています。つまりJavaを覚えておくことで、他の言語の学習をするときも文法さえマスターすればすんなりと習得することができます。Javaについては登場から年数が経っているため、わかりやすく説明されている記事などの情報が多く出ています。そのため初心者にとってもマスターしやすい環境が整っています。

 

Webサービス開発の王道を征く言語Ruby

 

日本生まれのプログラミング言語

 

 

ここ最近登場するWebサービスやアプリの多くは、Webフレームワークというものを使用して開発されたものが多いです。現在でもWebフレームワークはいくつか存在しますが、その中でも王道とも言えるWebフレームワークがRuby on railsです。そしてそのRuby on railsに用いられている言語がRubyです。

Rubyは日本生まれのプログラミング言語であり、楽しさとわかりやすさを兼ね備えたプログラミング言語です。日本生まれであるため日本語で解説された記事なども多く、日本人にとっては非常に扱いやすい言語とされています。

 

Ruby on railsもマスターしよう

 

 

Rubyを用いてWebサービスを開発するのであれば、Ruby on railsは必須となります。一見使い方は難しそうに感じますが、基本的にこちらは設定よりもルールが重視されており、そのルールに従って開発することで、簡単にWebサービスを開発することができます。早い場合だと15分で開発できます。

使いやすさも他のWebフレームワークと比べるとかなり扱いやすいのも特徴です。これから初めてWebフレームワークを用いてWebサービスを開発するのであれば、まずはRuby on railsから始めてみるのがおすすめです。

 

Geekly Media ライター

どーばー

1+