【徹底比較!】フロントエンド vs バックエンド!両者の違いから必要なスキル、将来性まで分かりやすくご紹介します!

フロントエンドやバックエンドといった言葉は主にWebサイトの製作現場でよく使用されます。言葉を直訳すると分かるようにWebサイトの製作には大別すると前と後ろで大きく2つに分けることができます。本記事では、フロントエンドとバックエンドの違いから、必要なスキル、将来性などをまとめてご紹介します。

 

将来性

 

仕事の需要

 

 

フロントエンドの仕事はWebサイトやLPなどの製作物がメインになり、多くの案件があるもののバックエンドと比較すると安価なものが多いようです。

というのも最近では多くのプログラミング言語学習サービスが増えてきており、学生やプログラミングを始めて間もない人でも簡単な仕事であれ知識のない状態から4ヶ月程本腰を入れれば仕事を受注することが可能になっているようで、フロントエンドエンジニアの数は増加傾向にあるからです。

とはいえ仕事の需要はまだまだ高く、やる気とスキルさえあればまだまだ安定して仕事がありそうですが、今後競合相手が増えるとともに単価も下落する恐れは長期的にはありそうです。

 

バックエンドの仕事はデータベース管理や運用保守がメインとなり、案件の単価はフロントエンドと比べると高い水準を保っている様です。バックエンドの知識を深めるにはフロントエンド言語の理解も必要ですし、バックエンドを操作するための言語の知識も必要になり習得するのに多くの時間を割く必要があります。

そのため、フロントエンドと比べるとバックエンドエンジニアの方は競争率が少なく、仕事を受注できるレベルになれば比較的安定した需要が見込める様に思います。

 

それぞれの平均年収

 

 

フロントエンドエンジニアの平均年収は約400万円と言われています。開発言語の高いスキルはもちろん、複雑なフレームワークやライブラリーを扱えたり、リーダーとしての開発経験があったりすると他のエンジニアとの差別化を図ることが可能で、人によっては1,000万円を超える報酬を受け取っている人もいるようです。

一方でバックエンドエンジニアの返金年収も同じように約400万円と言われています。フロントエンドエンジニアと同じように開発言語のスキルを上げることも重要ですが、バックエンドエンジニアの方がより経験年数を問われることがあるようです。

というのもバックエンドエンジニアが行う範囲は非常に広く、全てを習得するのはかなりの根気が要ります。そのため人材も比較的少なく、経験を積めばフロントエンドエンジニアよりも高待遇を受ける可能性は高いと言えます。

 

最後の一言

 

まずはフロントエンドの言語を勉強してみよう!

 

 

フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの違いを特徴や将来性といった観点でまとめましたが、個人的にはまずはフロントエンドの知識をつけることから始めることをお勧めします。というよりもフロントエンドの知識がなければバックエンドを正常に動かすことが出来ないですし、いきなりデータベース管理をしたい!と思い立つ人も少ないですよね。

Progateやドットインストールなど低価格でプログラミングを学ぶことができるサービスは数多く有ります。これからエンジニアを目指すか方はまずは自分でWebサイトの製作を行い、その後バックエンドの開発言語に触って見てはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

フロントエンドもバックエンドについて解説しましたが、Webアプリケーションを製作するする上でどちらも必ず必要な構成になります。まずは自分でプログラミング言語に触って見なければどちらを目指したいかも分からないので、フロントエンドとバックエンドのだいたいのイメージさえ掴めれば、兎にも角にもまずは自身で触ってみることをお勧めします。

Geekly Media ライター

とげみ

4+