【徹底比較!】CTO vs VPoE!両者の違いからそれぞれに求められる役割まで分かりやすく解説します!

会社の組織体系のトップに位置するのはCEOですが、技術部門のトップに位置する人のことをCTOと呼びます。更にこの技術部門の中を見て見ると、CTOを中心として、VPoEやVPoPなど様々な役職が有ります。本記事では、そんな開発の現場で良く混同されるCTOとVPoEの2つの役職をピックアップし、両者の違いから、それぞれに求められる能力などをご紹介します。

 

CTO

 

CTOとは?

 

 

CTOはChief Executive Officerの略で、日本語では最高技術責任者と訳します。その名の通り技術部門のトップとして会社の経営に参加し、 経営視点で技術部門を指揮する立場になります。

技術部門の方向性や開発方針の舵取りをする責任者という重大な役割を持っていますが、会社法によって設置を義務付けられたものではありません。そのためあくまで会社によって決められた役職ということになります。

情報技術の発展によりどこの会社でも技術部門を設立するようになり、CTOという名前が付けられることが一般的になりました。

 

VPoE

 

VPoEとは?

 

VPoEはVice President of Engineerの略で、日本語では技術部門のマネジメント責任者と訳されます。

VPoEはエンジニア組織が円滑に仕事をできる環境や、開発を行えるべく技術力を向上させるために採用や指導、環境改善などを行うことによってチームのマネジメントを行う役割を担っています。

主に欧米などでは以前からVPoEの役職は一般的でしたが、日本でもメルカリやSpeee、Gunosy など多くの会社でVPoEのポジションが設置されており、確実に浸透しつつあります。

CTOは聞いたことがあっても、 VPoEは初めて聞いたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

CTOとVPoEの違い

 

 

CTOは開発や技術方針の舵取り、VPoEは組織のマネジメントという説明をしましたが、その言葉通り両者にはエンジニア部門での責任者という共通点と課題解決と組織マネジメントという相違点があります

CTOもVPoEもエンジニア組織の責任者として、それぞれの役割を全うする責任を持ちますが、CTOは経営の視点に立ち、会社が今後仕事を継続・発展していくための技術的方向性や開発方針を導く必要があります。一方でVPoEはCTOが打ち出した方針に対してエンジニア組織の能力をアップさせるために新たな人材を入れたり、能力向上のために環境を改善したりなどのマネジメントを行う必要があります

 

CTOに求められる役割

 

経営面から見た技術的な意思決定

 

 

営利企業でも、日営利企業でも会社の利益を今以上に向上させるにはどのような施策が必要か?という課題に対して常に模索する必要があり、技術部門はそのための開発を続ける必要がります。

エンジニアが闇雲に新サービスを開発したり、システムを導入したりしても会社にとってそれがプラスになるかと言われると分かりませんし、技術は高くても会社がターゲットにしている顧客ニーズにはマッチしていない可能性があります。

そういった問題を回避するためにCTOは、会社としての方針や顧客ターゲットからニーズを汲み取り、エンジニア部門に対して目指すべき開発の道筋を示す必要があるのです。

 

VPoEに求められる役割

 

エンジニアチームのパフォーマンス向上

 

 

VPoEは会社としてエンジニア組織の能力を向上させるためにマネジメントを行う役割を持ちます。より端的に言うと使えるエンジニアチームの育成を行うことが命題となります。

基本的に会社の方針はCEOやCTO含め、会社の上層部が行う役員会議で決定づけられます。その中でCTOが指針した方針に対してVPoEは実現可能なレベルにエンジニアのチームビルディングを行います

そのための仕事は多岐に渡り、新たな人材を迎い入れるための採用や育成、働きやすい環境づくりなどチームを強化させるという目的の元あらゆる手段を利用します。

 

多部署との連携

 

 

VPoEは会社の営業や人事、法務などのトップとの連携を上手く図ることも大切な役割です。

お互いの現状や、希望を理解し合いそれを上手くチームに伝えることで循環する環境作りが出来ます。

それぞれのチームが日々仕事に追われてくると目の前の仕事に手一杯で他のことに手が回らなくなる状況が来ます。

そういった際に上手く指示を送れる立場として多部署と円滑な話し合いが出来るコミュニケーション能力が求められます

 

Geekly Media ライター

とげみ

1+