プロビジョニングとは!言葉の意味から種類、クラウドとの関係性まで、基礎から徹底解説!

昨今のIT業界で使われているプロビジョニング。聞いたことはあるものの意味などはまったくわからないという人も多いはずです。しかし、徐々に普及しているクラウドなどと深い関係にあります。今回は、これからのITにおいて重要なものとなるプロビジョニングとはどういうものかについて、徹底的に解説していきます。

プロビジョニングとクラウド

 

シン・プロビジョニングによってクラウドが実現?

 

iCloudをはじめ、最近では多くのオンラインストレージサービスが出てきています。また、アプリでもクラウドを用いたものなども増えてきています。そのようなクラウドの技術において、プロビジョニングは非常に貢献しています。強いて言うならば、シン・プロビジョニングが現在のクラウド技術を支えているといっても過言でもありません。

オンラインストレージをする場合でもアプリの動作でクラウド技術を用いる場合でも、仮想化されたストレージというのは必要不可欠です。そのような場合において、シン・プロビジョニングというのはかなり重要なものなのです。

 

情報量の増加

 

 

そもそもなぜクラウドが必要とされつつあるのか、ということになります。それは発信されている情報量が日々多くなっているためです。技術の進歩により様々なものやサービスが誕生しています。そしてそれに合わせて世間に出回る情報量というのもそれだけ増えています。

世間を出回る情報量は増えても、スマートフォンに記憶できるストレージには限界があります。そこでいま注目されているのがクラウドです。そしてそのクラウドの基礎を作っているのがシン・プロビジョニングです。現在あるクラウドというのは、シン。プロビジョニングがなければ実現できなかったのです。

 

プロビジョニングの進化は止まらない

 

今回はITの分野でも広まっているプロビジョニングとはどういうものかについて、徹底解説をしました。

 

クラウドにはプロビジョニングが必須

 

私達が普段当たり前のように使用しているものの多くは、誰かが用意してくれたものです。インターネット回線などについても、プロバイダがいるからこそ気軽に接続できます。そしてそのプロバイダも、サーバーを供給するサーバープロビジョニングがあるからこそ成り立ちます。そしてそれはオンラインストレージなどのクラウドも一緒です。

シン・プロビジョニングが仮想化されたストレージを供給し、そしてオンラインストレージを提供している会社に分配されたり、時にはアプリ開発陣がそのストレージを利用してクラウド技術を盛り込んだからこそ、今私たちはクラウドを利用して生活を豊かにしたりしています。

 

まとめ

 

 

何事もそうですが、自分たちで用意したりすることはかなり大変です。特に企業で使用するネットワークやコンピュータとなると、規模も大きいためかなり大変になります。とくITの世界の場合、いつどのようなものが必要になるのかというのは予想しにくいです。

だからこそプロビジョニングというものが必要なのです。いざというときに必要な分を供給してくれるところがあるだけで、企業は時代の波に乗り遅れる事なく対応することができるのです。そしてプロビジョニングというのは、企業だけでなく私達の生活も密かに支えているのです。

Geekly Media ライター

どーばー

1+