カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. キャッシュレス決済がアツい!日本国内での普及度は?注目のサービスも紹介します!
  • 技術・テクノロジー

キャッシュレス決済がアツい!日本国内での普及度は?注目のサービスも紹介します!

キャッシュレス決済は日本政府が推進していることでもあり、現在多くの企業がサービスを展開しています。日本ではなかなかキャッシュレスの文化はないのですが便利であり、お得に買い物できるサービスが多いので注目してみるといいでしょう。今回はその中でも注目のサービスを紹介します。

 

日本のキャッシュレス決済の進捗率は?

 

 

経済産業省がまとめたデータキャッシュレスビジョン」によると日本のキャッシュレス決済比率は約18%(2015年)という結果です。つまり5人に1人ほどしかキャッシュレス決済を行っていないということになります。ここでいうキャッシュレスとはクレジットカードも含まれており、スマホ決済や電子マネー決済はこの数字よりも更に低い結果になることがわかります。

 

日本はキャッシュレス文化がないのはなぜ?

 

 

キャッシュレス決済比率は韓国で約89%、中国約60%、アメリカ約45%という結果になり日本よりも大きく進んでいる印象があります。日本も先進国の一つであるにもかかわらず、なぜキャッシュレス文化がないのでしょうか?その理由を項目ごとに見ていきましょう。

 

現金主義だから

 

 

クレジットカード決済自体が嫌いという理由で現金を使わない層が一定いることが大きな要因です。その理由として「お金を使っている感覚がないから」や「使いすぎてしまう」という声が多く挙げられています。一時期のドラマでもクレジットカードを使いすぎてしまい、破産してしまうなどの内容がありました。その影響があるのかどうかは不明ですが、クレジットカード=使いすぎてしまうというイメージから脱却できていないのかもしれません

 

セキュリティに関する懸念

 

 

クレジットカードやスマホなどを利用したキャッシュレス決済は一部でセキュリティに関する懸念もささやかれています。今の時代は個人情報が流れやすく、簡単に自身の情報が見知らぬ相手に伝わることも多くあります。たとえば自身の携帯番号やメールアドレスも知らないうちに第三者に知られて迷惑メールという形で来た方は多くいるのではないでしょうか?

どこで誰に何が漏れているのかわからないのであれば、クレジットカードやスマホで決済をするのはコワイと思っても仕方のないことかもしれません

 

決済手段が多すぎる

 

キャッシュレス決済はクレジットカード、電子マネー、スマホなど多岐にわたる決済方法があります。消費者からすればどれを使えばいいのかわからないと言うのが本音でしょう。結局は複数に自身のお金が分散してしまい、どこに何があるのかわからなくなるという声も出てきています。

 

電気が使えないときにピンチになる

 

キャッシュレス決済の多くは電気を使うことが前提とされています。大規模な停電や災害が起きた場合は決済ができなくなるのでピンチになる可能性も考えられます。そういう意味ではある程度の現金はいくらか持っていた方が確かではあるでしょう。ただし、ATMも電気で動いていますので、あくまでも手待ちにいくらか持っているのが前提となります。

 

キャッシュレス決済のメリット

 

 

キャッシュレス決済は主に4つのメリットがあります。

 

お金を持たなくてもいい

 

お金を持たなくていいと言うのは非常にスマートです。小銭は多く持つと財布を圧迫しますし、重くなります。お札も多く入れれば財布としての見た目も良くありません。お金をおろすために銀行やコンビニに寄ることもなくなるので便利です。

 

支払いがスムーズになる

 

支払い時に財布を取り出して、金額を見ながら数えて支払うのも面倒です。キャッシュレス決済を利用すれば、カード1枚もしくはスマホだけで決済できます。スムーズな決済はレジの遅延を解消できますし、店側にしても消費者側にしても大きいメリットです。

 

決済ミスがない

 

お店側のメリットになりますが、これほど大きいメリットはないでしょう。人間は注意していてもミスをしてしまうものです。お釣りを渡す時に計算を間違えてしまう、間違って効果を余分もしくは少ない金額分を手渡ししてしまうことも十分に考えられます。消費者側としても、決済ミスがないほうがいいに決まっています。

 

実は管理しやすい

 

何を購入したのかを履歴として残せるのがキャッシュレス決済のいいところです。現金でもレシート管理すれば問題ないかもしれませんが、レシート自体はかさばりますし管理も面倒です。キャッシュレス決済でデータとして持っている方がお金をどう使ったのかわかりやすいのです。しかも、アプリによってはキャッシュレス決済したデータをそのまま家計簿にしてくれるものもあるので注目してみるといいでしょう。

 

どんなキャッシュレス決済サービスがあるのか?

 

 

キャッシュレス決済のメリットを見てきましたが、具体的にはどんなサービスがあるのか気になるところです。今回は最近注目されている4つのサービスを紹介します。

 

Paypay

 

CMでも大きく取り上げられており、さまざまなキャンペーンを行っているのがPaypayです。スマホに専用アプリをインストールしてPaypay残高かYahoo!マネー、クレジットカードの3つの支払い方法から選ぶだけです。登録も最短1でできるほど手軽にできるのも特徴です。現在では多くの店でPaypayによる支払いができていることからも、今後さらに使える店舗が増えることでしょう。

 

おサイフケータイ

 

NTTdocomoが提供しているキャッシュレス決済サービスです。最大のポイントはおサイフケータイを利用することでdポイントがたまることです。dポイントはNTTドコモが提供しているポイントであり、dポイントによる商品の購入やサービスを受けることができます。つまり、おサイフケータイを使えば使うほどお得に買い物ができるのです。

 

Google Pay

 

Google社が提供しているキャッシュレス決済サービスです。Suica、nanaco、Edy、WAON、QUICPAYの電子マネーが利用でき、スマホ一つで簡単に指定の電子マネーで支払いができます。またQUICPAYを利用することでクレジットカードとしての支払いも可能です。対応しているクレジットカード会社はKyash、JACCS、JCB、LINE Payです。気になるセキュリティもGoogleの技術を利用したセキュリティにより安全に利用できます。

 

LINE Pay

 

LINE Payはチャージを行うことでLINEの友達同士のお金のやり取りや提携店でのお得な買い物ができるようになります。口座番号がいらず、手数料無料で利用できる点も消費者側として嬉しいでしょう。CMでも面倒な割り勘をLINE Payなら簡単にできることをコミカルに表現して話題になりました。

 

仮想通貨は実際どうなのか!?

 

 

キャッシュレス決済の種類の一つとして仮想通貨の存在もあります。ご存知の方も多いかと思いますが、2017年12月に驚異的な値上がりを見せたビットコインは現在ピーク時よりも大きく下げているのが実情です。

ビットコインに代表されるさまざまな仮想通貨はアプリを利用することで買い物をすることができます。仮想通貨の利点としては国内外のショッピングが簡単になる、手数料がクレジットカードより少ない、素早い決済が挙げられます。

しかし、ビットコインを始め1日で20%以上の価格変動が行われるのが仮想通貨の現実です。今後どうなるかはわかりませんが、現段階では仮想通貨によるキャッシュレス決済はまだ先の話と考えるのが妥当でしょう。

 

キャッシュレス決済は日本政府も導入したいのが本音

 

 

キャッシュレスは日本政府も本格的に導入したいのが本音です。キャッシュレスをすることにより、流動性の向上と人材コスト減、オリンピックに向けた対策、国民の資産の見える化ができます。企業としても顧客データを一括に管理できるので、データ管理や分析により、より良いサービスや製品を生み出すことができます。

キャッシュレス文化がない日本と呼ばれてはいますが、企業や政府が積極的に動いていることからも今後はキャッシュレスが当たり前の時代になる可能性が高いと言えるでしょう。消費者側としてもお得に買い物ができるので、この機会に気になったキャッシュレス決済をしてみてはどうでしょうか?

gibson

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。