【徹底比較!】ICT vs IoT!どう違うの?その内容から今後の動きまで分かりやすくご紹介します!

ICT(情報通信技術)とIoT(モノのインターネット)という言葉は近年よく耳にするワードですが、意味の違いが分からないという人もいるでしょう。今回は、インターネット社会になくてはならないICTとIoTのそれぞれの意味と両者の違いを解説します。そして、ICT・IoTの内容や今後の動きを分かりやすく紹介します。

 

ICT(情報通信技術)とは

 

ICTのおかげで私たちはネットを楽しめる

 

ICTとは「通信技術を使って人間が情報を送ったり受け取ったりする技術」のことで、「Information and Communication Technology」の略です。「Information」は情報のこと、「Communication Technology」は通信技術のことなので、日本語では「情報通信技術」といいます。

私たちが普段何気なく使っているメールやソーシャルメディア、通信販売などは、実はICTの発展のおかげです。ICTの活用により、情報伝達が容易になっているので私たちはインターネットを利用した生活を楽しめています。

 

教育分野でもICTは活用されている

 

子供たちの情報活用能力を育成するためや、各教科の学習を促進するために、教育分野においてもICTは活用されています。従来の教科書を使用した教育に加えて、先生がパソコンやタブレットを利用して子供たちに視覚的・聴覚的に指導を行います。

例えば、算数で立体図を平面図に展開する場合、教科書で図を見てもイメージがわかない人も多いでしょう。そこでICTが大活躍します。パソコンやタブレットで立体図を展開する様子を動画で観られたら、視覚的に分かりやすいのではないでしょうか。

 

実際に文部科学省による「教育の情報化の推進に資する研究(ICTを活用した指導の効果の調査)」によると、ICTを活用しなかった授業を受けたときのテストの平均点が82.1点だったのに対し、ICTを活用した授業を受けた後のテストの平均点は86.8点でした。

同様の結果が社会・理科でも見受けられました。また、中学校・高等学校のテスト結果も同様だったのです。この結果から、ICTの活用が教育現場においてもいかに重要かが分かるでしょう。

 

IoT(モノのインターネット)とは

 

IoTとは色んなモノがインターネットに繋がること

 

 

IoTとは、モノがインターネットに繋がっていて通信を行うことをいい、「Internet of Things」の略です。日本語では、モノのインターネットと言われています。

数年前まではインターネットに接続されている機器はパソコンやサーバーなどがメインでした。しかし現在ではスマートフォンを始め、工場の設備や家庭のスマートスピーカーなど、多くのモノがインターネットに接続され通信が行われています。

 

例えば、工場の設備にセンサーを取り付けて、センサーが集めたデータをインターネット上に収集します。すると、センサーから蓄積されたデータを基に設備が故障する兆候を発見したり、設備や製品の異常を発見したりできるようになるのです。

 

家電のIoT化で私たちの生活が便利になる

 

 

在ではスマートスピーカーが家にある人も多いでしょう。スマートスピーカーは自宅のWi-Fiを利用してインターネットに接続されています。そのため、「今日のニュースを教えて」「明日の天気は何?」などと質問すると、インターネット上から最新の情報を集めてくれるのです。

また、IoT化されたオーブンレンジも多くの人に愛用されています。毎日の献立に迷う主婦(主夫)に対してオーブンレンジが献立を提案してくれて、調理方法も教えてくれる強者。さらに家族の食の好みまで把握してバランスの良いレシピを家庭ごとに提案してくれるのも嬉しい機能です。

 

ICTの今後の動き

 

医療・介護分野でのICT活用

 

 

超高齢社会の日本では、医療・介護分野へのICT活用が期待されています。例えば現在では、多くの病院で会計時に「処方箋」が手渡されます。私たちは紙の処方箋を持って近くの薬局へ行き、薬を処方してもらうのが主流です。

しかしICTを活用することで、病院と薬局がネットワーク化され、病院からの処方箋の情報が薬局にも共有されます。すると私たちが薬局へ到着する頃には薬はすでに袋に入れられており、すぐに受け取れるでしょう。

 

同様に、病院・介護施設でもICTを活用することで患者の病気の情報や診察状況が共有され、どこの病院へ行っても状況が把握された状態で診察を受けられるようになります。このように、病院・薬局・介護施設などがネットワーク上で繋がることで、私たちはより質の高い医療・介護が受けられるようになるでしょう。

 

Geekly Media ライター

やまりえ

0