COBOLってどんな言語?できることから汎用系とオープン系との違いまで解説!

現在利用されているプログラミング言語には多様な種類があります。その中でもCOBOLは古くから使われているプログラミング言語ですが、エンジニアの数も非常に少ないという現状もあります。そこで今回は、COBOLとはどんな言語なのかを確認しながら、オープン系との違いを交えて幅広く紹介します。

 

COBOLとは

 

 

COBOLとは、1959年に開発された古くからあるプログラミング言語です。事務処理に最適な言語として開発され、国際的な標準化がおこなわれているプログラミング言語でもあります。現在、COBOL技術者は非常に少なく、その人材は貴重な技術者でもあるのです。

COBOLが開発される以前、事務処理を行うコンピューターの言語は、機器を開発するメーカーによって異なっていました。この自体を受けてアメリカ国防省が共通言語として提案し、開発されたのがプログラミング言語のCOBOLです。

COBOLのソースは、英語に近い記述コードでプログラミングすることができ、その他のプログラミング言語よりも比較的“読みやすい”ことも特徴の一つです。

COBOLは少しずつ拡張を続けており、COBOLのソースコードをC言語に変換するコンパイラ「OpenCOBOL」も登場しています。

 

COBOLでできること

 

事務処理

 

 

COBOLはもともと、事務処理用として開発された言語です。ですので、COBOLで開発されるシステムも事務処理用のプログラムがメインなのです。

金融や政府機関においても、COBOLは基幹系システムとして今でも現役で稼働してます。

 

計算処理

 

 

事務処理にも影響する特徴ですが、COBOLは計算処理にも向いています

COBOLでは10進数演算を定義することができるので、四則演算などの計算をわかりやすいく扱うことができるのです。

 

帳票

 

 

COBOLでは、事務処理にはつきものである帳票の出力も容易です。

帳票の項目についてもCOBOLで定義することができます。印刷時に調整する右寄せや空白などを自動的に行えるようプログラミングできるのです。

 

COBOLが使われる業界

 

金融業界

 

 

金融はもちろん、現在のコンピューター言語が登場するよりも前から存在している業界です。

私たちの物の価値を左右する業界でもありますね。ですので、処理の自動化をコンピューターに置き換えるという流れは比較的早く行われました。

現在でも、金融ではメインフレーム(汎用機と呼ばれる)はCOBOLが使用されているのです。

 

銀行業界

 

 

金融業界に含まれますが、銀行業界でもメインフレームがCOBOLで利用されています。

メインフレームで求められる処理速度では、COBOL Compilerでの高速処理が適しています。バッチ処理などは、やはりCOBOLに勝てないという事情があるのです。

 

COBOLとオープン系の違い

 

COBOLという言語では、よく汎用系とオープン系の比較が話題になります。そこで、COBOLとオープン系の違いを確認しておきましょう。

 

COBOLは汎用系(ホスト系)

 

 

COBOLを代表する汎用系を制御する言語は、基幹系システムなどに使われます。イメージするならば、大規模コンピューターですね。

これら汎用系(ホスト系)と呼ばれるコンピューターは、今現在でも金融をはじめとして政府機関でも広く使われるシステムで動いています

理由としては、並行処理やバッチ処理、帳票出力に向いているからです。

 

 

Geekly Media ライター

佐久森

0