カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. PHPとは??仕様やメリットやデメリット、将来性まで徹底解説!
  • 技術・テクノロジー

PHPとは??仕様やメリットやデメリット、将来性まで徹底解説!

PHPとはプログラミング言語の中でも学びやすく、日常生活で最も触れるプログラミング言語のひとつです。あらゆるWebサイトに使われていますので、サイトで調べ物をする時やネットショップで買い物をする時など多くの場面で、実はPHPが活用されています。そこで今回はPHPとはの仕様やメリットやデメリット、その将来性までを徹底解説します。

2019年7月5日

  • twitter
  • facebook

PHPとは

 

イメージ画像-キーボード

 

PHPとは正式名称 (PHP: Hypertext Preprocessor) であり、プログラミング言語のひとつで、サーバーサイドのスクリプト言語です

例えば、ユーザーがショッピングサイトのWEB画面で商品の検索を行ったとします。絞り込んだ条件や商品名を基にデータベースに情報を取りに行き、取得した情報をユーザーに返します。PHPとはその際に用いられる言語です。

日常生活に例えるならば、オートロックインターフォンをイメージしてください。あなたの家にAさんが訪ねて来たとします。Aさんはオートロックインターフォンを押してあなたを呼びます。

あなたは家の中で応答し、Aさんであることを確かめてオートロックを解除します。この時、Aさんが押すオートロックインターフォンがWeb画面のボタンです。

呼び出しに応答してオートロックを解除したあなたがPHPの役割を果たしています。Aさん側から見ると、Weボタンを押すとレスポンスとして返ってきた結果が“オートロックが解除されたこと”になるのです。

つまり、ユーザーの目に見えない部分の処理を構成する言語になります。

PHPはサーバーサイドで動くプログラミング言語ですが、非常に理解しやすい言語でもあります。独学でも学べるPHPは、プログラミングの学習を始めるには適している言語の一つです。

 

PHPの仕様

 

イメージ画像-画面いっぱいのプログラム

 

ここではPHPの動作を、上述の“オートロックインターフォン”の例を用いて、もう少し細かく細分化して見ていきましょう。

 

PHPはサーバーでリクエストを受け取る

 

PHPはWeb画面にある“ボタン”や“テキストボックス”といったオブジェクトから、ユーザーが行ったリクエストをサーバーで受け取ります

これは、Aさんがオートロックインターフォン(Web画面)のボタンを押したことを、あなたが(PHPが)家の中で知る(サーバーの中で受け取る)というイメージと置き換えることができます。

あなたがインターフォンの音を聞くのは家の中ですよね。PHPがWebサーバーのボタンが押されたことを知るのはサーバーの中です。

このように、PHPはサーバーの中でユーザーのリクエストを受け取ります。

 

PHPはクライアントへレスポンスする

 

PHPは、サーバーでユーザーのリクエストを受けとると、プログラミングされたルール通りに、Web画面へ結果をレスポンスします。

これは、家の中で(サーバーで)、Aさんがオートロックインターフォンの音を聞く(ユーザーのリクエストを受けとる)と、オートロックを解除(ルール通りに結果をレスポンス)することに置き換えて考えることができます。

サーバーの中でPHPは、リクエスト通りの作業を行い、その結果をユーザーへ伝えるわけです。これが、PHPの大まかな役割と、主に動作する場所となります。

 

PHPのメリットとデメリット

 

PHPは非常に学びやすいプログラミング言語ですが、やはりメリットとデメリットがあります。

ここでは、PHPをプログラミング言語として学習するという観点から見ていきましょう。

 

メリット

 

イメージ画像-メリット

 

PHPのメリットとしては以下の2点が挙げられます。

 

情報が多い

需要がある

 

これら2つについて詳しく説明します。

 

【情報が多い】

PHPをプログラミングできるエンジニアは非常に多く、その分参考書やインターネット上の情報も多数存在ます。情報が多いという事実は、非常に学習がしやすい環境であることを示しているのです。

初級者から上級者までが、インターネット上で十分な情報を得られるほどの豊富な情報と、参考になるソースサンプルや、学習する上で加工せずに使えるソースもすぐに見つけることができるでしょう。

プログラミング言語において、情報が豊富に存在することは最大のメリットです。プログラムの設計段階やコーディングにおいても、実現したい機能の参考ソースがいつもで参照できるのです。

 

【需要がある】

インターネットが普及し、分からないことがあればネットで調べる時代、Webサイトは必要不可欠なコンテンツとなりました。個人や企業を問わず、情報を提供する窓口はWebサイトです。

また、生活必需品ですらECショップなどで購入する現代は、その入り口となるECサイトの構築やリニューアルも日々行われています。

インターネット上で見るこれらのWebサイトには、ほとんどの場合PHPが使われており、PHPが使えるエンジニアの需要がなくなることは今のところ考えられません。

需要があるということは、PHPを学習することにメリットがあるということです。その他の言語を学習するとしても、Web系のサイト構築をするならばPHPは外せないプログラミング言語なのです。

 

デメリット

 

イメージ画像-デメリット

 

PHPは比較的簡単と言えるプログラミング言語ですが、デメリットもあります。一見デメリットには見えない特徴も、PHPやその他の言語を知るほど厄介なものなのです。

PHPのデメリットで代表的なものには以下が挙げられます。

 

・コーディングの自由度が高い

・Webサービスの構築以外にほとんど使えない

 

これら2つについて詳しく説明します。

 

【コーディングの自由度が高い】

コーディングをする時に「自由度が高い」というのはメリットに見えます。もちろん、PHPを学ぶ最初の段階で“動かしてみたい”という程度ならば、ある程度自由にコーディングすることで動きます。

しかし、大人数で、あるいはその他のプログラムと合わせたシステムとしてPHPを利用する際には、この自由度がデメリットになることがあるのです。

PHPのプログラムは、書き方に厳しい規制がほとんどありません。ひとつの機能をプログラミングした時に、同じ動作をするプログラミングが何通りもあるのです。

 

日本の道路に例えると、その他のプログラミング言語では、“目的地へは左側通行で行きなさい”というルールがあったとすれば、PHPでは“目的地へ着くならば右側通行でも左側通行でも構いません”というルールなのです。

この場合、その他のプログラミング言語とPHPを組み合わせてシステムを作った時にPHPの逆走によって事故(バグ)が起こってしまうのです。

しかも、事故(バグ)が起こっても、どの箇所でそれが起こったのかを見つけることが困難な場合が多いのです。

 

このようなデメリットは、PHPに厳格なルールが無く、コーディングへの自由度が高すぎることに起因します。PHPを使ってプログラムを書く場合には、事前に作成する仕様書でしっかりとルールを決めておかなければなりません。

 

【Webサービスの構築がメインとなる】

PHPだけを勉強していると、将来的にWebサービス以外のシステム構築へ転向しにくいというデメリットがあります。

PHPを使うシステムのほとんどがWebサービスメインとなるため、極端に言えば潰しが効かないのです。PHPを学習する場合には、関連するその他の言語も意識しておくことをおすすめします。

 

PHPの具体的なソース例

 

イメージ画像-プログラミング

 

PHPのファイル拡張子は「.php」です。ファイル内には以下の文言を記載することで、PHPとして認識し動作します。

 

<?php ~?>

 

例えば、プログラミング学習の定番「PHPの世界へようこそ」を画面に表示させるソースは以下となります。

 

<?php
echo “PHPの世界へようこそ!”;
?>

 

これで、ブラウザの画面上には「PHPの世界へようこそ!」という文字が表示されます。

また、データを取得して画面に表示する場合の例として、時間を表示してみましょう。

 

<p>時間表示<?php echo date(“H:i:s”) ?></p>

 

これで、今の時間が秒まで表示されます。

 

PHPの将来性

 

 

PHPは、習得が比較的楽なことと、現代のWebサイトのほとんどに採用されていることから、需要が減ることはまだ考えられないでしょう。

PHPを採用したWordPressは企業のオウンドメディアをはじめ、様々なサイトに使われており、市場シェアは世界で34%を占めるとも言われています。すぐにPHPの将来性が奪われるということは考えにくいでしょう。

ただし、Web系の開発言語としては「Ruby」のシェアも伸びていることから、PHPだけではなくRubyのスキルも習得しておくと安心かもしれません。

PHPと一緒にHTMLやCSSという言語もよく使われますが、それらのスキルも持ち合わせているとWeb開発全般が可能になるので取得すると良いかもしれません。そちらとの関係については下記の記事で紹介しておりますのでご参照ください。

 

【徹底比較!】HTML vs CSS!両者の違いからJavascript、PHPとの関係性まで分かりやすく解説します!

 

まとめ

 

 

PHPはWeb系の開発言語に限らず、その他のプログラミング言語の中でも学習のしやすい言語です。

すぐに結果を表示できることからも、体感しながら身につけていける言語ともいえます。また、WordPressの需要も高いことから、PHPを知っておくだけでもWordPressのリニューアルやプラグインの構築にも役にちます。

ただし、PHPだけを専門とするプログラマーになるのは不安を拭いきれません。同時にその他の言語スキルも身につけておけば、プログラマーとしての価値も上がるでしょう。

佐久森

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
3+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。