『XAMPP』について徹底解説!その特徴からできることまで、分かりやすく解説します。

Webのサーバサイド開発で頻繁に使用するApatchやPHPといった言葉を聞いたことはあるでしょうか。サーバの運用はApatchやPHPなどの複数のソフトウェアで成り立っています。そのため構築構築だけでも詰まると数時間かかることもあります。そこで、サーバサイド開発の環境を手軽に構築できる「XAMPP」を紹介します。

XAMPPとは?

 

 

XAMPP(ザンプ)とは、Webアプリケーションの実行環境を構築するソフトウェアです。

 

実行環境とは

・Webサーバー

・データベース

・プログラミング言語

などです。

 

環境構築するのは、1つのソフトウェアをインストールだけでしたら簡単です。しかし複数のソフトウェアとなると面倒です。XAMPPは、コマンド入力もなく詳細設定ファイルも変更せず、実行環境をボタンをクリックするだけで環境構築できます

そしてXMAPPはフリーソフトのため、全て完全無償です。

XAMPPはApache Friendsによって開発されました。Apache Friendsは、Apacheサーバーの振興を行う非営利プロジェクトでもあります。Apacheサーバとの親和性も高いと考えられます。2002年に初版リリースされ、10年以上の実績があるため安心して使用できます

 

XAMPPの意味とは?

 

 

5つの単語の意味を組み合わせてXAMPPと名づけられました。

 

X – クロスプラットフォーム

A – Apache

M – MariaDB(旧バージョンはMySQL)

P – PHP

P – Perl

 

これらのソフトウェアを使用することでWebアプリケーションが作成できます。

 

クロスプラットフォーム

 

クロスプラットフォームとはどのOS(Windows、Linux、macOS、Solaris)でも同じ仕様で動作することです。マルチプラットフォームとも言われることもあります。

 

Apache

 

Apacheとは世界で最も高いシェア(50%以上)を誇るWebサーバーソフトウェア(HTTPサーバー)です。

Apacheが人気の理由として

・OSに依存しない

・オープンソース

・動的コンテンツの処理速度が速い

・信頼性

・実績が多く開発者向け技術情報が多い

などが挙げられます。

更に他のサーバと比較してセットアップがすぐに完了できるメリットもあります。

 

MariaDB

 

MariaDBとはMySQLからから枝分かれしたデータベースシステムです。MySQLよりも高いパフォーマンスを提供しているのが特徴です。

注意点として、XAMPPを起動すると表示が「MySQL」の箇所がありますが、実際の中身はMariaDBに入れ替わっています。

 

PHP

 

PHPは「Hypertext Preprocessor」の略で、HTMLに埋め込むことができるため、Web開発でよく使用されるスクリプト言語です。PHPは特にサーバーサイドでコードを実行するためによく使用されます。

PHPはプログラミング初心者に人気があり、その理由は文法も分かりやすく基本的な文法を覚えてしまえば、簡単なプログラムをすぐに書くことができるためです。

 

Perl

 

PerlはC言語とシェルの良い所を備えたようなプログラミング言語です。

大きな特徴は、テキスト処理に対して非常に強力でライブラリモジュールが豊富であることです。

更にドキュメントやライブラリはオープンソースで公開されていて誰でも無料で自由に利用可能な上に、ほとんどのオペレーティングシステムで動作可能です。

しかし、現状はWebアプリケーション分野ではPHPが選択されることが多いです。

PHPが優位な点として

・ソースプログラムの分かりやすさ書きやすさ

・フレームワークの充実

・コンピュータの性能向上

などが挙げられます。

 

特徴① 学習・開発に最適なソフトウェア

 

 

特に初めての方であれば、環境構築に詰まる人が多いでしょう。インストール時にソフトウェアの詳細設定をいくつか変える必要があるためです。

しかし、XAMPPは面倒な詳細設定は飛ばして手軽にインストールし、実行できます。

もちろん、詳細設定は自由な変更できます。XAMPPを使用することで極力不要な手順を減らし、学習・開発に専念できます。

 

Geekly Media ライター

バスコ

0