ユニケージ開発手法とは!その特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

ユニケージ開発手法はどんな特徴があるのか、この手法のメリット・デメリットを分かりやすく解説。難しい専門用語を極力使わず説明しています。なので、他のサイトの説明が専門的な用語ばかりで、理解に時間が必要だと思っている方に読んでい頂ければ幸いです!ユニケージ開発手法の内容を分かりやすくまとめました!

 

メリット・デメリット

 

【メリット】

 

 

一般的にこういったコマンド内の失われた「ソフトウェア複製」は可能ですが、失われた「データの複製」はできません。

そのため、ユニケージ開発では失われないように、データを安全に管理し便利に利用する事に目的を集中させ実行に移せるメリットがあります。

短期でいちど全体を完成させてから微調整を行うことができ、2回目の開発や修正はスクリプト言語で構成されているため、さほど難しいことではありません。

そういった柔軟でかつシンプルな構成スクリプト言語で行えるシステムがメリットに挙げられます。

 

【デメリット】

 

 

デメリットとしては、金融機関等のスピードやコストを気にしない業界では壁があります。理由として正確な手続きを重要視する長期的なビジネス環境に最適と思われていないためです。

そのため、金融関係にはまだ流通がされていないのが現実です。

メリットとして、100億件のトランザクションを処理するスピードは1秒前後と驚異的なスピードを実現しています。優秀さゆえ返って処理できているかどうか等の疑問が生まれてしまう心理的な問題もあります。

上記の金融関係や処理速度の速さはほんとうの意味のデメリットなのかは人それぞれですが、他にデメリットとして挙げるとすると「Dat」という特殊なファイルに変換する必要があります。

このファイルに変換するときだけ時間を必要とされるためデメリットと言えます。ですが現在ではその問題も解決しつつあるため、今後は問題なくなるでしょう。

 

ユニケージ開発手法の今後

 

 

これからは、金融関係にも情報や技術が行き届き良いものを活用している流れが、今後来る時代が予想されます。

時代の流れに気づいているけど、なかなか手を出せなかった業界や個人、法人が次々と利用していくことが考えられることでしょう。

 

これから利用していきたい人へ

 

人生にも応用できるユニケージ開発手法という考え方

 

 

ユニケージ開発手法の考え方は、人間に置き換えても様々なシーンで応用が利く考え方となります。

無駄のない徹底した必要最低限だけを重要視し、1つの能力に特化し集中すると言う処理能力は、人間に置き換えた場合であっても、効率化をはかれる考え方と言えるでしょう!

 

まとめ

 

 

IT業界を支える1つの手法として、これからユニケージ開発は大いに役に立つツール技術として進化を続けるでしょう。

そして、現代のAIやVR/ARと言った進化を見込める分野にも、大きな影響を与えて日本の未来の支えとして貢献してくれるでしょう!

Geekly Media ライター

1+