『.NET フレームワーク』を徹底解説!!その特徴からできることまで、分かりやすくご紹介します。

『.NET フレームワーク』の本来の意味合い(過去の意味合い)と現在の意味合いまでわかりやすく解説。.NET フレームワークの特徴&できることまで徹底解説!難しいIT用語をある程度意味合いが伝わるように変換!知識ゼロから.NET フレームワークの知識、理解、関心が得られ、IT世界の仕組みが見えてきます!

 

.NET フレームワークとは?

 

過去と現在で意味合いが異なる

 

  

『.NET フレームワーク』とは、「Microsoft .NET Framework(マイクロソフト ドットネット フレームワーク)」と言うアプリケーションです。

Microsoft社が提供している開発&実行ができるプラットフォームになります。Windowsのプログラム実行環境などとして推進します。

当時は「Microsoft.NET」と呼ばれていましたが現在では意味が少し異なり、「.NET」をテーマにして専門的な人と対談する場合話が噛み合わないといった状態が現在では発生してるため、過去と現在の.NETを説明します。

簡単に要約すると「Microsoft.NET」 の過去のビジョンが失われ、現在は異なったビジョンになっていることが理由に挙げられます。

XML Webサービスに力を入れていたMicrosoftは経済の流れ乗るために、代わりにRESTスタイルへの力を注ぐ様になったことにより意味合いが変わりました。

過去の呼び名「Microsoft .NET(マイクロソフト ドットネット)」から現在の呼び名「.NET Framework(ドットネット フレームワーク)」に呼び名が変わりました。

結果的に「Microsoft .NET」と「.NET Framework」では意味が異なり「.NET」は「.NET Framework」の略語で現在の意味合いも「.NET Framework」を示しています。

開発&実行環境をアプリケーション経由でサービスを提供するプラットフォームを開発したのがMicrosoftです。

他にも主にXML、ウェブサービス、ウェブアプリケーションなどインターネットのウェブをベースにした環境にも対応しており様々な開発&実行が可能な環境を提供

.NETフレームワークで対応している言語は数多くあり23カ国に対応しています。

 

開発者側とユーザー側

 

 

.NET フレームワークは開発者側とユーザー側で知識や経験、理解度の度合いが大きく関わってきます。つまり、立場が変化するだけで見方、操作性や使用用途も変わってくるのが.NET フレームワークです。

簡単に下記で開発者とユーザー側で説明します。

・開発者側

.NET フレームワークで使用できる開発言語を活用し、アプリケーションの開発ができます。開発で使用した言語以外にも後から対話が可能なため、さまざまなコンピュータ機器やソフトウェアと連携して開発が可能です。

・ユーザー側

.NET フレームワークでの言語開発を行わなくても利用することが可能なため、多くのユーザーは知識や経験、スキルがなくても利用が可能です。

上記のような開発側とユーザー側で.NET フレームワークの認識や知識の有無などが大きく変動します。2つの味方ができる事により、これから話す内容は開発者側の内容を深堀りして解説して行きます。

 

システムの論理的構造

 

共通言語基盤

 

 

.NET フレームワークにおいて主に使用される行動の流れについて解説します。

この行動の中で最も本質をしめているのがCLI(共通中間基盤)です。この意味を簡単に説明すると開発環境で実行環境時の単体言語に依存しないと言う意味です。

Microsoftで主に用いられているのがCLR(共通語ランタイム)と呼ばれている5つの項目です。

・CTS (共通型システム)

定義は様々ありますが、Microsoftが開発した人とネットフレームワークに対応したプログラミング言語でデータを統一するためのシステム。

・CLS (共通言語仕様)

共通言語ランタイムでサポートされている言語機能のサブセットに該当します。CLSはCTSのサブセット。 結果、CTSにもCLSは適用されます。ただし厳しい制限が設けられていない場合に限ります。

・CIL (共通中間言語)

人間が解読可能なプログラミング言語に変換。様々な言語をCIL (共通中間言語)で特定のOSや機種に依存しないプログラミング「マネージドコード(CLRに対応できる形式に変換)」にします

・JIT (ジャストインタイムコンパイラ)

結構環境のOSや機種に依存しない中間コードをプログラム実行する時点の工程で実行可能な言語にソースコードからオブジェクトコードに変換することができるのがJIT (ジャストインタイムコンパイラ)。

・VES (仮想実行システム)

メタデータを活用して動的要素を持つプログラミング言語を生成することができるシステム。CIL (共通中間言語)で読み込みと実行を実現することが可能なシステム。

 

Geekly Media ライター

0