【徹底比較!】Azure vs AWS!両者の特徴の違いから使い分け方まで分かりやすく解説します!

AzureとAWSの情報の気になっている情報を模索し解説します!Webサービスとして比較した時に何が異なってきたり、どんな機能が付いていて同じ所と違った所を説明。他にも今後の両者はどうなっていくかの予測や、利用を考えている人にアドバイスもあります!特徴、違い、コスト、使い分け方など比較し解説します!

 

AzureとAWSとは?

 

 

AzureとAWSは、どちらもインターネット上でサービスを提供する「Webサービス」と言うカテゴリに入ります。Webサービスの中でも「クラウドコンピューティングサービス」と言うインターネットなどのコンピューター経由サービスに区分されます。

クラウドコンピューティングサービスは、情報や利用する際の形式などのベース基盤を提供し、ネットワーク内でのシステムのことを示しています。

その中でも有名なのが、Microsoftの「Azure」と、Amazonの「AWS」です。

AzureとAWSの徹底比較

①【Azure】マイクロソフト・アジュール

 

 

Azureとは、「Microsoft Azure(マイクロソフト・アジュール)」の略語になります。

Amazonが提供しているAWSのシェアはクラウド分野で、33%前後の高い数値を出して世界1位のクラウドサービスとして有名ですが、Azureもまた多くのユーザーに利用されているサービスです。世界的シェア率は13%前後でMicrosoftのAzureは大差をつけられての2位になっています。

ですが、AWSが49%前後で、Azureが89%前後という成長調査増加率の比較をすると、Microsoft Azureの成長率はダントツで1位のWebサービスと言えます。2020年には、1位を狙える急成長を測る明確なビジョンと目標を発表しており、逆転を狙っているのがMicrosoft社となります。

今はAWSにシェア率という側面で後れを取っていますが、この2社の先行きが今後どうなるかは誰にも予測ができません。

AzureはIT業界以外に製造、電力などのエネルギー領域、金融サービス、政府系、航空などの特定の分野に強みを発揮しています。こういった専門性&外に漏れないセキュリティ面を前提とした情報管理がAzureのウリと言えるでしょう。

 

②【AWS】アマゾン・ウェブ・サービス

 

 

AWSとは「Amazon Web Services(アマゾン・ウェブ・サービス)」の略語になります。

ECサービスが有名なAmazon.comがサービスを提供しているAWSの魅力としては、幅広い分野に接点があるため、多くの利用用途が見込めることです。幅広い分野に対応できることで、実際に導入する際には過去の導入事例も見つかりやすいでしょうから、導入へ踏み切る精神ハードルも下がりやすいのではないのでしょうか。

更に、利用したいサービスだけに特化できる利用が可能なため、1ライセンス(1サービスの課金)からのサービス利用が可能であることも。Azureの大きな強みになっています。

 

特徴と違い

 

【Azure】と【AWS】の特徴

 

 

・Microsoft提供【Azure】

見えないところで技術と生産性を高め、利用者に良い技術やサービスを提供するため、開発者のレベルは高く向上し続けていることが、Azureの急成長の裏付けとなる理由でもあり現在の特徴です。

更に、最新人工知能とデータを活用し、インテリジェントの次世代アプリを生み出すことが可能です。このような特徴からAzureの秘めた可能性は高く、IT業界のAI分野を促進すると予測されます。

 

・Amazon提供【AWS】

最速で世界中の豊富な情報とグローバルに接しており、数多くの分野で利用が可能です。

多様な分野に対応するためにも、豊富なサービスを数多く展開しているため、Azureに比べて統一しスッキリと円滑にすすめることが難しい部分もあるのは難点ですが、Microsoftの手が届かない分野のサービスを提供できます。

使いたいシステムだけ課金することができるため、必要な部分だけの利用が可能。そのため柔軟かつ的確にコストが抑えられ、効率的、円滑に利用することが可能で特徴の1つです。

 

【Azure】違い

 

 

他にも、自社内の構築がしやすいという強い理由から、自社製品の共有やサービスをスムーズに利用できることがメリットになります。

その上、特定の業界特化に強い特徴を持つため、専門性の高い分野で独占利用することにより、特化型サービスとしては、非常に魅力的な一面があるのはAWSとの大きな違いになります。

Microsoft製品の連携と一部の業界に特化する事に強い傾向があるのがAzureです。

 

【AWS】違い

 

 

安定したサービス提供実績は十年以上続いているため、さまざまなエラーやトラブルを解消してきた実績と経験があり、安心して利用ができます。また、自然災害にも対応できるクラウド構成設計が可能なため、大きな自然災害にも対応策を万全に完備しています。

更に、サービスは一つ一つ利用したいサービスのみを利用することができ、少ない資金から大きな構成を徐々に作ることが可能です。AWSは多くの分野に広くサービスを利用し、展開、運用することができ、世界を視野に入れ活動する人に向いている傾向にあります。

 

Geekly Media ライター

0