ナレッジマネジメントの意味を解説!言葉の定義やメリット・デメリットを紹介します!

今回はナレッジマネジメントの意味を解説します。ナレッジマネジメントの言葉の定義やメリット・デメリットを紹介していき、従来と現在に至る企業で導入されている理由まで記載しました。さらに、従来から現在にグレードアップした内容も解説。今後の予測や活動する際に導入する注意点も説明し、分かりやすく解説していきます!

 

ナレッジマネジメントとは?

 

【ナレッジマネジメント】の簡単な説明

 

 

「ナレッジマネジメント」という言葉を分解すると「(ナレッジ)=(知識)」「(マネジメント)=(経営や管理)」という意味の単語にそれぞれなります。掛け合わせると「知識経営」または「知識管理」となり、管理する意味の1つとされており、知識での経営を意味します。

企業の蓄積された情報や経験などの財産をアナログ・デジタル関係なしに「見て知った知識(知見)」を中心に組織をマネジメントします。

仕事内では知識があるが知識を創造性と組み合わせてマネジメントする発想が、このナレッジマネジメントです。

従来はアナログでの導入が主流でしたが、現代ではデジタルでの導入が活発になり、最近ではビジネスもナレッジマネジメントもデジタル化が進んでいます。

 

ナレッジマネジメントの定義

 

ナレッジマネジメントの定義

 

 

ナレッジマネジメントの考え方は、個人での知見を保有して用いるだけではなく、組織に有益な情報を提供し、一人一人の知見が組織全体に共有されます。この考え方を提唱したのが、一橋大学院に勤務している野中郁次郎教授とその関係者です。

1990年頃に発表された経営理論です。ここで強調して支持されていた内容が、ナレッジマネジメントの発生元でもあり定義とも言えます。

野中教授と関係者たちの発表した経営理論はビジネスのあり方を大きく進歩させる内容となっており、今でも経済理論の考え方はグレードアップされて導入され続けているビジネスのベース基盤です。

 

【旧】から【新】へ

 

 

ナレッジマネジメントは、既に日本の企業に採用され浸透しています。ですが、時代の流れから取り組み方や重視するポイントなどが変化してきているのが現状です。そのため、ナレッジマネジメントも時代の流れに合わせて変化してきました。時代の流れに対応すべくさまざまな理由が挙げられますが、代表的な分かりやすい取り組みを簡単に紹介します。

日本企業のピラミッド経営は日本の従来のナレッジマネジメントです。

現在は1つの企業に属し最後まで属し続ける事が困難になってきています。理由は2つあり、1つ目は組織経営の収益の伸び悩みです。2つ目が従来のピラミッド経営で優秀な結果と時代を観てきた多くの上司に当たる世代の一方的なピラミッド経営の押しつけです。

俯瞰してみるとこの2つの要因が1つの企業に社員として「とどまらない」「とどまれない」理由に挙げられます。

 

現在では自分で稼ぐことが本当の安定と思う人が増えてきている流れもあり、ナレッジマネジメントに見直しが必要になってきました。

個人で稼ぐ事を重視する思考の人口が増加しています。従来のビジネスモデルではあまり、考えられなかったグローバル化が主流になる動きも見せている時代です。その理由として、デジタルでのビジネスモデルが確実に力を付けていることが挙げられます

つまり、従来のナレッジマネジメントはアナログに特化していた所を時代の変化とともに、デジタルに特化することが現代でのナレッジマネジメントを最大限に活用する方法と言えます

 

ナレッジマネジメントのメリット・デメリット

 

ナレッジマネジメントのメリット

 

 

新人やベテランが入り交じる大手の組織内なら、ナレッジマネジメントがビジネスにおいて効率を高める影響が期待できます。

理由として知見情報の共有化を促進することで、1人の暗黙知(経験で得られた知識)の業務を共有し他の人にも理解可能にする事が目的だからです。もしも一人の優秀な人材を失ってしまうと企業に大きなダメージの影響が予想される組織もあります。

その組織が技術でのし上がってきた組織なら影響はサービスの低下を意味し、大きく深手を追うことになります。

つまり、優秀な人材を失った時その人しか持っていない知見や業務が出てくるリスクがあります。

ナレッジマネジメントを採用している組織にとってはこういったリスクが情報を共有し管理していることで軽減されます。全体的な総合力の底上げと安定を継続して行う事が実現できるのが、ナレッジマネジメントの最大のメリットです。

 

Geekly Media ライター

0