ナレッジマネジメントの意味を解説!言葉の定義やメリット・デメリットを紹介します!

今回はナレッジマネジメントの意味を解説します。ナレッジマネジメントの言葉の定義やメリット・デメリットを紹介していき、従来と現在に至る企業で導入されている理由まで記載しました。さらに、従来から現在にグレードアップした内容も解説。今後の予測や活動する際に導入する注意点も説明し、分かりやすく解説していきます!

 

ナレッジマネジメントのデメリット

 

 

ナレッジマネジメントは、その浸透率が低いことがデメリットとして挙げられます。理由としては暗黙知の共有を目的とする事があるため、「(暗黙知)=(経験での知識)」が目に見えない事がデメリットになります。この経験の知識とは長年務めている自然とできる習慣のような業務を示しています。

そのため、見えない情報や感覚でしか得られない知見も範囲に入ってくるため、共有することは簡単ではありません。知識(ナレッジ)情報データを蓄積可能でも利用できない事もあるのがデメリットと言えます。

上記のようなリスクを減らしスムーズに効率を上げるにはどうすればいいでしょうか。

 

ナレッジマネジメントを活用する時に注意するポイント

 

コンサルティングしてから導入

 

 

デメリットで記載したような知識を蓄え共有しても利用できない」などと言ったさまざまなリスクを軽減するには、他社に依頼してコンサルティングを行うことで問題を明確にする必要があります。問題を明確にすることにより、データや統計で測れない本質が見えてきます

先程も述べたように、ナレッジマネジメントの大半は目に見えない知見が挙げられます。分析や解析などの統計だけでは本質を解明できない点が挙げられます。

つまり、コンサルティングを行うことで情報の解析や分析だけでは見えてこなかった「見えない原因」を見つけ出して問題を解決していくことが可能です。その結果はじめて、ナレッジマネジメントの採用した意味や効果が発揮され効率が高まります。コンサルティング会社にコンサルタント依頼して組織のさまざまな原因を見つけ出しその原因をナレッジマネジメントしていくことが大切になってきます。

 

その他の注意点

 

 

IT業界だけではなく、デジタル化に成功した分野なら現代の新しいナレッジマネジメントが適用可能です。そのため、デジタルビジネスを急速に進めている企業はもちろん、デジタル化に成功した分野も該当します。

今後デジタルビジネスに参入すると予測できるビジネスなども注目しておくと良いでしょう。予測し参入タイミングを見据える事によってスムーズにビジネスにナレッジマネジメントを活用していくことが可能です。

 

【ナレッジマネジメント】の今後

 

 

今後のナレッジマネジメントとは、企業が活用するだけの話ではなく、個人での活用も増えてくると予想されます。そのため、会社の知識データを蓄えるだけではなく自分に知識を蓄えその知見で自己発電できる人材になることが最も有効な活用できる方法でしょう。

 

これから利用していきたい人へ

 

ナレッジマネジメントはこれからのビジネスを支える

 

 

従来のナレッジマネジメント(旧)から、現代のナレッジマネジメント(新)にグレードアップしています。

IT業界の急成長により、デジタル分野が拡大しさまざまなビジネスに参入しているのが現状です。そのため新しい時代にも対応できるナレッジマネジメントにグレードアップしなければなりません。つまり、デジタル特化したナレッジマネジメントがこれからの時代になくてはならないビジネスマインドと呼べるでしょう。

 

まとめ

 

定義やメリット・デメリットを踏まえてナレッジマネジメントの今後や利用用途について話してきました。多くの人が聞き慣れない言葉かと思いますが、理解すれば実はとても役に立つ内容です。ビジネスをする際、頭に入れておくと今後役に立つ知識を蓄え活用して行けるでしょう!

Geekly Media ライター

0