カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. 【徹底比較!】オープン系 vs 汎用系!両者の違いを分かりやすく解説します!
  • 技術・テクノロジー

【徹底比較!】オープン系 vs 汎用系!両者の違いを分かりやすく解説します!

システム開発の世界では、汎用系システムとオープン系と呼ばれる種類のシステムがあります。そもそもなぜそれぞれが区別されているのか、またそれぞれどのような特徴があり、どう違うのかわからないという人も多いはずです。しかし両者の間には、決定的な違いがあるのです。今回はオープン系と汎用系の両者の違いをわかりやすく解説します。

 

汎用系ってなに?

 

一つの汎用機でいろいろな開発をする

 

 

ソフトウェア開発には種類が存在することをご存知でしょうか。一つはオープン系、そしてもう一つは汎用系です。汎用系はオープン系の対義語としてクローズドと呼ばれることもあります。汎用系はその名の通り汎用機を基軸としてシステム開発を行うというものです。

一昔前までは、用途に応じて専用機と呼ばれる計算機を用いていました。当然これだとコストもかなりかかってしまいます。そこで登場したのが汎用機というものです。従来の専用機として用いられる計算機よりも性能が良く、それでいて異なる分野での使用も汎用機でまかなうことができるようになりました。

 

汎用機さえあればなんでもできる

 

 

なぜ専用機ではなく汎用機が選ばれるようになったのか、という疑問を持つ人も多いはずです。専用機というのは用いる分野に特化した計算機です。とはいえ、他の分野の専用機であっても共通する部分は存在しています。その共通する部分をまとめたものが汎用機です。

共通する部分は汎用機にまとめられているため、あとは分野に適したソフトウェアを導入すればシステム開発が可能になります。そうした汎用機を用いたシステム開発が汎用系です。わざわざシステム開発のために専用機を導入する必要がなくなったので、大幅にコストを下げることができます

 

オープン系とは何なのか

 

パソコンを基軸としたシステム開発

 

 

そんな汎用系に対して登場したのが、オープン系です。オープン系というのは、基本的にパソコンを基軸としたシステム開発です。汎用系との大きな違いは、ホストとなる機械が汎用機ではなくパソコンであるというところです。

パソコンを使用するため、WindowsなどのOSを使用することができる他、システム開発に用いることができるプログラミング言語も大幅に増えるため、より柔軟性に優れたシステム開発を行うことができます。現在のシステム開発においては、このオープン系が主流となっています。

 

コストが安くて能力低下も起こりにくい

 

 

オープン系も汎用系と同じくなんでもできるという性質がありますが、それでも汎用系と大きく違うのは、コストパフォーマンスの良さです。汎用機というのは基本的に24時間稼働し続けるのが基本です。これはオープン系のシステム開発でも同じです。

しかし、時代とともに汎用機と同じぐらいの性能を持った高性能パソコンが登場したことにより、オープン系のシステム開発が大きく普及しました。さらにパソコンの場合、OSなどは常にアップデートが行われているため、能力が低下していくということも起こりにくいです。

 

両者のコストの違いとパソコンの進化

 

時代とともにコストの高さが問題に

 

 

では両者の違いはどのようなものかについてここからは解説していきます。まずはオープン系の部分でも少し触れましたがコストの部分で比較していきます。汎用系とオープン系の大きな違いは、導入や維持にかかるコストです。

オープン系が急速に普及した要因として、汎用系の導入や維持にかかるコストの高さがあります。汎用機というのは価格が高価なものであり、パソコンと比べるとその差は歴然です。また維持費も高いため、時代とともにこの汎用系というのはコストの高いシステム開発だという事実が露呈してしまいます。

 

パソコンの性能向上と低価格化

 

汎用系のコストパフォーマンスの悪さが露呈し始めた一方で、パソコンの性能は飛躍的に向上していきました。そして同時に、パソコンの価格というのも性能向上に合わせてどんどん低価格化が進んでいきました。

その結果どうなったのかと言うと、汎用機と同等の性能を持った高性能パソコンが、汎用機よりも格段に安い値段で手に入るという状況が出来上がりました。性能は汎用機と同等であり、さらにはパソコンであるためOSを使用することが可能であり、対応するプログラミング言語も多いとなると、相対的にパソコンのほうが圧倒的に良いとされます。

 

扱う言語とエンジニア不足

 

COBOLを扱うエンジニアは減少傾向に

 

汎用系とオープン系はコストの部分で大きく違うということを説明しましたが、実はシステム開発において扱うプログラミング言語も違うということをご存知でしょうか。汎用系の場合、基本的用いるプログラミング言語はCOBOLに絞られてしまいます。COBOLという言語を初めて聞いたという人も多いはずです。

実は汎用系が減少している理由として、このCOBOLを扱うことができるエンジニアが減少しているからなのです。汎用系でしか扱うことがなく、その汎用系も徐々に減少している現在では、特に今から学習する必要は無いとされてしまうため、COBOLを扱う人というのはどんどん減ってきているのです。

 

 

オープン系で用いられる言語は?

 

 

一方でオープン系で用いられている言語とはどういうものか、ということになります。こちらに関してはかなり多くあります。有名なものとしてはJavaC言語など、今なおプログラミングの学習において根強い人気のある言語ばかりです。

オープン系というのはパソコンベースのシステム開発であり、OSが使用できます。OSが使用できるということは、それだけ使用できる開発ツールも多いということになります。その結果扱うことができる言語も幅広くなるのです。特に最近ではRubyPythonなどの新時代の言語も増えており、今後もオープン系で用いられる言語はさらに増えていきます。

 

汎用系とオープン系の将来は?

 

汎用系はすでに時代遅れ?

 

 

ここまでの比較で説明したとおり、汎用系というのはすでに時代遅れとなっています。コストも高くて柔軟性がなくて、さらには専用の言語を扱うエンジニアが減少しているとなると、これから一気に普及するということは考えにくいです。しかし、だからといって全てのシステム開発でオープン系が用いられているとは限りません。

あくまでオープン系のシステム開発をする企業などが増えているというだけで、企業によっては未だに汎用系でシステム開発をしているというところもあります。しかしその企業もいつオープン系に移行してもおかしくないという現状です。

 

オープン系の普及は止まらない

 

ではオープン系は今後どうなるのかということになりますが、こちらはさらに普及していきます。先程の部分でも説明したとおり、扱うことができるプログラミング言語は増加していっています。また、業種ごとのプロセスがパッケージされたものも出ているため、それらを活用したり新たに開発するという動きも出てきています。

このような製品が登場することにより、企業がオープン系のシステム開発を始めるにあたり発生する導入コストはさらに抑えることができ、より他社との競争に強くなります。そして汎用系からオープン系に移行するときのコストもさらに抑えられるということになります。

 

コストで考えるなら汎用系よりもオープン系

 

今回はシステム開発におけるオープン系と汎用系、両者の説明やそれぞれの違いなどについて解説してきました。

 

柔軟性とコストではっきりする両者の違い

 

 

ここまで様々なポイントで比較してきましたが、最終的に両者はどのような違いがあるのかということになります。それは柔軟性コストパフォーマンスの違いです。計算機で様々な計算をする時代においては汎用系がベストでしたが、時代の流れとともに求められるものも変化しています

そのような変化に柔軟な対応ができるものとして、パソコンが重要視される動きが起きました。その動きに応えるかのように性能向上と低価格化が進み、結果的に汎用機よりも性能が良く、柔軟性に優れたパソコンが誕生しました。この瞬間から汎用系とオープン系には大きな差が生じました。

 

まとめ

 

技術というのは常に進化しています。それによって日々新しい技術や製品が生まれています。そのような新しい製品が生まれることによって、それまで主流だったものは時代の流れとともに廃れてしまいます。

現在ではオープン系が主流となっていますが、そもそもは汎用系というシステム開発がなければ成立しませんでした。現在当たり前のように用いている技術や手法は、その前に主流となっていたものがなければ誕生しなかったということを覚えておきましょう。

どーばー

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
1+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。