【徹底比較!】オープン系 vs 汎用系!両者の違いを分かりやすく解説します!

システム開発の世界では、汎用系システムとオープン系と呼ばれる種類のシステムがあります。そもそもなぜそれぞれが区別されているのか、またそれぞれどのような特徴があり、どう違うのかわからないという人も多いはずです。しかし両者の間には、決定的な違いがあるのです。今回はオープン系と汎用系の両者の違いをわかりやすく解説します。

 

オープン系で用いられる言語は?

 

 

一方でオープン系で用いられている言語とはどういうものか、ということになります。こちらに関してはかなり多くあります。有名なものとしてはJavaC言語など、今なおプログラミングの学習において根強い人気のある言語ばかりです。

オープン系というのはパソコンベースのシステム開発であり、OSが使用できます。OSが使用できるということは、それだけ使用できる開発ツールも多いということになります。その結果扱うことができる言語も幅広くなるのです。特に最近ではRubyPythonなどの新時代の言語も増えており、今後もオープン系で用いられる言語はさらに増えていきます。

 

汎用系とオープン系の将来は?

 

汎用系はすでに時代遅れ?

 

 

ここまでの比較で説明したとおり、汎用系というのはすでに時代遅れとなっています。コストも高くて柔軟性がなくて、さらには専用の言語を扱うエンジニアが減少しているとなると、これから一気に普及するということは考えにくいです。しかし、だからといって全てのシステム開発でオープン系が用いられているとは限りません。

あくまでオープン系のシステム開発をする企業などが増えているというだけで、企業によっては未だに汎用系でシステム開発をしているというところもあります。しかしその企業もいつオープン系に移行してもおかしくないという現状です。

 

オープン系の普及は止まらない

 

ではオープン系は今後どうなるのかということになりますが、こちらはさらに普及していきます。先程の部分でも説明したとおり、扱うことができるプログラミング言語は増加していっています。また、業種ごとのプロセスがパッケージされたものも出ているため、それらを活用したり新たに開発するという動きも出てきています。

このような製品が登場することにより、企業がオープン系のシステム開発を始めるにあたり発生する導入コストはさらに抑えることができ、より他社との競争に強くなります。そして汎用系からオープン系に移行するときのコストもさらに抑えられるということになります。

 

コストで考えるなら汎用系よりもオープン系

 

今回はシステム開発におけるオープン系と汎用系、両者の説明やそれぞれの違いなどについて解説してきました。

 

柔軟性とコストではっきりする両者の違い

 

 

ここまで様々なポイントで比較してきましたが、最終的に両者はどのような違いがあるのかということになります。それは柔軟性コストパフォーマンスの違いです。計算機で様々な計算をする時代においては汎用系がベストでしたが、時代の流れとともに求められるものも変化しています

そのような変化に柔軟な対応ができるものとして、パソコンが重要視される動きが起きました。その動きに応えるかのように性能向上と低価格化が進み、結果的に汎用機よりも性能が良く、柔軟性に優れたパソコンが誕生しました。この瞬間から汎用系とオープン系には大きな差が生じました。

 

まとめ

 

技術というのは常に進化しています。それによって日々新しい技術や製品が生まれています。そのような新しい製品が生まれることによって、それまで主流だったものは時代の流れとともに廃れてしまいます。

現在ではオープン系が主流となっていますが、そもそもは汎用系というシステム開発がなければ成立しませんでした。現在当たり前のように用いている技術や手法は、その前に主流となっていたものがなければ誕生しなかったということを覚えておきましょう。

Geekly Media ライター

どーばー

1+