カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. 【徹底比較!】アメリカ「IT最先端」 vs 日本「IT遅れ」?その実情から両者の違いが起こる背景まで分かりやすく解説します。
  • 技術・テクノロジー

【徹底比較!】アメリカ「IT最先端」 vs 日本「IT遅れ」?その実情から両者の違いが起こる背景まで分かりやすく解説します。

スマホの市場が拡大する背景にはIT業界の進歩が挙げられます。IT業界の多くがアメリカのカリフォルニア州シリコンバレーに本社があり、現在アメリカの技術の進歩はますます拡大し、IT最先端技術は世界の注目を集めています。そこで、アメリカと比較して日本は「IT遅れ」と言われる理由&秘密について解説して行きます!

 

アメリカ「IT最先端」&日本「IT遅れ」?

 

アメリカの「IT最先端」と言われる理由&秘密

 

 

大きく理由としてアメリカがIT最先端となった理由は、世界中の優れた技術者をアメリカに集めたことが理由です。原理はとても簡単で、優れた人材をアメリカに集結させることにより、その結果クオリティーは世界でナンバーワン技術に発展したと言うことです。

さらにIT業界の主に使うプログラミング言語は英語となっているため、英語で育った子供は小さい頃から言葉覚えた時点で最短IT教育といえます。

それによりアメリカの英語を基本とする子供たちは最速でITの技術や知識、ノウハウを叩き込むことが可能なため優れた人材が育成しやすくなります。単純に人口が多いことも理由として挙げられます。

他にも世界各国から最先端のIT技術と優秀な学生たちが留学など、事業をしようとする人などが集まります。

その学生たちやIT業界で成功するために企業した人たちが切磋琢磨しIT業界の質を高めていると言う理由もあり、ありとあらゆるITに関した人材が集まることで自然と最先端化していくという仕組みです。

なぜアメリカに優秀な人材が集まるかというのも非常にシンプルで、カリフォルニア州シリコンバレーに数多くの世界トップのIT業界企業が本社を置いていますIT業界の強者達が集結し、ハイレベルな切磋琢磨をしているのがアメリカのカリフォルニア州シリコンバレー、IT業界で働きたい人が絶対に憧れるITの着地点ともいえます。

ここにほとんどのIT業界の才能溢れた人材達が集結していることで世界から注目される場所になっています。

 

日本「IT遅れ」の理由&秘密

 

 

結論から言ってしまえば大きく問題点として挙げられるのは「英語&ハードウェア」の2点が大きく挙げられる日本が「IT遅れ」と言われる問題点です。その影響でアメリカなど英語を主に通常の言葉として使っている人たちに圧倒的なプラットフォーム言語知識の基礎が最初から身に付いています

勉強をせずとも自分の意志で言葉を喋り始めた時点で自然とIT向きの言語を持つ国と言えます。

日本人は日本語を習得した後に英語を学ぶ人も限られ、更に学びを理解し深めることが非常に困難なのが現実にあります。

結果として日本人は英語を覚えてからプログラミング言語を覚えるといった流れになるのに対して、アメリカ人は英語からプログラミング言語を覚えるといった単純ルートになります。日本人の場合学びのルート手順が多いこととプログラミング言語を理解する前の準備で圧倒的な準備不足のような現実がわかるはずです。

もう一つの問題点がハードウェアです。簡単に説明するとハードウェアは視覚で認識でき、ソフトウェアは視覚で認識できません

簡単に説明するとパソコン、マウス、ビデオカメラ、スキャナ、キーボードなどこういった硬く目に見える製品の物体のことをハードウェアといいます。

一方、ソフトウェアは知識や能力などの意味を持ちコンピューターを動かすためのプログラミングを意味します。

この2つの理解を踏まえた上で日本人はハードウェアに力を入れすぎたことにより、ソフトウェア(プログラミング言語)の開発をおろそかにしてしまったことが原因として挙げられます。

さらに、今では日本の文化とされ少しずつ理解されてきている「アニメ」や「鉄道」などの専門知識を深めた人たちが日本に多く存在します。

その専門的知識を深めた人を「オタク」と呼び軽視して良くない意味として考えられることが多かったためIT関連も「PCオタク」同類として軽視されていたことも背景にあるのではないかと言われています。

他にも理由を挙げるとするならば日本は日本人向けのハードウェア&ソフトウェアを中心に開発していることが挙げられます。日本人の場合日本国内だけで生計を立てられる企業が多く、わざわざ海外進出する必要がないと言う背景があります。

それに加え英語などのグローバルな言語を習得する能力や時間、人材も必要となってくるため日本人以外の商売を始めるためにはハードルが高すぎる傾向にあります。こういった背景がかさなりあい日本は「IT遅れ」と呼ばれるようになりました。

 

アメリカのIT事情【良い点・悪い点】

 

アメリカのIT【良い点】

 

 

先述の通り、良い点は世界中から優れた人材をかき集め世界最高峰レベルのソフトウェアを開発、運用ができることです。「エンジニア」という職種に対しての評価も高い傾向にあり、新卒であっても一千万程度の初任給が与えられることもザラにあります。優秀な人材はエンジニアを目指す、というキャリアの選択肢が非常にメジャーです。

 

アメリカのIT【悪い点】

 

 

アメリカのIT最先端にはとてもお金がかかります。日本のお金をすべて通ししてもアメリカのIT業界の運用金には届かないほど圧倒的な富と優れた人材でIT最先端の名誉を確立。その分アメリカは膨大な資金が必要なため投資金がかなり有利となり、運用できている分IT業界の期待を失った瞬間に株が暴落し一気に資本金を失う恐れがあります

 

日本のIT事情【良い点・悪い点】

 

日本のIT【良い点】

 

 

 

日本のIT業界に関しては日本の技術面と正確な精度に定評があります

さらにクオリティー面でも高い質を実現でき、世界と戦えるレベルまで持っていることが可能ですが、その技術は世界に向けた技術ではなく日本人に受ける日本人のための技術が中心となっています。

その日本人の性格や特性から生まれた製品が丁寧すぎるジャパンクオリティーと呼ばれ高く評価されることが強みです。

 

 

日本のIT【悪い点】

 

 

 

簡単に言うと日本人が日本人のために作った製品は海外の人のために作った製品ではないため、合わず今から海外の製品を作ったところで、世界規模で見た場合経験が浅く人材も少なく言語も英語といった圧倒的不利な状態になっています。

さらに経済力の面からしても海外の期待値である投資の面では億単位でお金が上下していますが、日本の場合高くてもせいぜい万円止まりです。

経済的な金融機関の運用面からみても、世界レベルとは言えず、その現状を物語っているのが日本の文化となっているアニメ業界が良い例に挙げられます

アニメ業界の技術面からすれば世界トップクラスなはずなのに、日本のアニメーターの給料はとても低く一般の正社員よりも年収が少ない金額という事実が深刻な問題。

他にも日本のIT業界の平均年収は350万円前後となっていますが、海外のIT企業の年収は450万円前後と大きな差があります。

これはIT業界の重要性や専門性のクオリティーと比例して賃金も変動します。なので、海外の450万円の年収の仕事としては専門知識のプロとしての年収と言うのが見方になります。

一方、日本人の場合授業に入ってから1から教わると言う圧倒的意思の低さが比較した時にわかると思います。これにより賃金も低くなり世界と比べた場合圧倒的に賃金比例してIT業界の技術も低い結果となります

日本のITと考えれば今の賃金でちょうどいいかもしれませんが海外と戦うITの賃金とする場合とても低い賃金と言うことがわかっあところで下記の方針&対策について簡単に説明します。

 

アメリカ&日本のIT今後の方針&対策

 

アメリカの「IT最先端」の方針&対策

 

 

アメリカはこの業績を継続していくことが今後の課題となります。これからは日本もソフトウェアに全力で力を入れてくることが予想されてくるため継続して最先端の地位を保つのがアメリカの方針だと予想されます。

安定した高いクオリティーを保ち高い技術でIT業界を引っ張っていくのがアメリカの方針で、他の優秀な人材をスカウトしこれからも多く拡大していくことがIT業界を衰退させないアメリカの方針&対策になります。優秀な人材をこれからもアメリカ内に吸収していくでしょう。

 

日本の「IT遅れ」方針&対策

 

 

結果論ですが、日本はソフトウェア(プログラミング言語)の種まきを怠ったと言い換えることができます。

アメリカなどは種をまいて現在は花を咲かせている状況をイメージすることができます。一方日本は今から種をまいて水をあげている状態と言えるでしょう。他にもアメリカは世界から上位に入る選りすぐりのメンバーを集めることが大前提としてあります。

一方、日本の場合は日本国内で選りすぐりのメンバーを集めているためその能力や数は日本レベル。海外レベルではありません。

こういったIT業界がアメリカを世界トップクラスのハイレベルなIT最先端市場へと成長した背景となります。

今後の方針と対策は上記でもお話した種をまくことです。

簡単に言う言語力などでは劣っているものの物体的なハードウェアに関してはとても高い「ジャパンクオリティー」として優れている日本

なので、このプログラミング言語が英語と言う問題点を解決すれば、どの国よりも繊細な技術で世界と戦えるIT業界に成長させることが可能と予想されます。

そのジャパンクオリティーを世界に発信するのは最新技術のゲーム機器で遊んでいた子供たちがIT技術に興味を持ちIT産業で頑張りたいと思いIT業界に参入してきた新ゲーム世代「オタク」たちが日本の鍵となります。

その若い世代がハードではなくソフトに注目し世界に発信することにより、今後の世界の見方や期待は大きく変わって行くことが予測されます。

日本のIT産業は海外にも通用するIT業界へと邁進するのではないでしょうか。

 

アメリカと日本の未来

 

アメリカ&日本の未来

 

 

日本が成長する方法として、ハードウェアのクオリティーよりソフトウェアのクオリティーを高めて行くことが今後のIT業界にとってプラスに働くでしょう

日本のIT業界もまたますます発展し視野を拡大していくと予想されます。いつしかIT業界の最先端に日本の高い技術を埋め込み運用できる時代になったとき、アメリカIT業界と並ぶことを期待したいですね。

 

最後にチャレンジする人へ&まとめ

 

チャレンジする人へ一言

 

 

今後海外で活躍したい人はアメリカに海外留学などで本場のIT最先端技術を学びそこでアメリカで仕事をする方法がおすすめです。

海外は病気や怪我での医療費が高いため対策方法を考え準備してからアメリカに行くことをおすすめします。日本で頑張っていきたい人も同じく海外留学をしてから日本で活躍することを推奨します。

最先端の技術を学ぶ良い機会を逃す必要はないのでアメリカで得た技術を日本に持ち帰り日本の技術やセンスで新たな力にする事をおすすめします。

 

まとめ

 

 

今回はアメリカの最先端の理由から日本のIT遅れについて説明していきました。今後のIT業界は拡大していく中日本がアメリカに勝てる時代が来るのでしょうか。

日本も積極的に優れた人材を今まで以上に積極的に採用してIT業界を拡大して行くことが今後のIT業界で生き残って行くための一つの方法だと思います。

今後のアメリカ&日本のIT業界の競争や協力などで切磋琢磨してIT業界の最先端を新規していってほしいですね。

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
1+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。