【まとめ】おすすめのテキストエディタを紹介!どれが何の言語に向いているかまで解説!

テキストエディタは何十種類も公開されており、多すぎて選ぶのが難しくなっています。それぞれ特徴が用途によって向き不向きがありますので、本記事では効率よく作業を進められるおすすめのテキストエディタを紹介します。また人気プログラミング言語を中心に、テキストエディタごとに向いている言語を合わせて紹介します。

 

テキストエディタとは?

 

 

テキストエディアは、文章を書くためのソフトで非常にシンプルな構造で多岐の用途があります。

例えば、メモ・プログラミング・ライティング・報告書などさまざまな使い方があり、エンジニアには必須のものです。

プログラミングに特化したテキストエディタでは入力補完する機能がついています。文章をひたすら書く用途(メモ・ライティング)では起動や動作の速度を高速化したエディタもあります。用途に合わせた選択をすることで効率化にもつながるため、重要になります。

最近のテキストエディタはインストール時は軽量で必要に応じて機能を追加するのが主流になります。そのため、IDE(統合開発環境)とのライン引きが曖昧になってきているため、本記事ではテキストエディタとIDEを区別せずに文章やプログラミングしやすいテキストエディタを紹介します。

 

テキストエディタの使い勝手はなにで決まる?

 

 

テキストエディタを選ぶ際のポイントは大きく4つあります。

1.高機能

2.速度

3.カスタマイズ性

4.視覚性

一般的には高機能であればその分、速度は落ちるため、用途によって使い分ける必要があります。また、自分好みの分かりやすいテキストエディタを選択することで更なる効率化につながります。

 

1.高機能

 

 

メモ帳などの標準のテキストエディタでは存在しない人気な機能性がいくつかあります。

 

1.高速な検索機能

「grep」という機能を使用して複数ファイルから特定の文字列を高速に抽出する機能です。

2.ファイル比較

2つのファイルの違いを抽出して表示する機能です。

3.入力補完

プログラミング言語では決まった命令文を呼び出すことが多々あります。その際にアルファベットを数文字打つだけで予測変換する機能です。

 

2.速度

 

 

メモ、ライティングの用途で使用する際にプログラミングほどの高機能である必要はありません。そのため、最低限の機能で高速に動作するテキストエディタが人気です。標準のテキストエディタよりも視覚的に見やすいうえに高速なエディタも存在します。

 

3.カスタマイズ性

 

 

最終的に自分好みのテキストエディタへとカスタマイズできるかどうかが効率化のポイントになります。

例えば、よく実施する手順がある場合、その手順を記録してショートカットコマンドですぐさま実行できるようにすることで、作業を高速化できます。

 

4.視覚性

 

 

文字数が多くなるほど、全体は読みにくくなります。そんなときは特定の文字を色分け・ハイライトの表示機能があり、文字数が膨大になったとしてもハイライトが目印となり読みやすくなります。

また、プログラミングをする際には、複数のファイルを同時に編集する場合があります。エディタ内のウィンドウに複数ファイルをタブ形式で表示できるものもあるので、コード入力がしやすくなるというメリットもあります。

 

Geekly Media ライター

バスコ

0