カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. オープンスタックをわかりやすく解説します!その内容から具体的な機能までご紹介します。
  • 技術・テクノロジー

オープンスタックをわかりやすく解説します!その内容から具体的な機能までご紹介します。

オープンスタック(OpenStack)を利用すると、AWSのようなクラウド環境を自前で構築することが可能です。Webサービスはもちろん、社内のインフラをクラウド化することも可能です。今回は、そもそもオープンスタックとはなんなのか、AWSとの違いや使える具体的な機能を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

オープンスタック(OpenStack)とは

 

オープンスタック(OpenStack)とは、AWSのようなクラウドコンピューティングを実現するためのソフトウェアです。

ユーザーは、オープンスタックの機能として提供されているダッシュボードから、仮想化されたOSやストレージ、ネットワークなどを、クラウド化された環境として一括で管理できます。

これまで、自社内でクラウド環境を構築するといっても、それは主にOSの仮想化を指していました。

ネットワークルーターやストレージサーバーの設定変更などを行う際には、物理機器を直接人の手で操作するのが一般的だったのです。

オープンスタックの登場により、ITのインフラストラクチャーのほとんどをクラウドで操作することが可能になりました。

 

オープンスタックはOSS(オープンソースソフトウェア)

 

オープンスタックはOSSですので、無料で自由に使えます。

そのソフトウェア群が持つ機能は、Amazonの提供するAWSのイメージです。

AWSでは、ネットワーク設定も含めて、クラウド環境に必要な要素をすべてWeb画面を通して設定ができます。

このような環境を、AWSを使わずに独自で構築できるのがオープンスタックです。AWSライクな環境をOSSで構築できるのは非常に便利です。

 

オープンスタックのメリットとデメリット

 

オープンスタックは無料で便利ですが、メリットとデメリットがあります。

 

メリット:独自クラウド環境を無料で構築できる

 

自社のインフラ環境などは、オープンスタックを利用することで、独自のクラウド環境を構築できます。

オープンスタックは無料で提供されていますので、コストを抑えた運用が可能です。必要な機能だけを自由に組み合わせて、独自のクラウドコンピューティングを実現できます。

 

デメリット:オープンソースに慣れた技術者が必要

 

オープンスタックはOSSです。メーカーがパッケージとして提供しているものもありますが、無料で利用する場合にはサポート面でデメリットがあります。

オープンスタックにはコミュニティーサポートなどもありますが、その仕組みをしっかりと理解していないと、何が問題なのかを特定できず、うまくサポートを使うことが難しいでしょう。

オープンスタックを利用する際には、その機能をソースコードレベルから理解できる、ある程度の経験をもつ技術者が必要です。

技術者はいないけどオープンスタックを利用したいという場合には、RedHadなどが商用として提供する(後述)、オープンスタックを利用して、サポート面も考慮した導入を意識しましょう。

 

オープンスタック6つの機能(コンポーネント)

 

ここからは、オープンスタックの6つの機能を紹介します。以下のコンポーネントを組み合わせることで、独自のクラウドコンピューティング環境を構築できます。

 

・Compute(Nova)

・Object Storage(Swift)

・Image Service(Glance)

・Dashboard(Horizon)

・Identity(Keystone)

・Virtual Network Service(Quantum)

 

Compute(Nova)

 

Compute(Nova)は、仮想マシンを自動的に生成しサービスを提供する、最も重要なコンポーネントです。

オープンスタックを調べると「Nova」の文言だけで表記されているものもあります。

物理的なインフラ環境でいえば、コンピューター(サーバーなど)に相当します。

仮想OSをコントロールするためのスーパーバイザー(KBMやXenServerなど)に対応しています。

 

Object Storage(Swift)

 

Object Storage(Swift)は、ストレージ基盤です。

サーバーのデータ保存領域を提供します。システム規模によってストレージ拡張も可能です。

オープンスタックで調べると、「Swift」の表記のみの場合もあります。

物理的なインフラ環境でいえば、ストレージサーバーに相当します。

 

Image Service(Glance)

 

Image Service(Glance)は、Novaで生成する仮想マシンのVMディスクイメージを管理します。

オープンスタックを調べると、「Glance」の表記のみの場合もあります。

物理的なインフラでいえば、イメージディスク(DVDやCD)で保管していたものです。

 

Dashboard(Horizon)

 

Dashboard(Horizon)は、Web管理するためのインターフェースです。

Dashboard(Horizon)では、NovaやSwift、GlanceなどをWeb画面でコントロールできます。

オープンスタックを調べると、「Horizon」の表記のみの場合もあります。

運用開始後、ユーザーは主にDashboard(Horizon)のインターフェースを使って運用・保守・管理を行います。

オープンスタックとユーザーを繋ぐ、唯一のインターフェースです。

 

Identity(Keystone)

 

Identity(Keystone)では、ユーザー認証を管理します。

オープンスタックで構築した環境で作業をするユーザーは、Keystoneによって一元管理されます。

オープンスタックを調べると、「Keystone」の表記のみの場合もあります。

 

Virtual Network Service(Quantum)

 

Virtual Network Service(Quantum)では、オープンスタックで構築したクラウド環境における、仮想ネットワークを管理します。

仮想ネットワーク接続のすべては、Quantumで管理できます。

物理的なインフラでいえば、ルーターやスイッチなど、ネットワーク機器に相当します。

オープンスタックを調べると、「Quantum」の表記のみの場合もあります。

 

オープンスタックの商用パッケージもある

 

オープンスタックは、OSSとして提供されているため、それを基盤に商用利用のためのパッケージを提供している企業があります。

メーカーの提供するオープンスタックは有料ですが、メリットとしてはやはりサポートを受けられることでしょう。

 

RedHat社が提供するオープンスタック

 

RedHat社は商用のオープンスタックとして「RHEL-OP」を提供しています。これは「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform」の略称です。

RHEL-OPでは、本家オープンスタックの新機能が提供されると、約2〜3ヶ月でRHEL-OPにも反映され、アップデートされるようです。

参照元:RedHat公式サイト

 

IBM社が提供するオープンスタック

 

IBM社は商用のオープンスタックとして「CMwO」を提供しています。これは、「IBM Cloud Manager with OpenStack」の略称です。

OSSのオープンスタックを利用して、IBMが商用利用できるソリューションを提供するものです。

参考元:IBM公式サイト

 

まとめ

 

オープンスタックは常に開発が進められており、2019年11月時点に存在するコンポーネントも、時間をかけて徐々に追加された機能です。

AWSのような仕組みを独自に構築したいときにはオープンスタックが便利です。

オープンスタックの利用には、やはり専門知識が不可欠ですので、技術者がいない場合にはベンダーの商用プラットフォームを導入するのも一つの選択肢でしょう。

導入後には、必ずトラブルなども起こりますので、ベンダーのサポートがあると安心です。

 

佐久森

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。