カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Web・ゲーム
  4. 【SEO】キーワード選定を徹底解説!キーワードの選び方とキーワードの活かし方とは?
  • Web・ゲーム

【SEO】キーワード選定を徹底解説!キーワードの選び方とキーワードの活かし方とは?

Webサイト作りで必須となってくると言っても過言ではないのがSEOです。どれだけ上質なページでもこのSEOがしっかりしていなければアクセス数を増やす事は出来ません。現在SEOの中でも最も大切と言われているのがキーワード選定です。今回はWebサイト作りで欠かせないキーワード選定について解説していきます。

 

そもそもSEOとは?

 

 

SEOとはSearch Engine Opimizationの略で、日本語にすると検索エンジン最適化を意味します。検索エンジンでは機械的にその表示順を決定するのでこのSEOを行う事で検索結果で上位に表示させる為の行為をSEO対策と呼びます。

どれだけ上質なWebページを作成していたとしても検索結果の上位に表示されなければ開いてもらう事すらできません。SEOを行う事で、検索でのサイトへの集客力を高める事が目的になります。

 

今のSEOはキーワードの選び方が重要

 

 

これまでこのSEO対策には実に様々な情報が飛び交ってきました。検索エンジンのアルゴリズムに関して公開されるという事は基本的にあり得ません。

その為、Web制作者の中で「こういう事をしたら検索結果が上がりやすくなった」「この対策は意味が無くなった」などと情報交換が行われてきました。プログラム的な部分からちょっとしたコツまでこれまでに色々な試行錯誤が行われています。

そして2019年現在、最も効率的だと言われているのが今回紹介するキーワードになります。キーワードとはユーザーが検索する際に入力する検索ワードの事です。

ページの中にいかに検索されているキーワードを盛り込むかが現在のSEO対策で最も重要だと言われています。単純ですが非常に効果的な手段です。

 

キーワードを意識したコンテンツ制作の考え方

 

 

キーワード選定を意識するあまり、肝心のコンテンツの内容が疎かになっては本末転倒です。ここからはキーワード選定を意識したコンテンツ作りを紹介していきます。

 

売上の為のコンテンツ

 

 

そのWebサイトが直接的に売上を発生させるのが目的である場合、検索条件をある程度絞ってより目的の人を導く為のキーワード選定が必要です。

選定するキーワードを多く、または具体的にする事で購買意欲のある人がサイトを見つけてくれる可能性を高める必要があります。

反面、具体的なキーワードを使う分サイトを訪れる人は少なくなりがちで、同じキーワードを設定するサイトが多ければ当然検索結果には表示されにくくなります。

売りたい商品・サービスが明確な場合はまず作る必要があるコンテンツですが、このコンテンツばかりを増やしているとアクセス数に悩む事になります。

 

集客の為のコンテンツ

 

 

まずは知ってもらう事、サイトに訪れてもらう事を目的としたコンテンツは特にキーワード選定に力を入れる必要があります。

自身の売りたい商品・サービスの購入を検討している人、興味がある人の目に止まりやすくする事が目的なので、具体的なキーワードよりも汎用的なキーワードを選ぶ必要があります。

もちろん汎用的なキーワードでの構成は他のライバルになるサイトでも行っている場合が多いので、その中でも力を入れていないようなキーワードを選ぶのがおすすめです。

まずは集客数を増やしたいという場合にはこのコンテンツに力を注ぐ必要があります。コンテンツ全体で一番数が増える事になるコンテンツです。

 

リピートさせる為のコンテンツ

 

 

せっかく検索の結果、多くの人が来てくれるようになっても、ライバルサイトと差のない当たり障りのない内容しかなければ、何度もそのページを確認するという人はいません。

その為、キーワードとしては非常にニッチであっても自分らしさ、個性、オリジナリティのあるコンテンツも多少は用意しておくのがおすすめです。それらのコンテンツに検索で来てくれた人は思考が近い人なので、定期的に読んでくれる可能性が高まります。

もちろん自分の色を押し出す事になるので検索結果はまちまちで、偶然検索されやすくなる場合もあれば検索されづらい場合もある事だけは理解しておく必要があります。

 

キーワードをピックアップする方法

 

ライバルサイトを調べる

 

 

一番分かりやすいのが自身のライバルとなるサイトを複数ピックアップし、確認するという方法です。気になるキーワードで検索してみて上位に表示されるサイトを確認し、何をキーワードにしているかを確認するだけです。

この時検索するキーワードは出来るだけ抽象的で1語、多くても2語までにしておきましょう。3語以上で検索をかけるとそもそもニッチなページが表示される事になります。

同時にその時表示されるサイトは検索上位を目指す上でライバルになるサイトなので、意識してそのサイトにはない要素を盛り込むようにすると検索上位に上がりやすくなります。

 

検索のサジェスト機能を確認する

 

 

PCでもスマホでも検索エンジンで1語何かを入力すると次に候補になるキーワードが表示されるのは見た事があるはずです。これが検索エンジンのサジェスト機能です。

このサジェスト機能は多く検索されている、或いは最近頻繁に検索されているワードを表示しているのでキーワードを決める上で1つの参考にできます。

ただし、このサジェスト機能にはその端末、ブラウザで自身が検索した結果も反映されてしまいます。これは検索結果も同様で、何度も開いているページは自分の検索エンジンでは上位に表示される事になっています。

その為、この検索をする場合にはそれら自分の情報を無視する事ができるシークレットモードにて確認する必要があります。

 

 

検索キーワードのリストアップツールを利用する

 

 

特定の検索キーワードに関連する検索としてどのような関連キーワードがあるかを教えてくれるツールというものが存在します。

メインテーマとなる1語目のキーワードで検索をかけ、上位に表示されるものほど検索している人が多い事になるのでテーマとしやすいです。

もちろん上位の物ほどライバルも多いので検索数が多い場合にはよりキーワードを具体的にする、数を増やすなどする必要があります。

 

検索上位に入る為のキーワードの選び方

 

自分が検索する立場になってキーワードを選定する

 

 

キーワードの判定をするのは検索エンジンですが、最終的にそのキーワードで検索し、そのページを訪れるのはユーザーです。逆にいえばどんな検索をするユーザーに来てほしいかを考えてキーワードを設定する事がそのまま検索結果の上昇に繋がると言えます。

キーワードの選定に悩むようなら自分だったらどんな時にこのページが出てくれたら嬉しいかを考えてキーワードを選ぶと、似たような問題・疑問を抱える人が訪れてくれやすくなります。

 

しっかりとした情報量を用意できるキーワードを選定する

 

 

いかに多く検索されているキーワードだったとしてもそのキーワードに関して自身が提供できる情報が少なくては意味がありません。

例え集客目的だったとしても他のサイトから切って貼り付けただけの内容では意味がありませんし、実際に体験して書いた情報に勝てるはずがありません。

読んだ人が納得してくれる情報量を提供できるキーワードを選ぶ事が結果的に検索結果の向上に繋がります。

 

キーワード選定は長く続け意識して書き続ける事が大切

 

 

これはSEO対策全体に言える事ですが、キーワード選定の場合においても初めてすぐに結果が出るというものではありません。長く意識して続ける事で初めてその結果が現れてくると言えます。

 

1語目には汎用性の高いキーワードを選ぶ

 

 

キーワードの1語目の選定は多くの場合そのサイトのテーマに直結します。なので多くの場合はサイトを立ち上げた時点、或いはその目的が決まった時点でおのずとキーワードは限られてくるはずです。

気を付けたいのは1語目には出来るだけ汎用性の高いキーワードを選ぶ事が大切だという事です。実際のお店などのサイトの場合にはジャンル、地域など幅広い検索キーワードに対応できるものを設定する必要があります。

 

まずは3語、4語で検索上位を獲得するのが大事

 

 

新規立ち上げ時、またはアクセス数に伸び悩んでいてキーワードの選定を行う場合、どうしても頻繁に検索されているキーワードを選んでしまいがちです。しかし頻繁に検索されているキーワードはその分、ライバルサイトもしっかりと抑えています。

検索エンジンでは基本的に多くのページが検索上位に表示されるようなページを上質なサイトとみなして上位に表示してくれるようになります。これをドメインパワーと表現しますが出来たばかりのサイトにはこのドメインパワーはありません。

その為、検索数が多い=ライバルサイトの多いキーワードでは到底既存のサイトには太刀打ちできません。

まずは3語、4語と検索キーワードを設定した時に表示される具体的な内容の物を増やしていくのがおすすめです。そうすると事でドメインパワーが高まり、より少ないキーワードでも上位に表示されるようになっていきます。

 

まとめ

 

 

キーワードの選定は現在のWebサイト制作において欠かす事のできない作業です。一朝一夕で成果のでるものではありませんし非常に手間のいる作業ですが、意識しなければ絶対的に成功はあり得ないと言えます。

キーワードの選定によってコンテンツの中身もおおよその方向性が決まりますし、その結果検索上位に表示されるようになって初めてより多くの人がページを閲覧してくれるようになります。

Webサイトを作るからには必ず目的があるはずで多くの場合、その目的を達成するにはより多くのアクセス数が必要となるはずです。

キーワード選定はそのままアクセス数を増やす事に繋がるので面倒くさがらず意識して取り組む事をおすすめします。

Lotus0

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
2+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。