アフィリエイト広告ってなに?仕組みから活用方法、その種類まで徹底解説!

「アフィリエイトっよく聞くけど何?」って思っている方多いと思います。簡単に言うとインターネット上の自分のページに企業の広告を出して、報酬をもらうというものです。「本当に大丈夫なの?」「どういう仕組みなの?」「そもそもアフィリエイトって何?」と思っている方のために、今回はアフィリエイトについて紹介していきます。

 

報酬が発生するまでの流れ

 

 

実際に報酬が発生するまでにはどのような流れが必要になるのでしょうか?

 

[1]ASPで掲載する広告を選択する

[2]インターネット上の自分のページに広告を掲載する

[3]自分のページを訪問した第三者がその広告を見てクリックして製品を購入する

[4]掲載した広告の広告主の利益が発生する

[5]広告主からASP経由で報酬が支払われる

 

上記のような流れになります。

基本的には成果が上がることによって報酬が生まれるものが大多数ですが、中には『1クリック○円』というような広告もあります。

また、扱うものは、モノばかりではなく、ノウハウなどの情報系やスマホアプリなんかもあります。

 

アフィリエイトの活用 入門編

 

 

アフィリエイト活用 まずは準備から

 

アフィリエイト広告での収入は確かに魅力的ですね。

しかも基本的にはインターネットの環境とパソコンさえあればできてしまいます。

感じ方によってはお手軽な感じに見えてしまうこともありますね。

しかし、始めるまでには入念な準備が必要になります。

準備するものは以下の通り。

 

・パソコン

・インターネットの環境

 

物理的な準備はこれで問題ありません。

そうしたらソフト面での準備をしていきましょう。

 

・インターネット上の自分のページ

・メールアドレスの取得

・ASPへの登録

 

ソフト面の準備はこれで大丈夫です。

「インターネット上の自分のページって何?」という質問が来そうですので先にお答えしておきます。

簡単に言うとブログなどのページです。

あなたの権限であなたの自由に情報を発信することができる場所だと言えばわかりやすいですかね…!

他にもYouTubeだったり、SNSだったりします。

※SNSでのアフィリエイトを禁止しているASPも多いので気を付けてください。

 

アフィリエイト活用 自分のページの運営をする

 

上記までの準備の中で、ASPへの登録の前に、インターネット上の自分のページを運営し始めることから始めましょう。

実はASPへの登録についても、審査があります。

審査基準はわかりませんが、運営していないページでは審査しようがなく、審査が通らないということがあるといいます。

ですので、ブログでもYouTubeでも構わないので、アフィリエイト用の自分専用のページを運用するところから始めてください。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

3+