【まとめ】Webマーケティングとは!?基礎知識から分析手法、おすすめの資格の種類まで徹底解説!

「Webマーケティングって良く聞くけども、いったい何?どういうこと?」「そもそもマーケティングって何?」という方、多いのではないでしょうか?実際に聞かれると答えられないものですよね。ビジネス用語的にも使われていますので、知っておいたほうがいいです。というわけで、今回はWebマーケティングについて解説していきます。

 

集客するために行うこと

 

 

では、『集客』するためにはどうすればいいのでしょうか?

 

大きく3つの方法があります。

『SEO対策』、『広告』、『SNSの活用』です。

順に説明していきます。

 

まずは『SEO対策』からです。

SEOとは、『Search Engine Optimization』の略で、検索エンジンでの検索結果を最適化することです。YahooやGoogleなどの検索エンジンで、自社が用意したページの露出が増えるために行うことです。

YahooやGoogleなどで検索した結果、検索結果が表示されたページの上の部分にあると、「自分が期待した結果が得られるページなのではないか」と思い、クリックをすると思います。

この通り、『SEO』はWebマーケティングにおいては重要な役割を担います。

 

また、この『SEO対策』は後述する『広告』とは違い、費用が掛かることはありません。この点でも『SEO対策』はメリットも大きいですし、Webマーケティングにおいて、行ったほうがいい施策といえます。

 

次に『広告』です。

スマホのアプリや、Web上の様々なページに広告が表示されているのを見たことはありませんか?これが広告です。

街や電車の中で、看板や広告をよく見ると思います。『広告』はWeb上でのこの役割を果たしています。広告には様々な種類があります。

成果が上がったら支払われる成果報酬型の広告や、最初から掲載料を取る広告、SNSに掲載する形の広告などが一例として挙げられます。

その広告の種類によって、狙いが変わってきますので、自社が狙うターゲットなどを意識して広告を活用していくと効果が得やすいと思います。

 

最後に『SNSの活用』です。

現代においてはTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSは情報発信の場や、トレンドを知るための重要なツールの一つです。自社のアカウントを持っている企業も少なくないのではないでしょうか?企業の認知度向上にも一役買っています。

 

また、SNSは個人と直接コンタクトが取れるという点でも優れています。距離感が近く、親しみを持ってもらえるという点でも大きなメリットになります。

 

Webマーケティングで重要なのは分析

 

 

『Webマーケティング』は、何をするのかということを、簡単ではありますがご理解いただけたのではないでしょうか。

紹介してきた内容は『Webマーケティング』においてとても重要な内容にあります。

しかし、それ以上にもっと重要なのは、『分析』です。

では、その『分析』は、なにが重要なのでしょうか?

 

分析をすることでより効果的なマーケティングに

 

分析とは、より効果的にマーケティングを行うための手法です。

ユーザーの男女比や住まいの地域、年齢層などを分析することで、どういった広告がターゲットに興味を持ってもらえるのか、どういったツールで情報を発信すれば認知度が高まりやすいのかなどを考えることができます。

実際に、やみくもに広告を出したりするだけでは、効果の薄いマーケティングになってしまう恐れがあります。効果的なマーケティングのためには、『分析』が必要不可欠であるということです。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

5+