【おすすめ5選】IT系の情報収集はこれだけ押さえておけば大丈夫!IT系メディア~技術系ブログまで幅広くご紹介!

IT業界で働く人にとっては、日々の情報収集は欠かせないものです。書籍やWebメディア、Twitterやキュレーションサイトなどで自主的に情報を集めている人も多いでしょう。今回は、IT業界で働く人、あるいは就職・転職を考えている人、単に面白いネタを探している人にもチェックしてほしいIT系メディア・ブログをご紹介します。

 

記事投稿して、IT技術の発展に貢献

 

 

他のユーザーの投稿を見るだけではなく、自身が記事を投稿することができます。投稿した記事には、他のユーザーからの「いいね」や、コメントが付くこともあります。情報共有とユーザー同士の交流が、このQiitaの特徴です。

 

こうしたエンジニアたちの交流が、IT技術の発展につながっていくと言っても過言ではありません。

QiitaはIncrements株式会社が運営しています。企業理念として「エンジニアを最高に幸せにする」というミッションを掲げており、Qiitaそのものの役割を表しています。

 

【3】 10カ国で展開しているガジェットメディア「GIZMODO Japan」

 

 

最新ガジェットのことならココをチェック

 

GIZMODO Japan(ギズモード・ジャパン)は「日本最大級のガジェット&テクノロジーサイト」と謳う超有名ブログメディアです。

 

世界中の最新ガジェットやテクノロジーに関する情報のほか、最近ではエンターテイメント、アート、デザイン、ヘルスケア、ファッションなども幅広く扱っています。記事のテイストも硬いものからネタっぽく気軽に読めるものまでさまざま。特に20~30代の男性から高い支持を得ているメディアです。

ガジェットのレビュー記事の評価が高く、新しいガジェットが発売されたらとりあえずGIZMODOをチェックしておけば間違いありません。

 

世界中で展開されるブログメディア

 

GIZMODOの本家はアメリカです。

ピーター・ロジャスが2002年に立ち上げたのが始まりで、日本語版のGIZMODO Japanは2006年にスタートしました。その際の立ち上げは株式会社インフォバーンが行ったものの、現在の運用は株式会社メディアジーンが行っています。

 

記事の7割は英語版を翻訳したもので、残りの3割が日本独自記事として配信しているようです。

GIZMODO Japanはアメリカに次ぎ2番目の人気を誇り、月間6,900PV、850万UU(GIZMODO Japan公式サイトより)を記録するなど、「日本最大級」と名乗っているのも頷けます。

 

【4】シリコンバレー発ニュースサイト「TechCrunch Japan」

 

 

スタートアップや自社イベントが武器

 

TechCrunch Japan(テッククランチ ジャパン)も、先ほど紹介した「GIZMODO」と同様、アメリカ生まれのブログサイトです。しかも、テクノロジーの最先端を行くシリコンバレーに本拠地があり、エンジニアにとっては信頼を寄せるのに、これ以上ない理由でしょう。

 

TechCrunch Japanの特徴は、テクノロジーの最新ニュースはもちろん、IT、Web系のベンチャー企業のスタートアップに関するニュースも配信しており、起業家、経営者のユーザーが多いというところでしょう。

ゲーム業界についての記事も比較的多く見られます。

 

また、同社が主催するイベント情報も配信しており、IT業界での人脈作りや技術の発信に大いに貢献しているメディアでもあります。

 

世界のBuzzをキャッチアップ

 

TechCrunch Japanはアメリカ・ベライゾングループのOath Japanによって運営されています。もとはアメリカのメディアということもあり、世界で通用する情報を多く発信しています。

日本だけでバズっているものというよりは、世界のバズを知ることができます。

 

Geekly Media ライター

小石川 あおい

5+