トリプルメディアを徹底解説!それぞれのメディアの特徴とそれらの関係性を 分かりやすくご紹介します!

企業がマーケティング戦略を立てる上で、メディア活用が欠かせない時代です。その背景には、検索エンジンのロジックが変わったことで、一時期主流となった被リンクによるアクセス数稼ぎが通用しなくなったことにあります。今回は「トリプルメディア」について、それぞれの持つ特徴と関係性を解説していきます。

 

自社の財産となる「オウンドメディア」

 

 

企業が自社で保有する媒体

 

さまざまな定義がされていますが、オウンドメディア(Owned Media)とは簡単に言うと「自社で保有する媒体」のことです。広義では、自社のパンフレットやWebサイト、それに付随する自社ブログなどもオウンドメディアに含まれることになりますが、Webマーケティング上の定義はもう少し限定されたメディアのことを指すことが一般的です。

Webマーケティングにおけるオウンドメディアの扱いは、商品やサービスを販売目的として直接的に売り込む内容ではなく、その企業が扱う商品やサービスに関するナレッジやソリューションを提供して自社を認知してもらう、間接的なプロモーションを行っているメディアを指している場合が多いです。

こういった情報を発信する手段として自社ブログやWebマガジンという形式をとっている場合もあります。

 

オウンドメディアは長期的な戦略に基づくべき

 

オウンドメディアで期待されるのは、その企業のブランディングや企業理解を深めてもらうこと。直接的な「売上」の見込みは、あくまでその後に付いてくるという考えです。

ペイドメディアでは果たせない、潜在顧客の深層にアプローチし、まずは企業を知り、興味を持ってもらうための、顧客接点の入り口とも言える役割を担っています。

直接的ではないがゆえに、即効性のあるものではありません。オウンドメディアは長期的な戦略に基づき、マイルストーンを描いていくことが必要です。

また、オウンドメディアは将来的に自社の「財産」になっていきます。自社ならではのナレッジやソリューションを蓄積していくことで、自社にしかない強みをより磨き上げていくことが可能になります。

 

オウンドメディア流行の背景

 

 

オウンドメディアはSEOと関連して語られることが多々あります。

SEO対策としてオウンドメディアを立ち上げる例もしばしば見られます。

オウンドメディアが注目を集めた背景には、検索エンジン、特にGoogle検索のアルゴリズムが変わってきたことも大きく影響しています。

従来のGoogle検索の対策として重視されていたのは、被リンク(バックリンク)の量だと言われています。当時のエンジンでは、Web上の情報の良し悪しが判断できず、被リンクされている数が多いものが「良質」だと判断されていました。

そのため、SEO対策として、いかに被リンクを増やすことができるかに注力されていた時期があります。被リンクを販売する企業や、被リンク用のダミーサイトを作成して意味のない被リンクを増やす悪質な例もありました。

その結果、ユーザーが欲しい情報が、検索でなかなか得られないという状況が生まれました。

この状況を悪しと見たGoogleが、被リンクによるコンテンツ価値の判断をやめ、

コンテンツの「質」を重視する方針へ動き出したのです。

現在では、Googleはユーザーがキーワード検索をした場合、ユーザーが期待している情報が掲載されているものを「良質」なコンテンツとしています。キーワードが全てではなく、その情報量やオリジナリティなどもアルゴリズム解析されているとも言われています。

そうした背景もあり、オウンドメディアにより良質なコンテンツを作り、

Google検索の上位表示を狙うという戦略をとることが、一般的になってきています。

 

Geekly Media ライター

小石川 あおい

4+