【まとめ】Web広告は6種類!気になる仕組みからその効果まで徹底解説!

今や人々の生活に欠かすことの出来ないスマートフォンやパソコン。スマートフォンやパソコンを介してWebに接続する際に表示されるWeb広告の市場はテレビ等の従来のメディアの広告を追い抜く勢いで成長しています。今回はWeb広告の種類とそれぞれの仕組みと効果について説明していきます。

 

仕組み

 

SNS広告はTwitterやFacebook、Instagramのタイムライン上に動画を表示したり、テキストや画像でPRしたい商品やサービスのホームページに誘導する仕組みです。各ソーシャルメディア上でフォローやシェアされたりクリック等に対して課金されるのが主流です。

 

効果

 

それぞれのSNSのプロフィールや投稿に適した広告が出稿出来る為、広告を出したいターゲットをピンポイントに絞れる効果があり、またSNSを使う若い世代への広告の宣伝力や拡散力は抜群な広告です。

SNS広告はターゲットを絞った広告が出稿出来る為、きちんと各SNSの特性を把握し広告の配信をしないと満足な効果が得られない結果になる恐れもあります。

 

動画広告

 

 

Youtube等のWebメディアで配信される動画形式で表示される広告を動画広告と呼びます。

 

仕組み

 

Youtube等の動画視聴や配信サービス、先程挙げたTwitter等のSNSやWeb上で商品やサービスをPRする動画を流す仕組みの広告です。動画を視聴される都度課金される仕組みが主流です。

 

効果

 

動画広告は文字や静止画だけでは伝えきれない商品やサービスの特徴を分かりやすくユーザーに伝えられる効果があります。その反面、動画広告は動画の制作費自体に多額の金額が必要になってきますので費用対効果を考えて制作、出稿する必要があります。

これから通信規格が5Gになり大量のデータがやり取りできるようになれば動画の視聴が今までよりもっと手軽で簡単なものになりますので動画広告のWeb広告の中での割合はもっと上がってきます。

実際大手広告代理店が動画広告の専門部隊を設けたり、スタートアップやベンチャーで動画制作、動画広告に関する会社が増えてきています。現在日本のWeb広告の8割はディスプレイ広告とリスティング広告に占められていますが、これからは動画広告がWeb広告のメインの広告になっていくでしょう。

 

Web広告のこれから

 

 

Web広告はテレビ広告費を抜く勢いで成長しています。若者のテレビ離れもあり接触する媒体がスマートフォンやインターネット介したものに移行していますのでWeb広告の重要性、効果がますます高まっていきます。

商品やサービスの特性にあったWeb広告を利用し宣伝していくのがこれからの時代の広告出稿の重要なポイントになっていきます。

 

その中でも現在モバイルに関するWeb広告費は1兆円規模に達する見込みでデスクトップ、PC向けのWeb広告はWeb広告の約3割とモバイルに関するWeb広告の割合が高まってきていますのでモバイル使用が多いSNS広告や5Gの時代になると動画広告がこれからのWeb広告で注目される広告になります。

またこれからもWebに関する新たな媒体や広告スタイルも出てくる可能性がありますのでWeb広告の移り変わりを見守っていく必要があります。

商品の魅力をより身近に伝えられるWeb広告をこれからも上手に利用していきましょう。

 

Geekly Media ライター

12+