ソーシャルゲームって結局なに?その仕組みやアプリゲームとの違いまでわかりやすく解説します!!

スマホの普及によりゲームはより身近なものになり、多くの人がゲームをプレイしたことがあると思います。そんなゲームには色んな種類があり、その中でも近年増えてきているソーシャルゲームとはどういうものかについて知っていますか?今回はソーシャルゲームについてその仕組みなどについて紹介していきます。

 

ソーシャルゲームとは

 

 

近年ソーシャルメディアがスマートフォンの普及とともに急激に成長しています。

そんなソーシャルメディアは、社会生活だけではなくビジネスにも必要不可欠なものとなってきています。

それはゲーム業界も同じでソーシャルゲームというジャンルが大きく注目を集めており、市場もどんどん拡大していっています

 

ではそんなソーシャルゲームとはどういうものの事を言うのでしょうか?

 

そもそも「ソーシャル」とは?

 

 

LINEやTwitterなどが浸透したことによって、ソーシャルという言葉はよく聞くようになりました。

しかし、実際にソーシャルとはどういう意味を持っているかについて知っていますか?

連絡をしたり、友達の輪を広げるコミュニケーションツールであるという認識だけではブ十分です。

そもそもソーシャルとは「社会的な」「社交的な」という意味を持つ英語のことで、近年は社会的な人と人とのつながりから生まれる価値ある情報を見いだし、共有していくという意味で使われています。

 

つまり、単にコミュニケーションツールというだけではなく価値ある情報を見いだし、ビジネスなどに活かすという面もあるのがソーシャルという言葉なのです。

 

ソーシャルゲームとは?

 

 

では本題のソーシャルゲームについてですが、ソーシャルゲームが他のゲームと大きく違う点はプラットフォームがSNS(ソーシャルネットワークサービス)にあることです。

ソーシャルゲームをプレイするにはまず、LINEやFacebookなどそのゲームに対応したSNSに登録することが必要になります。

SNSをプラットフォームにしてゲームをする事によって、SNS上の友達と簡単に一緒に遊ぶことができるという点が大きな違いと言えます。

 

そのため、個人で遊ぶというよりはユーザー同士で遊ぶという要素が強く、ランキングを競う・アイテムを奪い合う・トレードするなど収集要素が強いゲームが多い傾向にあります。

 

アプリゲームとは違う?

 

 

アプリゲームもソーシャルゲームと同じでスマホの登場とともに急激に成長したゲームなので、同じものであると勘違いされている方も多いかと思いますが、実は違います。

その違いは、プラットフォームがSNSにあるか単一のアプリとしてゲームであるかの違いです。

ソーシャルゲームはプラットフォームがSNSにあるので、SNSにアクセスしてプレイをしますが、アプリゲームは端末に一つ一つゲームをダウンロードして遊ぶというイメージです。

 

アプリゲームはダウンロードするだけで、簡単にプレイすることができるので消費者が手軽にプレイすることができ、生産者側も流通コストや開発コストを抑えることができるので手軽に開発・提供する事ができるゲームとして爆発的に市場が拡大しました。

 

基本無料でプレイできるのは何故?

 

基本プレイ無料

 

ソーシャルゲームをプレイしたことがある人は知っていると思いますが、ほとんどのゲームが基本プレイ無料となっており、最初にソフトを買う必要がなく無料でプレイすることができるのです。

では何故無料でプレイすることができるのでしょう?

それは追加要素として課金システムを採用しており、一部のプレイヤーが課金をする事で利益を得ているためです。

 

無料でプレイできると発信する事でより多くの人にプレイしてもらうことができ、プレイしてから課金するかどうか決めることができるので、気に入ったものにお金を使うことができます。

 

Geekly Media ライター

1+