【徹底比較!】Illustrator vs Photoshop!両者の違いから使い方まで分かりやすく解説します!

IllustratorとPhotoshopはどちらが優秀なのか?グラフィック関連のことについて学びたいと思ったら必ずどちらかは学ぶことになるでしょう。今回は双方の良いところや違い、使い方までを解説していきたいと思います。特にデータ形式に違いがあるため業種によって、使い分けされています。どっちも同じなんじゃないの?と思っている場合は読むことを推奨します。

 

Illustratorとは?

 

 

IllustratorとはAdobe社が提供しているグラフィック作成ツールであり、世界中のデザイナーから愛用されています。Adobe社はAdobe BridgeやAdobe Flash Proffesional、Adobe Flreworksなどのツールも提供しており、Illustratorとの連携が可能です。また、Microsoft Officeとの連携もでき、パワーポイントやワードなどの文書で表示・印刷が可能な点にも注目です。

Illustratorは1987年に初めて登場し、WindowsやMacを中心にリリースしてきました。バージョンは23まで進んでおり、バージョンアップごとに機能が追加され、現在のように多くのデザイナーから使われるようになっています

 

Photoshopとは?

 

 

Illustrator同様、Adobe社から提供されている画像編集ソフトウェアです。こちらも世界中のデザイナーから愛用されており、特に画像編集において強力なパワーを発揮します。2Dデザインを制作するうえで、なくてはならない存在ともいわれており、多くの業種・業界で使用されています。

Photoshopは1990年に初めてリリースされました。バージョン2.5からはWindowsにも登場し、以降はWindowsとMacを中心に対応されています。2017年ではバージョンが19となりました。類似ソフト(フリーソフト含む)がある中でも、多くのデザイナーから絶大な支持を得ており、Photoshopのソフトとしての強力さがわかります。

 

IllustratorとPhotoshopの違いとは?

 

 

同じAdobe社が提供していますが具体的な違いはどこにあるのでしょうか?代表的な違いとして画像のデータ形式にあります。Illustratorがベクター画像であるのに対し、Photoshopはピクセル画像です。まずはそれぞれがどのようなものかを知っていきましょう。

 

ベクター画像とは?

 

ベクターとはベクトルのことを指し、データ上でベクトル情報としてまとめているものをベクター画像といいます。情報量として必要なのは「点の位置」「どの点と結ぶのか?」「指定された色」になります。後述するピクセル画像よりも情報量が少ない利点があります。

ベクター画像の最大の特徴は拡大しても画像が荒くならないことです。ベクター画像の場合はベクトルによるデータ管理なので、拡大縮小しても画像が荒くなりません。この利点からIllustratorを使っている方も多く存在します。

 

ピクセル画像とは?

 

ピクセル画像とはピクセル1つ1つを管理しているデータ方式のことを指します。イメージとしては古いかもしれませんがファミコンのドット絵を思い浮かべれば想像しやすいかもしれません。ピクセルとは画素のことを指し、デジタル画像においての最小単位です。1ピクセルごとに色の情報を持つので、ベクター画像よりもデータ量が多い特徴があります。

また、1ピクセルごとに色の指定ができることから、陰影をつけたり繊細な色遣いをすることが可能です。ただし、拡大縮小には弱く拡大縮小をすると画像が荒くなる性質を持っています。

 

まとめると

 

拡大縮小するならIllustratorが有効であると覚えましょう!この項目ではIllustratorのほうが優れているようになってしまいますが、次の項目ではIllustratorとPhotoshopの得意なものについても言及しますので見ていきましょう。

 

IllustratorとPhotoshopのそれぞれの得意なものは何?

 

 

どちらも古くからリリースされており、多くの利用者が存在します。古くから愛されているということは何かしらのメリットがあるためです。それぞれの得意なものを見ていきましょう。

 

レイアウトを組みやすいのはIllustrator

 

それぞれの違いで出てくるのは画像のデータ形式だけではありません。Illustratorはレイアウトに関する機能や使いやすさに長けています。たとえばDTPデザインを例にします。DTPデザインとは紙面デザインとも呼ばれており、レイアウト技術が重要視されます。たとえば本の表紙を作成する場合などを想像すればわかりやすいのではないでしょうか?本のタイトルをどこに配置させるか?どんな大きさにするか?キャラクターやロゴをどこに置くのか?などを効率よくできるのがIllustratorなのです。

 

絵のタッチ感や加工ならPhotoshop

 

Photoshopの最大の特徴はピクセルごとに情報を持たせられることです。クレヨンや絵の具などの効果の機能もあり、さまざまな場面で使うことができます。また、加工技術にも長けており、写真を白黒にしたりセピアにしたりすることも容易にできます。アーティストや写真加工をする人から主に支持を受けていることもわかるかと思います。

 

Geekly Media ライター

gibson

3+