カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Web・ゲーム
  4. 【徹底比較】Unity vs Unreal Engine!どう違うの?ゲームエンジンの説明からメリット・デメリットまで解説します!
  • Web・ゲーム

【徹底比較】Unity vs Unreal Engine!どう違うの?ゲームエンジンの説明からメリット・デメリットまで解説します!

ゲームの開発ツールとして、UnityとUnreal Engineなどのゲームエンジンは非常に人気で、個人の製作現場から大手企業まで様々な形で使用されています。そんなゲームエンジンですが、そもそもどういったものか?どのような使われ方をしているのでしょうか。本記事ではそんなゲームエンジンについてメリットやデメリットをご紹介します。

ゲームエンジンとは?

 

 

ゲームエンジンとは、名前の通りゲームを動かすためのエンジン的な役割を持つ開発環境です。ゲームで使用される共通の処理をまとめて開発に使用することを可能にしており、コンピューターゲームの総合的な開発環境として多くの人が利用しています。

昔のゲームエンジニアは、それぞれの会社や個人が自作でアルゴリズムを製作していたため、一からゲームを作成することが非常に大変でした。ところが、過去に作成されたアルゴリズムを元に開発したり、オープンソースでライブラリーとして共有されたりする中で、同一の環境でオブジェクトを製作したり、視覚的にデザインを変更する追加することで、ゲームの開発に関わる総合的な環境を作ろうという動きが生まれゲームエンジンが誕生しました。

 

Unity

 

Unityとは

 

 

Unityはアメリカのユニティ・テクノロジー社が運営しているゲームエンジンで、2Dはもちろんのこと、3Dのゲームを手軽に製作することが可能です。また、製作したゲームを実行できる段階までUnity上で行うことができるため、ゲームエンジンの枠を超えた超総合的な開発環境となっています。

白猫プロジェクトやPokémon Go などを始めとする多くの有名な作品にも採用されています。

プログラミングができない人でも視覚的にキャラクターを操作したり、デザインを変更したりすることが可能です。よりこだわって動きを調整したい場合は「Javascript」「C#」「Boo」の3つの言語で操作することができるため、簡単な製作物から本格的な物まで幅広く対応してくれます。

 

Unityのメリット

 

様々なプラットフォームに対応

 

 

様々なプラットフォームで出力することが可能で、Unityの公式によるとモバイルやVR機器、デスクトップなど合わせて24のプラットフォームに対応しています。

 

・モバイル向け

Universal Windows Platform,  iOS,  Android

 

・VR/AR向け

Google Cardboard Android & iOS,  Oculus,  Steam,  Playstation VR,  Gear VR,  Windows Mixed Reality, Daydream, Apple ARKit,  Google ARCore,  Vuforia

 

・デスクトップ向け

Windows,  Mac,  Linux,  Universal Windows Platform,  Facebook Gameroom

 

・コンソール向け

PS4,  XBOX,  3DS,  Nintendo Switch

 

・Web向け

WebGL

 

このように一度作成さえすれば、様々なプラットフォームで自分のゲームを動かすことができます。

 

豊富なアセットを提供するストア

 

 

Unityでは開発者が自身で作成したアイテムやキャラクター、アニメーションやスクリプトといった素材を販売・提供することができるストアが有り、その量が非常に豊富なため自分で作成しなくても簡単に素材を手に入れることができます。

大半が有料で提供されていますが、無料で提供されている物もあるので素材で困ったら確認してみると効率的に製作することが可能になります。

 

無料で使用することができる

 

 

Unityには無料で使用することができるPersonal版が提供されており、収入や資金が10万ドルを超えない人はこれを利用することが出来ます

大々的な製品化を目指していないのであれば無料版でもかなり充実した機能を使用することが出来るため、ゲームの開発初心者にとってはかなり有難い製品設計になっています。

個人で本格的に開発したいという方向けには月25ドルの年間プランが、チームで開発したい方向けには月125ドルのプランが提供されています。

 

Unityのデメリット

 

 

Unityに大きなデメリットは無いのですが、強いて挙げるのであればその充実性が故にアプリケーションの起動が遅かったり、編集画面に英語が頻繁に使われていたりすることが挙げられます

とはいえ、日本語のプラグインをインストールすれば日本語化出来ますし調べれば簡単に理解できる英語が多く使用されているため、プラグインさえすれば簡単に利用できます。

 

Unreal Engine

 

Unreal Engineとは?

 

 

Unreal EngineはアメリカのEpic Games社が開発したゲームエンジンで、1998年にUnreal Engine1を発表してから現代まで多くの企業が採用しています。プログラミングの知識が無い人でも直感的にゲームを製作することができるブループリント機能が入っており、簡単に製作活動を行うことが出来ます。

日本のゲームだと、「鉄拳」や「キングダムハーツ」などがUnreal Engineを利用してプロダクト製作を行なっています。

 

Unreal Engineのメリット

 

ハイクラスのグラフィック性能

 

 

Unreal Engineの最大の特徴はその高性能すぎるグラフィック性能です。自然を描いたグラフィックでは、木の幹、繊維や苔などが実写に見えるほど綺麗に出来上がっており、それを利用して映画を製作する会社も現れています。

Unreal Engineでは、凄く綺麗なポストプロセスが標準で搭載されており、普通に製作するだけで勝手に綺麗なオブジェクトや背景を製作してくれます。兎に角綺麗なグラフィックの作品を作りたいというのであれば Unreal Engineがおすすめです。

 

基本完全無料

 

 

Unreal Engineは全ての機能を無料で使用することが出来るという超太っ腹な設定になっています。2014年以前は月々2,300円を支払う必要が有りましたが、2015年以降誰でも無料で使用することができるようになりました。

その代わり、Unreal Engineを使用してゲームを製品化し販売した場合にその5%をロイヤリティーとして徴収するという形になりました。

 

今後のアップデートについても全て無料で行うことが出来るため、興味を持ったらすぐに使用することが出来ます。

 

ソースコードが全て読める

 

 

Unreal EngineのソースコードはGitHub上で公開されており、誰でも内容を全て見ることが出来ます。

これにより、どのような実装をしているのか、どのように動いているのかを確認できるため技術に興味がある人にとっては嬉しいことの一つでしょう。

 

Unreal Engineのデメリット

 

 

Unreal Engineはハイクオリティーなグラフィック性能と高品質なプラグインを用意していながら誰でも完全無料で使用できるという凄い利点が有るため、これから作品を作ってみたいという人にとっては大きな門出が開かれています。

しかしその一方で、今後製品をUnreal Engineで作成する場合は売り上げの5%をロイヤリティーとして支払う必要が出てきます。これは4半期毎に3,000USDを超えた場合に徴収されるため、本格的に製品化し収入が毎月1,000USDを超えた際などは、年間のライセンス料は600USD~と売り上げが多ければ多いほど高額になってしまいます

 

高額になる場合は企業様に独自のライセンス契約を結ぶ方法もある様ですが、Unreal Engineでは人気の製品を作れば作るほどライセンス料が高額になる方式になっています。

 

Unity と Unreal Engineの違い

 

 

ここまでUnityとUnreal Engineの特徴やデメリットを紹介してきて分かる様に、それぞれに多少ですが違いがあることが分かると思います。

例えばUnityは日本語での説明や記事が充実しており、日本における開発環境においては手軽に始められますが、Unreal Engineの場合は主に欧米で使用されていることが多いため日本語の資料を探すのが多少大変です。それゆえ、Unityではモバイルゲームが多く、Unreal Engineではよりグラフィックにこだわった作品が提供されているように感じます。

また、Unityの機能を無料で使用できることに対抗して、Unreal Engineでは全ての機能を基本使用料無料で使用することができる様になりましたが、Unityが一定の機能を有料版から解放しているのに対して、Unreal Engineの場合は売れるゲームを製作した場合に5%のロイヤリティーを徴収する仕組みを採用しています

 

上記の点から簡単に両者の違いを説明すると、手軽に始めてみたいのであれば日本語の資料が多く揃っているUnity、とにかくハイスペックなグラフィックや性能を求めるのであればUnreal Engineを選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

 

 

昔はゲームの開発を行う場合、一からコーティングやデザインなど行う必要が有りましたが、現在はゲームエンジンが有るため、初心者の人でも気軽に「ゲームを作る」体験に触れることが出来る様になりました。

もちろんよりこだわったゲームを作りたいのであれば技術や知識は非常に大切ですが、今回紹介したUnityやUnreal Engineは無料かつ簡単に始めることが出来ます。まずはダウンロードしてゲーム製作の一旦に触れて見るところから始めてみてはいかがでしょうか。

とげみ

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
4+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。