アフィリエイトとSEOの関係性を徹底解説!そもそもの違いから注意すべきペナルティまでご紹介します。

ネットビジネスについて調べていくと頻繁に目にする言葉にアフィリエイトとSEOがあります。多くの場合併用して登場するこの2つの関係性がイマイチ理解出来ないという人も多くいるのではないでしょうか?今回はアフィリエイトとSEOを関係性から違い、扱う上での注意点やペナルティなどを紹介していきます。

 

ペナルティとなりやすいアフィリエイトサイトとは?

 

アフィリエイトリンクだらけのサイト

 

 

収益を上げる事を考えたらどうしてもアフィリエイトのリンクの数を増やしたくなりますが、アフィリエイトリンクを増やすとペナルティを受けると言われています。

元々Googleなどでは自身のアフィリエイトであるアドセンスなどでも1つのページに記載して良いリンクは3つまでの制限をしていたりとあくまでも記事がメインになる構成をするようにという形になっていました。

またアフィリエイトリンクで表示される画像もコンテンツの一部と判断しているので、アフィリエイトリンクの画像に規約に違反する内容が表示されてペナルティという場合もあります。

 

パクリサイト

 

 

上記のアフィリエイトリンクだらけのサイトの最悪な形が他のサイトの内容をそのままパクって切り貼りしただけのパクリサイトです。

アフィリエイトリンクを張る事が目的であってもパクリサイトと判断されればペナルティを受ける事になります。

実際にはパクリサイトでなくても内容にオリジナリティがなければパクリと判断されてペナルティを受ける場合もあります。

 

何もしなくても突然ペナルティになることもある?

 

 

多くの検索エンジンで、ペナルティの判断は機械が自動的に行う自動判断と、人が目で見て判断する手動判断の2つの判断の元で与えられています。

上記の2つのペナルティは自動判断が多いですが、手動判断の場合、それまで全然問題なかったのに突然NGになってペナルティを受けたという場合も起こりえます。

また自身では何もしていなくても外部からの要因で結果としてペナルティを受ける場合もあります。

スパムアクセスが異常に多いサイトなどは自身が何もしなくても起こり得るペナルティなので対応策を練るなどしなければいけません。

 

ペナルティになるとどうなる?

 

検索順位が下がる

 

 

軽度なペナルティであれば検索で表示される優先度が下がるだけで済みます。もちろんアフィリエイトサイトの場合、これだけでも十分に致命的ではありますが、ペナルティを解消できれば再び浮上する可能性を残しています。

ただペナルティの解消には自身が規約に違反していない事を証明したりしなければならず膨大な労力を使う事になるのは間違いありません。

 

最悪の場合は検索に表示されなくなる

 

 

最悪のペナルティは悪質なサイトと判断されて検索に一切表示されなくなる事です。ここまでいってしまうと基本的にはペナルティの取り消しはなく、今後検索に表示される可能性はほぼないと言えます。

そのサイトは大人しく諦め移設するなり、閉鎖するなりする必要があり、いずれにしても非常に重苦しい空気になってしまう事は間違いありません。

 

まとめ

 

 

アフィリエイトは自身の運営するサイトに広告を張る事で収益を得るネットビジネスの一種です。そしてより自身のサイトを見てもらう為に行うのがSEOという関係で、アフィリエイトで成功する為にはしっかりとしたSEO対策を心掛ける必要があります。

SEO対策は月日で変化するのでアフィリエイトを行うのであれば普段書いているテーマと並行して日々SEOの知識を蓄えておく事も必要になります。

間違ったアフィリエイトリンクの貼り方、SEO対策をしてしまうとペナルティを受け最悪の場合は検索結果に表示されなくなるなどそれまでの努力が無駄になってしまう場合もあるのでペナルティには気を付けながら上質のページを作り上げて行く必要があります。

Geekly Media ライター

Lotus0

4+