カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Web・ゲーム
  4. CMSとは??導入によるメリットから具体的なサービスまで分かりやすく解説
  • Web・ゲーム

CMSとは??導入によるメリットから具体的なサービスまで分かりやすく解説

多くのメディアやWebサイト運用で用いられているCMS。コストの削減やコンテンツの更新頻度の向上、さらにはより自由度の高いデザインを実現できるなど、これからメディアなどを運営する人にとってはまさに必需品です。今回はそんなコンテンツ管理システム、通称CMSについて、わかりやすく丁寧に解説していきます。

CMSとは

 

 

CMSとは「Contents Management System」の略称であり、日本語では「コンテンツ管理システム」と呼ばれます。

これまで、自身が発信するためには固定されたブログサービスにアカウントを作り、ブログを更新するという手法が一般的でした。

あるいは、企業が自社サイト(オウンドメディア)を持つためには、プログラミング技術やITに精通した社員を持つか、専門業社に依頼をするかという選択肢でした。

しかし現在では、ブログサービスのプラットフォームそのものを自ら手軽に構築できるサービスが主流です。

インターネットによる情報収集が当たり前になった現代では、独自のオウンドメディアを持つのは個人だけではなく、企業にまで普及しています。

導入が簡単かつ安価で、導入後の運用も自分たちで比較的簡単に行うことができるCMSは、今やオウンドメディアにとってなくてはならない存在なのです。

 

代表的なCMS

 

オウンドメディアを手軽に構築できるCMSとして、代表的なものを紹介します。

 

【WordPress】

 

 

WordPress(ワードプレス)の名前は誰もが聞いたことがあるのではないでしょうか。WordPressは、独自で手軽に構築・運用できるCMSの代表です。

世界でもNo.1のシェアを誇り、レンタルサーバーなどでも利用できる基本的なサービスのひとつです。

WordPressは無料で利用できるため、ブログを構築するならばとりあえずWordPressを導入すれば、思いつくほとんどのことが実現できます。

プラグインも豊富なため、必要な機能は後から導入できます

公式サイト:WordPress.org 日本語

 

 

【EC-CUBE】

 

 

EC-CUBE(イーシーキューブ)は、ネットショップを構築するためのオープンソースです。

インターネット上にネットショップを開きたい場合は、EC-CUBEを利用すればできます。

EC-CUBEは株式会社ロックオンが提供するオープンソースで、ECサイトに必要な機能は全てそろっています。

もちろんカスタマイズも可能ですし、プログラミング知識も必要ありません。

従来ならばECサイトを構築する際には時間とコストがかかっていましたが、EC-CUBEで構築すれば無料かつすぐにネットショップをオープンすることが可能です。

公式サイト:EC-Cube

 

 

【Drupal】

 

 

Drupal(ドルーパル)は世界的な採用実績も多く、非常に評価の高いCMSです。Drupalで構築すれば、一つのページで複数の言語に対応できるのも大きな特徴です。

また、Drupalでは大規模なwebサイトの構築にも向いており、拡張性も非常に高いことで知られています。

唯一の難点としては、WordPressに比べると情報が非常に少なく、誰もが簡単にあつかえるというわけではありません。ある程度のプログラミング知識やIT知識を必要とするCMSです。

公式サイト:Drupal 日本サイト

 

CMSの具体的なサービス

 

 

サイト構築

 

CMSは、何よりも“構築が簡単”という特徴があります。オウンドメディアを始めようと思えば、その日から運営することも可能です。

インストール自体も、レンタルサーバーなどでは今やワンクリックで必要最小限のプラットフォームが全て整うほどです。

導入したい機能がある場合には、膨大なプラグインから選んでインストールすることもできますし、少しでもわからないことがあれば、インターネット上に豊富な情報を見つけることができます

CMSは、オウンドメディア導入という敷居を一気に下げたサービスなのです。

 

サイト更新

 

CMSは「コンテンツ管理システム」という名称の通り、コンテンツを簡単に効率よく運用することができます

構築も簡単ならば、管理も簡単です。特にサイトの更新は、インターネットを通したCMSの画面にコンテンツ(文章など)を直接入力するだけです。公開もボタンのクリックだけで済みます。

操作は(WordPressを例とすれば)比較的簡単ですので、簡単なマニュアルすらすぐに不要になるでしょう。

オウンドメディアの肝は更新頻度です。しかし、サイト更新が簡単ならば更新も高頻度を保つことが楽に実現できるのです。

 

スマートフォンサイトの自動生成

 

ほとんどのCMSでは、スマートフォンサイトが自動生成されます。ですので、利用者が意識することなくスマートフォンサイトが自動生成されるのです。

最近では、PCよりもスマートフォンが主に利用されます。スマートフォンは持っているけどPCは持っていないという層も増えてきました。

CMSも時代に応じて進化しており、PCで更新したページを自動的にスマートフォンサイトへ変換する機能も有します。

 

SNS連携

 

スマートフォンが普及するとともに、日常的にSNSを利用する場面も増えました。そして、情報取得方法としてもSNSは大いに活躍しています。

ですので、情報を流すならばSNSは欠かせないツールなのです。

CMSはもちろん、SNSと連携する機能があります。コンテンツ投稿と同時にTwitterなどに投稿する機能や、コンテンツを視聴したユーザーが自身のSNSに共有するためのボタンなどです。

CMSでオウンドメディアを運営することで、同時にSNSにも連携して情報を拡散することが可能なのです。

 

CMS導入のメリット

   

プログラミング知識が不要

 

CMSは、必要な機能がすでに揃っているパッケージです。CMS(例えばWordPress)をインストールするだけですぐにメディアを始められます。

CMSがどのような仕組みで動いているかなどは、理解する必要がないのです。

スマートフォンがどのような仕組みで通信し、どのような仕組みでアプリケーションが動いているかを意識せずに利用できるのと同じですね。

プログラミング知識がなくても、すでに完成されたプラットフォームをほぼワンリックで導入できるのがCMSなのです。

 

導入コストを削減できる

 

オウンドメディアを構築する場合、以前はITに精通する人材を確保するか、あるいは専門企業へ依頼するかという選択肢でした。

しかしそれには、莫大な開発コストだけではなく、それらを運用するためのランニングコストも意識しなければなりませんでした。

しかし、CMSは誰にでも構築できます。オープンソースのCMSならばほぼコストはかかりませんし、運用に関してもインターネットで情報を得られますから、専門職を雇用するというランニングコストも不要です。

※もちろん、レンタルサーバーなどのランニングコストはかかります。

CMSの登場により、オウンドメディアはコストを気にせず手軽に始められるサービスへと進化したのです。

 

必要なのはインターネットとPCだけ

 

CMSの導入から運用・保守までに必要なのはインターネットとPCだけです。その他、物理的なサーバーや専門技術者、プログラミング知識も必要ありません。

ですので、インターネットとPCを標準的な設備として持つ企業ならば、どのような環境からでもCMSを導入することは可能ですし、極論を言えば人員も一人いれば十分なのです。

唯一必要なのは、技術者ではなくコンテンツ作成者ですね。

 

情報量の多さ

 

インターネットが普及した現代では、わからないことのほとんどの情報をインターネット上で調べることができます。

それはCMSについても例外ではありません。もちろん、提供されている情報の言語に偏りがあるもの(英語での説明が多いCMSなど)もありますが、ほとんどの場合インターネットで調べれば必要な知識は得られます

CMSも今やインターネット上のメディア作成には欠かせないポジションとなっていますので、多くの情報が無料で手に入ります。

 

CMSのデメリット

   

使い方を学習する必要がある

 

CMSは非常に簡単に、そして低コストで導入できるものですが、使いこなすまでにはある程度のオペレーションを覚えなければなりません

これは、どのような業務にも、どのようなモノにも言えることですのでデメリットというには弱いですが、コンテンツを発信するという意味では、オペレーションミスが無いように、マニュアルを作るなどの対応が必要な場合もあります

 

自由度が低い

 

CMSを導入すると、すぐにメディア運用をはじめられますが、デザインや使用範囲は導入したCMSに依存します。

CMSはあくまでもプラットフォームですので、決められた範囲の中でのデザイン変更や機能拡張はできますが、自由に開発したシステムではありませんので、細かいシステムの動作などをカスタマイズすることは難しいのです。

とはいえ、メディア運用で必要と思われる最低限の機能は全てそろっていますし、プラグインという拡張機能もありますので、デメリットと言えるほどのインパクトはないはずです。

 

まとめ

 

 

CMSは、安価にかつ簡単に独自メディアを構築・運用できるシステムです。WordPressなどのオープンソースであれば、システム自体には一円もコストがかかりません。

システム全体を理解する必要もなく、習得するのは簡単なオペレーションだけです。今インターネット上にあるサービスサイトは、CMSを利用したものが非常に多くなっています。

これだけ利用者にメリットがあるCMSについては、深いCMSの知識を有する技術者にとっても需要が高まるチャンスかもしれませんね。

佐久森

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。