CMS(コンテンツ管理システム)とは!導入によるメリットから具体的なサービスまで、わかりやすく解説!

多くのメディアやWebサイト運用で用いられているCMS。コストの削減やコンテンツの更新頻度の向上、さらにはより自由度の高いデザインを実現できるなど、これからメディアなどを運営する人にとってはまさに必需品です。今回はそんなコンテンツ管理システム、通称CMSについて、わかりやすく丁寧に解説していきます。

 

失敗しないCMS選びのポイント

 

スマートフォンに対応してる?

 

 

先程の部分では代表的なCMSをいくつか紹介しましたが、CMSは決して知名度などで選んではいけません。同じCMSでも機能や使い勝手などは異なります。自分のWebサイトの目的などに合わせたCMSを選びましょう。

特にブログなどのメディア系のWebサイトを運営する場合、きちんとスマートフォン表示に対応できるかを確認しましょう。ここ最近はパソコンよりもスマートフォンでブログなどを読むという人が増えています。少しでも多くの人に読んでもらうには、スマートフォン表示に対応しているかが重要になります。

 

SEO対策はしっかりしてる?

 

 

自分のWebサイトを宣伝する方法としては、TwitterをはじめとするSNSがあります。しかしそれよりも確実なものとして、SEOがあります。SEOというのは検索エンジン最適化のことであり、よくグーグルなどで何かを検索すると、検索結果の上の方に公式Webサイトが出てくることがあります。これがSEOです。

SEOに関する対策としてはいくつかありますが、根本的な部分になるとCMSが重要になります。もちろんコンテンツ制作の時点でSEOを意識したものを心がけることが一番ですが、より強固なSEO対策をするには、SEOに比較的強いCMSを選びましょう。

 

メディアを作るならCMSを導入せよ

 

今回は多くのWebサイト運用で用いられているCMSについて、わかりやすく解説しました。

 

企業×オウンドメディアの動き

 

副業が解禁となった現在、多くの人がブログなどのWebサイトを開設して運用しています。そしてその一方で、企業も独自のオウンドメディアを展開するようになりました。一昔前まではひたすら広告などを出して宣伝していましたが、最近ではメディアとセットで企業を宣伝する、というところが増えています。

そのような動きが増えてきた理由として、CMSがより使いやすくなったことが挙げられます。専門的な知識がなくても手軽にホームページを作成できるCMSは、企業にとって新たな宣伝手段のきっかけでもあります。

 

まとめ

 

 

CMSによって多くの人が気軽にブログなどを始めるようになりました。しかしその一方で、先月のグーグルによる検索アルゴリズムの変更によって、多くのメディアやブログに悪影響を及ぼしました。

確かにCMSはホームページ作成や運用に必要なものは揃っています。中にはSEOに強いCMSもあります。しかしそのようなCMSを用いても、ときにはアクセス数や売上が激減してしまうこともあります。もしもこの記事をきっかけにメディア制作をしようと考えた人は、どれだけ良いCMSを使ってもそのようなことが起こるということを覚えておきましょう。そして、自分が制作したWebサイトに愛情を注ぎ込んで運営しましょう。扱いやすいCMSは、あなたのサイトにかける愛情をサポートしてくれます。

Geekly Media ライター

どーばー

0