カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Web・ゲーム
  4. 【徹底比較!】正社員 vs 契約社員!両者の違いからメリット・デメリット含めて分かりやすく解説します!
  • Web・ゲーム

【徹底比較!】正社員 vs 契約社員!両者の違いからメリット・デメリット含めて分かりやすく解説します!

社会に出て働くと言われて真っ先に思い浮かぶのが正社員として就職するという道です。しかし最近では契約社員という形でしか新規採用をしていない企業も増えています。ただ正社員と契約社員の違いが分からないという人も多く困惑する人も多いです。今回は正社員と契約社員の違いや双方のメリットデメリットについて説明していきます

 

そもそも契約社員とは?

 

 

働き方の方法として最も知られているのが正社員とアルバイトです。特に社会人として生活しようと思うとどうしても正社員を連想する人が多いはずです。

そもそも正社員とは他の契約形態との違いから雇用期間を定めない雇用方法と言われています。本人が退職を希望する、会社が倒産してしまうような事が無い限り働き続けられるのです。

 

それに対して契約社員とは一定期間毎に契約を更新する雇用方法です。契約更新のタイミングで契約を継続するか、破棄するかを双方の話し合いによって決める事が出来ます。

 

ちなみに同じような仕組みを持つ雇用方法として「派遣社員」がありますが契約社員が働く企業に直接雇われるのに対し派遣社員はあくまでも派遣会社の社員という違いがあります。

 

つまり契約社員とは一定期間毎に契約を更新を更新する企業に直接雇われている雇用方法という事です。

契約社員は他に「準社員」「有期契約労働者」「非正社員」などと言われる事もあります。これらは会社によってどのように使っているかが異なり会社によっては並列して使われている事もあります。

 

基本的には契約内容で変更される事が多いですがそれらの契約内容に関しては会社毎に違いが大きい部分で明確な区分けはされていません。

 

待遇面における契約社員と正社員の違い

 

雇用の安定

 


 

正社員最大のメリットと言えるのが雇用の安定です。本人が希望したり社会的に問題になるような行動をしない限りクビになるような事はありません。雇用が安定するという事は収入が安定するという事なのでそれだけ安心した生活を送る事が出来ます。

 

一方で契約社員の場合、働き方や能力次第では契約更新の際に会社に契約を打ち切られてしまう可能性があります。どれだけ能力を持っていても、現在の仕事内容が気に入っていても会社の資金繰りが苦しい時にはなかなか契約更新してもらえません。

もちろん契約期間中に一方的に契約を打ち切られるような事はありませんがそれでも正社員と比較すれば安定しているとは言えない状態です。

 

+αの収入面

 

 

収入面については毎月の支払いという意味合いにおいてはどちらが上になるかは状況によって異なります。一般的には正社員の方が上である場合が多いですが、契約社員はその道のスペシャリストになると正社員よりも破格の報酬を受け取る場合もあります。

ただ明確に差が出やすいのがボーナスや賞与と言った毎月の給与に対して+αの収入部分です。多くの場合、契約社員はこれらの+αの部分は正社員よりも低く設定されている事が多いです。会社によってはボーナスが全く無いという会社もあります。

 

出世の有無

 

 

特に大企業の正社員の場合、役職の変更や異動などを含めて出世する可能性というのが必ず存在します。出世すれば収入面でプラスがある場合が多く、基本的には正社員のメリットの1つです。

一方で契約社員は仕事内容に関しても契約以上の事をする事がないので当然出世するという事もありません。

 

福利厚生の充実

 

 

正社員と契約社員で差が生まれやすい大きな部分の1つと言われるのが福利厚生です。正社員は様々な形でより働きやすいように補助を受ける事が出来ますが契約社員はそれらの一部が制限されている、或いは存在しない場合が多いです。

近年では働き方改革の一貫もあって契約社員であってもある程度の福利厚生が用意されている場合が多いですが、正社員と全く同じ福利厚生が受けられる例は稀です。

 

契約社員になるメリット

 

 

ここまでの解説した部分ではどうしても正社員の方が有利であるように思える部分が多いです。正社員のメリットが大きいのも事実ですが、契約社員に全くメリットがないわけではありません。ここからは契約社員のメリットをピックアップして紹介していきます。

 

契約毎に内容を見直せる

 

 

契約社員の最大のメリットと言えるのが契約毎に内容を見直せる事にあります。正社員であれば基本的に昇給、出世のほぼ全権が会社側にありますが、契約社員は双方の納得の上で契約をする形なので自身の能力に見合った契約をする事が出来ます。

能力次第ではそれまでの契約になかった要素を組み込んだり、報酬の増加を打診したりなど正社員には出来ない働きかけが出来るのが契約社員のメリットです。

 

転勤がない

 

 

正社員の場合、特に大企業ではどうしても免れる事が出来ないのが転勤です。独り身の間であればまだ良いですが、結婚してお子さんもいる状態では大きな決断を迫られる事になります。

契約社員の場合、基本的に契約内容の中に勤務地も含まれているので転勤が発生する事はありません。これは契約社員の大きなメリットの1つです。

 

やりたい仕事が出来る可能性が高い

 

 

正社員の場合、入社の時点でどれだけやりたい事を説いたとしても実際にその仕事を行う事が出来るかは会社次第です。

やりたい仕事以外の場所に配属になった場合には、異動願いなどを提出しながら転属を指示されるのを待つしかありません。また例えやりたい仕事に就いたとしても配属替えや異動などで違う仕事に移されてしまう場合もあります。

 

しかし契約社員は基本的に仕事の内容まで全て契約に含まれているので契約以上の事を任される事はないです。その為しっかり契約内容を詰めておきさえすれば自身のやりたい事を行う事ができます。

もちろん異動などもないので契約期間中ずっと同じ仕事を行う事でスキルアップも可能です。

 

 

契約社員になる時に必ず確認しておくべき事

 

 

契約社員になる際には多くの点に注意する必要があります。勤務地や勤務日時が希望通りになっているか、仕事の内容、報酬など契約内容は隅々まで確認する必要があります。手間ではありますがしっかりと契約書の内容を確認した上で契約するようにしましょう。

その際、どうしても確認を怠りがちなのが次回の契約についてです。報酬面や勤務日時など直近の事はもちろん大切ですが、どれだけ充実した内容であってもそれがいつまで続くのかの確認は大切です。

 

また絶対にしてはいけないのは契約内容の一部を口頭での説明で納得してしまう事です。気になる内容で契約書に記載がないなら必ず記載してもらわなければそれは確約とは言えませんし万が一説明と違う事があっても契約違反と証明する事が難しくなります。

 

そういった意味でも次回の契約などは先の事とついつい口頭の説明でも納得してしまいがちな内容なので記載がなければ必ず確認した上で、約束するような内容は契約書に記載してもらうようにする必要があります。

 

敢えて契約社員を選ぶ理由

 

色々な会社で経験を積みたい

 

 

ここまでの説明でも分かるように契約社員の契約は本人が納得しなければ必ずしも契約する必要がありません。契約に違反しない限りは契約終了時に別の会社に移ってもなんら問題はないのです。

 

また契約書に記載がなければ複数の会社に同時に所属する事もできます。例えば週の何日かはA社で、何日かはB社で働くような事も出来るのです。

複数の会社を渡り歩いて自分の経験を積みキャリアアップしたいという人には契約社員で契約するのがおすすめです。

 

プライベート・本業と両立したい

 

 

契約社員の契約内容には勤務日時も含まれるのでプライベートや本業を持っている人が両立する形で働くという働き方もできます。

特に子育て世代には大きな部分で近年では育休やテレワーク制度など正社員であっても理由があれば仕事量を抑えて働く事ができますがそれらの裁量権を持っているのはあくまでも会社でなかなか思うようにはいきません。

 

ですが契約社員であれば自分の意思を契約に反映しやすいので子育てのタイミングでは契約日時を抑えるという事も可能です。

また自営業などをしているも最初期には報酬に繋がりにくいような場合に契約社員を選ぶという人も居ます。

 

契約社員は正社員と比べると報酬面で劣る場合も多いですが、一方でパートやアルバイトと比較すると安定しており、また時間も自分の意志をもって制御しやすい為です。

 

近年の正社員と契約社員の使い分け方

 

 

近年、一部の企業では能力を計る意味合いを持って、新規雇用は必ず契約社員としている企業も増えています。これは正社員として契約してしまった場合の会社のリスクを回避する為です。

正社員契約の場合、会社側からみるとその能力の是非に関わらず簡単には契約を破棄、つまりクビにする事は出来ません。その為、まずは能力を計る意味合いを持って契約社員とする場合が多いのです。

 

しかしここまでにも書いたように正社員が受けられるメリットも大きい為、最近では長期契約に及んだ場合には本人の希望があれば正社員契約をするようにという枠組みも出来上がっています。

もちろんこれらは枠組みであって必ずしも契約社員から長期契約すれば正社員になれるわけではありません。その決定方法は会社によって異なります。

 

もし将来の正社員化を見越して契約社員になるのであればどうすれば正社員になれるのかが契約書の中に記載があるか、その条件が定められているかは必ず確認するようにしましょう。

 

まとめ

 

 

正社員と契約社員は双方にメリット・デメリットがあります。就職・転職を検討しているならまずは双方のメリットとデメリットを自身の条件と比較した上で決める事をおすすめします。

 

大切なのは理解した上で判断する事です。特に就職・転職はそのままその後の人生に直結するのでよくよく理解した上で行動するようにしましょう。

Lotus0

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
1+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。