【GAFAだけじゃない!】話題のBATHとは!中国vs米国、どちらに軍配が上がる?

今や世界の経済に影響を与えるGAFA。そんなGAFAの牙城を崩すのではないかと今話題になっているのが、BATHです。中国企業が中心であるBATHと、アメリカ企業の4強であるGAFAが今経済において熱い戦いを繰り広げています。今回は今話題となっているBATHについて、徹底的に解説していきます。

 

BATHからこれからの成長の仕方を学ぼう

 

交流で刺激を与えあうべし

 

BATHの人材エコシステムは企業の成長はもちろん、個人の成長でも通用します。自分ひとりで何かを生み出そうと思っても、なかなかできるものではありません。何か新しいアイデアなどを生み出すには、とにかく刺激を与える必要があります。

その刺激を与えるのにもってこいなのが、セミナーや交流会などのイベントです。同じような目的を持って集まった人と交流することで、自分では気づかなかったアイデアをもらったり、イノベーションが生まれるきっかけを得られます。企業も個人もとにかくさまざまな人や企業と交流し、そしてお互いに刺激を与え合うことこそが、成長の鍵なのです。

 

転職や起業をしてなんぼ

 

 

日本では就職したらとにかくその会社に3年はいろ、というのが普通です。しかしBATHは違います。3年いるどころか、ある程度学んだらどんどん転職をしたり起業をしたりするのが普通です。実際にBATHの社員の流動性はかなり高く、BATHで濃い経験を積んだ社員が新興企業の創業メンバーになっているということも珍しくありません。

もし今自分を高めたいと感じているのであれば、とにかく転職や起業などをしましょう。そうすることで確実に自分自身を成長させることができます。石の上にも3年ということわざがありますが、今の時代3年無駄にしてしまうのはかなり致命的です。

BATHはこれからの経済のスタンダード

 

今回は今最も勢いのあるBATHについて、その秘密などを徹底解説しました。

 

潰し合いから刺激の共有の時代へ

 

今の時代はアメリカのGAFAと中国のBATHで激しい競争を繰り広げていますが、実はBATHのほうが優勢という声があります。その理由として、中国とアメリカの企業間の競争の中身にあります。GAFAをはじめとするアメリカの競争の場合は、とにかく自分たちが優位に立つことを考えているため、潰し合いの競争が激しいです。

一方でBATHの場合は、決して潰し合いをせずむしろ刺激を与え合うことで、ライバルというよりは同盟を組んでいるような関係で成長しているのです。この違いがあるからこそ、BATHがGAFAよりも優勢なのです。

 

まとめ

 

 

世界の経済の中心がアメリカから中国に移行しつつあるのも、実はこの競争の内容が要因なのです。アメリカの現大統領であるドナルド・トランプ氏が提唱しているアメリカンファーストというものも、元々アメリカがもっている考え方なのです。しかしこれからの時代、自分が世界の中心だという考えは良くありません。

現にGAFAがBATHに押されているのもこの考えが原因であり、結果的に中国に軍配が上がりつつあるのです。潰し合いではなく刺激を与え合うこと、それこそがこれからの社会のあり方なのかもしれません。

Geekly Media ライター

どーばー

3+