【徹底比較!】CE(カスタマーエンジニア) vs SE(システムエンジニア)!両者の違いからその需要まで分かりやすく解説します。

CE(カスタマーエンジニア)と(システムエンジニア)は、コンピューターに関わる職種という共通の仕事内容ですが、保守をメインとするか開発をメインとするかで大きな違いがあります。これからIT業界へ進む人が、どちらのキャリアを目指すのか、判断するために必要なスキルやこれからの需要も含めて分かりやすく解説します。

 

 

CEとSEの需要

 

CEとSEの需要は、必ずしも比例するものではありません

システムを構築するSEの需要が増えれば、その運用や品質を維持するCEの需要も増えそうなものですが、中小企業やベンチャー起業では、SEがCEの役割を果たすなど、明確に役割が決まっていない曖昧な部分も多いのです。

 

CEの需要

 

 

CEとSEの需要が必ずしも比例しないとはいえ、IT機器やシステム導入をする場合には、CEの業務が発生します。

IT機器の導入設置も重要な仕事で、場合によっては電気系統も扱わなければなりません。もちろん、電力などは専門業者と連携して作業を行なう場合もありますが、自らが電気工事士の資格を保有しているといったエンジニアも存在します。

法的にも技術的にも作業範囲の広いエンジニアは、中小企業や、特にベンチャー企業でも需要があります

フィールドエンジニアやテクニカルサポートと行ったポジションとしても求人を募集している可能性がありますので、それらを含めた業務内容で求人を見てみると、「CE(カスタマーエンジニア)」という職種の需要が高いことがわかります。

 

SEの需要

 

 

IT人材の不足が深刻になった日本では、SEの需要は増えています。経験値の豊富な人材を求める求人はもちろん、未経験でのSE(プログラマーも含む)の求人も増えているのです。

また、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアなど、インフラエンジニアの求人も増えており、これらインフラエンジニアの需要はCEの需要にも重なる部分があります。

 

 

CE・SEに必要なスキル

 

それでは、CEとSEにそれぞれ必要なスキルを見ていきましょう。どちらのキャリアを選ぶにしても、共通するコミュニケーションスキルやITスキルは必須です。

決定的に異なる部分としては、CEでは高いコミュニケーションスキルと幅広いIT知識、SEでは要求定義やプログラミングのスキルといった具合です。

 

CEに必要なスキル

 

 

CEはお客様と一番距離の近いエンジニアと言っても過言ではありませんので、高いコミュニケーションスキルは必須です。

また、導入する機器に関しては、あらゆる動作パターンを理解しておく必要もあります。

現場でトラブルを解決する際には、基本的に解決するまでギブアップはできません。なぜなら、お客様の業務が止まっている状態が続く限り、それを解消しなければならないからです。

臨機応変な対応スキルや、切羽詰まった状態でも冷静に、論理的に考えるスキルが重要となります。

また、リモートでサポートする場合でも、“言葉”による説明を専門用語を使わずに、的確に行なう必要もあります。

CEにとって最も必要なスキルは、お客様に直接対応するためのコミュニケーションスキルです。

これらスキルを短時間に身につける、またはCEになる前に習得することは非常に難しいのですが、人数が少ない企業であればあるほど、スキルの習得は速くなるでしょう。

 

SEに必要なスキル

 

 

SEに必要なスキルは、お客様の要求をデジタルに落とし込むことです。

そのためには、コンピューターがどのような動作をするか、またプログラミングによりどのような命令ができるのかを細部まで理解する必要があります。

SEを目指す場合には、まずプログラマーを目指しプログラミング言語を習得するのが近道です。

さまざまなシステムに関わることで、お客様の要求をITサービスとして提供するための設計(要件定義)ができるようになります。

 

 

まとめ

 

 

CE(カスタマーエンジニア)とSE(システムエンジニア)は、ITシステムを顧客へ導入し運用するまでの一本のプロジェクトと考えても良いでしょう。

その中で役割が分かれており、SEがシステムを構築してCEが導入・運用・保守を行なうのです。

どちらもコミュニケーションスキルが必要な職種ですが、CEの方がより高いコミュニケーション能力を必要とします。

CEとSEでは、キャリアに違いがありますが、双方が「IT」という高い需要を持つ業種です。

Geekly Media ライター

佐久森

1+