カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Web・ゲーム
  4. 『Laravel』について徹底解説!PHPとの関係性から利用するメリット、実現できることについて分かりやすく解説します!
  • Web・ゲーム

『Laravel』について徹底解説!PHPとの関係性から利用するメリット、実現できることについて分かりやすく解説します!

今、世界的にも飛躍的に人気を博しているのが『Laravel』です。PHPを扱うエンジニアや、これからPHPを勉強する上でも必ず関わってくるものですので、しっかりと抑えておきましょう。今回はLaravelとは何なのか、PHPとの関わりやLaravelを利用する上で必要な知識を交えてわかりやすく解説します。

 

Laravelとは


 

PHPのフレームワークにはいくつか種類があり、以前から最も利用されているものが『CakePHP』です。PHPに一度でも触れたことがあれば、CakePHPを利用したことがあるはずです。

そして現在、『CakePHP』に代わり、世界でも人気急上昇のフレームワークが『Laravel』なのです。

LaravelはPHPのフレームワークで、PHPを効率的に開発でき、フレームワーク自体も比較的簡単に習得できます。

 

フレームワークとは

 

 

ソフトウェア開発を行う上ではフレームワークを理解しておく必要があります。さまざまな言語の解説にも出てくる用語ですよね。

フレームワークを一言でいえば「枠組み」です。プログラミングで何を開発するにしても、誰もが共通してコーディングする基礎があります。

それは「PHP」の基本となる形や、データベースとやりとりする機能などです。誰もが必ずコーディングするプログラムならば、ひとつの枠組み(ひな形)として形にしておけば、効率的な開発が行えますよね。

例えば鉄道であれば、土台となる「枕木」や「線路」、走る電車に通電する「電線」、人が乗り降りする「駅のホーム」です。これらは新しく鉄道を作る場合でも必ず必要な要素ですよね。いわば、鉄道という仕組みのひな形と言えます。

このように、誰が作る時にも必要となる要素を集めて、ひとつの枠組みとして形にしたものを「フレームワーク」と言います。

フレームワークにはさまざまな種類がありますので、自身が使いやすいフレームワークを選ぶことが可能で、PHPで言えば『CakePHP』や『Laravel』が当てはまります。その中でも世界で人気なものが『Laravel』ということです。

 

Laravelでできること

 

 

Laravelは、Webブラウザで動くシステムであればほとんどのものを作成できます

例えば、ショッピングサイトや予約システム、マッチングサイトやチャットサイトなどの作成も可能です。

また、業務で利用できる勤怠管理やメールサービスなども作成できますので、今欲しいシステムをLaravelで比較的素早く開発することができます。

 

Laravelに必要な知識

 

 

フレームワークは必要な機能を自動的に生成してくれますが、基本的なプログラミング知識やPHPの理解は必須です。

プログラムや開発に全く関わったことがない場合には、まず基礎的な知識を身につける必要があります。

 

PHP

 

主にWeb開発に利用されるプログラミング言語ですが、学習難易度は比較的低いので、仕組みや概要を理解するまでにそれほど時間はかからないでしょう。

参考書を利用して学習しても良いですし、今ならインターネット上の記事を参考にしながら、自分でプログラミングするというスタイルでも十分にPHPを理解することは可能です。

 

HTML5

 

HTML5は、Webページの基礎となるプログラミング言語「HTML」のバージョン5です。主に、動画や音声など、リッチコンテンツの扱いが簡単になりました。

HTML5についても、参考書は多く出版されていますし、インターネット上の情報でも十分に学習することが可能です。

 

CSS

 

CSSはスタイルシートのことで、Webページの体裁を整える役割を果たすプログラミング言語です。

Webサイト開発では必ず習得しなければならないものですが、PHPやHTML5を学習する際に必ず必要な知識ですので、同時に習得しておきましょう。

 

基本的なプログラミング

 

プログラミングは、自分でコーディングすることで身につきます。

コードを覚えることも大切ですが、何よりプログラミングの基本的な構造を大枠で理解しておくことが重要です。

システム開発では、正常な処理の流れやエラー処理、例外が起こった場合の処理など、ユーザーがどのような使い方をしても、システムが止まらないようにプログラミングをしなければなりません。

これらを理解しておかなければ、作成したプログラムで起こるエラー処理で挫折してしまう可能性もあります。

楽しくプログラミングを学ぶためにも、ある程度の「プログラミングの形」に慣れておくことが必要なのです。

 

 

Laravelを利用するメリット

 

 

PHPプログラミングを理解したら、ようやくLaravelを利用するメリットが理解できるのではないでしょうか。

 

自由度が高い

 

Laravelは、その他のフレームワークに比べて開発の自由度が高いことが挙げられます。

開発の際の厳密な規約が少なく、開発では自由にコーディングすることが可能です。例えばディレクトリ構造も自由に変えることができます。

つまり、Laravelを利用する際には、ある程度のルールを決めなければ、だれもが自分の思い通りに自由な設計ができてしまうということです。

これはメリットでもありますが、複数人のチームで開発を行う場合には混乱の元にもなりますので、利用する状況をしっかりと見極める必要があります。開発ドキュメントをしっかりと作成しておくことが大切ですね。

 

比較的短時間で習得できる

 

Larabelは、比較的短時間で習得できるというメリットがあります。

データベースへの接続機能なども、複数のデータベースに対応していますので、慣れてしまえば非常に使いやすいフレームワークだといえます。

短時間で習得できるということは、学習コストを抑えられ、比較的早く実践に取り組むことができるということですね。

 

Laravelを使うために必要なもの

 

 

Laravelを使用するためには、最低限以下をインストールする必要があります。

 

・PHP

・Composer(ライブラリ管理ツール)

 

LaravelはPHPのフレームワークですので、PHPは必須ですね。また、PHPのライブラリ管理ツールとして『Composer』をインストールしましょう。

 

Composer(コンポーザー)

 

 

Composerは、使いたいライブラリに対して依存性のあるライブラリも全てダウンロードしてくれる便利なツールです。

ひとつのライブラリをダウンロードしても、依存性のあるライブラリがインストールされていなければ、そのライブラリは使えません。意外と頻繁に起こるのが、このライブラリの依存性に絡む問題です。また依存性問題の他にもcomposerコマンドが使えるだけでも利便性が上がります

現在、PHP開発においてはComposerは必須だという声も多くありますね。

 

まとめ

 

 

Laravelは世界を見ても最も人気のあるPHPフレームワークです。CakePHPに慣れているエンジニアも非常に多いと思いますが、今後Laravelはさらに拡大することも予想されます。

つまり、PHPを扱うエンジニアとしてはLaravelは必須の知識ということですね。これまでPHP開発に携わってきたエンジニアであれば、比較的習得しやすいフレームワークでもありますので、どちらかといえば、Laravelの開発自由度をコントロールする方法も意識すると良いでしょう。

また、これからPHPの学習を行う人も、PHPやHTML5、CSSといった基本的な学習を終えたら、最終的にはLaravelを利用する開発をめざしましょう。

世界の人気は日本にもやってきます。Laravelは日本語でも多くの情報を取得することができますので、意識して取り入れたいフレームワークですね。

佐久森

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
3+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。