カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Web・ゲーム
  4. 制御エンジニアを徹底解説!その仕事内容から必要な資格、気になる年収までご紹介します!
  • Web・ゲーム

制御エンジニアを徹底解説!その仕事内容から必要な資格、気になる年収までご紹介します!

今回は制御エンジニアについて徹底解説!始めに、IT業界での仕事の立ち位置や役割&仕事する上で身に付くスキル、必要なスキルなど様々な内容をわかりやすく簡単に説明。気になるIT業界の制御系のや今後の仕事の行先。この職種を通してIT業界で有利とされる理由などをこの記事で紹介していきたいと思います。

 

制御エンジニアとは?

 

 

制御エンジニアとは、工場などで動いているロボットの作動をプログラムし、動作ボタンなどでロボットが動くようにシステムを作り込む職種になります。

例えば、スマートフォンやテレビなどの日用生活で使っている機械製品のシステムを作りそれを制御する部分を開発し組み込むことを中心とした技術が求められる制御の仕事です。

簡単に説明すると、単純に電気で動く製品のシステム自動化を目的とし、開発したシステムをハードウェア&ソフトウェア共に制御を行い、総合的に起動動作を完了する事を目的とした業務。

何か操作した時にその操作と連動して機械の中のシステムが作動するように作り込む開発をするのが制御の仕事になります。

 

もっと簡単にまとめると、動作ボタンを押すことにより指令が行くようにし、言語を連動させ制御するように組み込む作業

主な仕事の流れとしては、ソフトウェアを開発し、その開発したソフトウェアの単体テストを行い問題なくクリアさせます。

通過することができれば他の製品やプログラミングと合わせて総合テストを行い合格すれば初めて製品になると言う流れです。

この時に重要なのがエラー時に起きた原因をどうすれば起きないのか、人が操作した時にどんな状況下でも安全に操作することが可能なのかどうかなどチェックします。

様々な視点からチェックしクリアし結果を作り出すのがこの仕事の本質の仕事内容です。

 

制御エンジニアに役立つ資格

 

 

制御の仕事に就くためにはプログラミング言語はもちろんのこと、自動制御の知識や仕事の方針や内容を伝えるコミュニケーション力、理論的思考力が求められます。

もちろん資格はなくても実力次第で制御の仕事は可能ですが、持っていればさらに高みを目指している資格が「ETEC(組込み技術者試験制度)」と言う専門的な知識力と技術力を試される検定などが主に挙げられます。

この検定ではクラス2とクラス1が存在し、ともに知識力と技術力をそれぞれ問われます。クラス2は上級者からの「指導をもとに作業可能」なレベルで、クラス1は「中級技術者」として実務可能なレベルになります。

 

この様な資格を取得する事により、正社員や派遣社員などの雇用形態であれば職場での地位や年収の高みが目指せる傾向にあります。

フリーランスは特に、個人事業主(自営業)であればクライアントからの信用や単価の向上などが見込める傾向にあり、どの様な雇用状態や働き方であってもメリットが大きい魅力的な資格となっています。

 

制御エンジニア【メリット・デメリット】

 

メリット

 

 

大きく上げるとしたらやはり年収が一般的な職種より高めな傾向にあります。

IT業界は、業界の特徴的にスキルが高くなる事に比例して年収が向上傾向にあります。一般的な制御系エンジニアの平均年収は30代で約500万円前後です。スキルが向上すれば1000万円を超える年収も実現可能な職種です。

技術さえあればフリーランスとしても自由に働くことができ企業に依存することなく将来の不安から解き放たれることもメリットとして挙げられるでしょう。

上記のような高いエンジニアの技術と高い制御の技術を手に入れた人の年収は1000万円以上を狙える人もいるのがこの職種ですが、働き方や雇用形態により個人差が大きいことも特徴として挙げられる仕事です。

 

制御エンジニア人材の現状は、スキルなし技術なし経験なしの場合でも基礎から教えてくれる会社などが多くあり、やる気があれば働くことができますがその場合は年収250万円前後位になります。

しかし、まだ教育機関が少ないため競争率も低く基本的なスキルを身に付けてしまえば簡単な制御の仕事をさせてもらえる可能性が高いのが魅力的です。

さらに、機械や電気機器の制御システムを開発する仕事のため、現代の社会ではIT業界から切っても切り離せないほど重要な仕事です。

IT業界の核となる仕事となっているため今のところは永久的に仕事がなくなる事はないと推測されます。

また様々な言語に接することにより、他のエンジニアの仕事にも幅広く対応可能になり、将来の不安は様々なスキルを身に付けることにより不安を大幅に回避できるメリットもあります。

制御のお仕事で段階的に学ぶことができ初心者の方なら比較的やりやすいのがテスターと言う職種もあります。様々な職種に対応可能な仕事です

 

デメリット

 

 

IT業界の人手不足問題に加えて制御エンジニアはさらに人手不足のため、中小企業に入ってしまうと様々な作業を1人でこなすスキルが求められ、無理難題を押し付けられる可能性もあります。

大手企業が無理なら中小企業と思って入ってしまうと返って大手企業よりもスキルが必要で残業を止む終えない状態などに陥ることもあり注意が必要

とらえ方では、無料かつお給料を頂けて勉強できると前向きに考えることも可能。

 

ですが、あまりにも理不尽な作業やいざ入って仕事を始めたらスキルが向上しない雑用がほとんどだったなど不本意な状況に陥ることもあります。

制御内容が難題の仕事だった場合に人手不足を理由に正当な対価をいただけない恐れもあります。

メリットでも話した通り教育機関が少ないため1人で勉強するのが困難。さらに、誰かに教えてもらおうと思っても専門学校などの技術を教えてくれる技術者も少ない傾向にあるのがデメリットに挙げられます。

 

制御エンジニアになる方法

 

仕事を探すには?

 

 

やはり現代社会でIT業界の制御系の職種に付くためには制御系の仕事を主に取り扱っている人材会社などで登録し紹介してもらうのが1番だと思います。

特化した人材サイトでなくともIT業界全般を求人として紹介しているサイトもあります。

総合的なサイトの方がかえってIT業界など幅広い知識を蓄えているため客観的かつ的確な良いアドバイスが期待できます。

知り合いの人から紹介して貰える人は少なく人手不足&業界不足で少ないため上記の方法が1番効率良いと予想されます。

 

未経験で目指すには?

 

 

未経験スキルなしでもネットで仕事を探せば仕事案件が思ったより以外と見つかるはずです。

未経験だけどチャレンジしたい人には、ネットでIT人材を専門とする転職エージェントサイトなどに登録し、紹介してもらい仕事をする方法がおすすめです。

それ以外の方法は、独学で勉強しクラウドソーシングと言う様々な仕事が依頼されているサイトに登録し、自分で案件を取り仕事をする方法が挙げられます。

どちらも経験がなくても勉強しスキルを身につければ仕事をすることが可能です。

 

紹介してもらえる仕事の中には仕事をこなしてもらうために一から教えてくれる会社もIT業界には多くあります。

転職エージェントサイトで紹介されている制御エンジニアの案件の中には、スキルを磨きながら覚えられるとても良い環境のお仕事も紹介してもらえるのでおすすめです。

 

 

身につくスキル

 

主に4つのスキルが身に付く

 

 

身に付くスキルとしてコミュニケーション能力、理論的な思考能力、プログラミング言語能力、コーディング能力の4つが身に付きます。

上記で挙げたスキル(能力)は業務を重ねることにより自然と向上します。この身に付くスキルはIT業界全般のスキルとも言えます。

この様なスキルを磨きたい人はとても魅力的な職種になります。

 

この業務でしか身につかない開発スキル

 

 

上記の職種のIT業界であってもほとんどこのスキルを習得することが可能ですが、制御の仕事だけにしかない身に付ける事ができないスキルが「0」から「1」を生み出す制御開発スキルになります。

さらに、ソフトウェア(プログラミング言語)のスキルとともにハードウェア(触れられる物)のスキルも習得できる一石二鳥、三鳥、四鳥の職種となっています。

 

様々なスキルを習得できる非常に魅力的な職業ではありますが、実現している人が業界に不足しているのが現実問題にあります。

逆に言えばこの様々なスキルを習得することによって自動的に制御の仕事の道が誰でも開けることになり、その分野に特化したIT業界の第一線で活躍することが可能となります。

 

今後の制御エンジニアについて

 

これからチャレンジする人にアドバイス

 

 

IT業界には制御の開発システムを手掛ける人材は必要不可欠の職種となります。そのためIT業界が盛り上がる現状では比例して需要はますます増加傾向にあります。

また、人材は確保できたけれども未経験者が多くスキル習得までの時間やスキルの伸び悩みで業績が上がらないなど、数多くの悩みが挙げられると思います。

ですが、これらの問題は逆に言えばそこまでしても欲しい職種にもかかわらずあまり人材がいないのは初心者出会っても誰でもチャンスがあるとも言えます。

この様な視点での見方をすることにより、現代におけるIT業界チャンスを逃さずに挑戦してみたい人はチャレンジすることをおすすめしたいと思います。

 

まとめ

 

 

メリット、デメリットをふまえてでも、変わらずに現状は魅力的な職業と思える制御の仕事です。これからの時代は働く側、働かせる側の双方共に大きな魅力があるIT業界。

そのため、専門知識を身に付けながら給料が発生しそのスキルは向上していくことが確信的職種の制御系のエンジニアは長期的に考えればIT業界だけかもしれません

 

こんなにも優遇されているのにも関わらず人材不足傾向にある職業はとても貴重でこの様な職種は働き方が豊富な時代にピッタリだと思います。これからの時代に欠かせない職業です。

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
2+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。