【必見!】未経験からデータサイエンティストへのキャリアパスを徹底解説!エンジニアじゃなくても大丈夫?

データサイエンティストを目指している方は、「エンジニアじゃなくてもなれる?」と疑問点が浮かびますが、そもそもデータサイエンティストとは何かについてもしっかりと解説。他にもデータサイエンティストになる方法や、未経験でキャリアパスする方法、この職業に向いている人などを解説しますので必見です!

 

データサイエンティストとは?

 

 

データサイエンティストとは、様々な職種の中から1つの職種に絞りその職種の膨大な過去と現在のデータを取り、どの様なビジネスプロセスで利益を出しているのか、損益を出しているのかを分析

分析したデータを更に解析することにより、その分野でビジネスを成功させるためのビジネスビジョンを想定しその理想像にどうすれば近づけるか、理論面、人的面からみても可能な範囲かを想定し実行

主に職業内容は決まっておらず、主な一つのビジネスにおいて膨大なデータを収集し効率よく仕事を出来るようにデータ分析、解析、整理し構成する仕事です。

データ収集、課題や解決法、幅広いプログラミング言語作業、その分野における知識と理解、分析、その分野の業務者とのコミュニケーション、様々な情報から導き出すビジネスの利益ポイントを発掘していく作業になります。

簡単な言い方にまとめてしまえばコンサルティングの仕事プラス専門的な業務もこなす必要がある仕事

 

主な仕事は、システムエンジニア、会計、営業、マーケティング、コンサルティング、など様々な主となる職業のスキルと掛け合わせて初めてそこで存在価値が見出せる職業となっています。

例えば「コンサルティング」×「データサイエンス」で「データ分析コンサルタント」になります。

なので、データサイエンティストはサポート業務と言うポジションになると思います。この「エンジニア」×「データサイエンス」の2つのスキルをかけ合わせたものが、「データサイエンティスト」になります。

結論、エンジニアでなくてもこの2つのスキルがあれば、データサイエンティストになることが可能。未経験からデータサイエンティストになる際に必要な要素と、その理由について詳しく説明していきたいと思います。

 

 

 

【エンジニア】と【データサイエンティスト】の

違い

 

【エンジニア】

 

 

エンジニアとは、技術者を示します。この意味は専門的スキルや専門知識などのスキルを兼ね備えた技術者のことを表しています。主にIT業界等で多くエンジニアと呼ばれる職業があります。

一般的に知られているのはIT業界全般のエンジニアですが、IT業界ではないエンジニアも存在します。

 

【データサイエンティスト】

 

 

すごく簡単に言ってしまえばデータサイエンティスト(統計などで技術者の成功へ導く者)はエンジニア(技術者)をサポートする職業

ビジネスで生き残るための最強のスキルとして、データエンジニアリングの能力(技術者)、データサイエンスの能力(科学者)、ビジネスの能力(経営者)の3つが主に必要なスキルと言われています。

エンジニアスキル(技術者)、数学&統計学のスキル(資料の分析や解決法を探る)、経営者視点のスキル(技術者と情報を合わせ運用する)をまんべんなく理解している必要があるのがデータサイエンティスト。

主な業務での知識とその業務を分析する能力と経営側のビジネスの視点が必要です。

 

データサイエンティストの仕事内容

 

データサイエンティストの業務の主な流れ

 

 

様々な知識と経験とスキルを掛け合わせることにより、初めて成り立つデータサイエンティスト。この仕事の全体的な流れを説明します。

データサイエンティストの業務内容的には、前の項目「データサイエンティストとは」でも話したように分析、解析、などをして仕事にその分析解析データで改善や問題解決に役立てる理論的なプロセスを導き出します

その導き出した結果で主な職種のサポート的な役目を果たしていく職業です。実はデータ分析以外にも多くの業務をすることになるため、そのデータを活用して業務にも貢献することを前提としているのがデータサイエンスと呼ばれます

データ収集から総合的に見て業務や対人関係などありとあらゆる状況下での仕事やその個人のスキルに合わせて的確なスケジュールを組むことがとても大事になってきます。

つまり、最終的には知識をまとめ、人材をまとめ、会社の未来の方向性をまとめる大事な職業です。

 

Geekly Media ライター

1+