【2019年まとめ】SNSの進化の流れを徹底解説!これまでの人気SNSからこれから来るSNSまで、幅広くご紹介します。

SNSは現代社会の革命とも呼べる程進化したアプリ、このアプリにより暮らせる程の経済力を生み出す人が出てくる中、面白い機能、生活に役立つ機能、ビジネス特化型などSNSによりサービスの幅は様々です。そんな人気のSNSから次に「来る」と予想される優れたSNSの発掘など、様々なジャンルのSNSを幅広く紹介します。

 

SNSとは? 基本的な機能とビジネスモデル

 

  

簡単に説明するとSNSの魅力とサービス内容は「情報の発信、共有、拡散」といった機能が主に強調される機能です。

「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の略で「SNS」と良います。ソーシャルは社会的、ネットワーキングは繋がり、と言う意味で社会的な繋がりを提供するのがSNSの本当の意味。

SNSではあらゆることができ、プロフィール作成、文章公開、コメントを付ける、写真公開、グループを作る、友達を紹介するなどサービスはSNSにより様々挙げられます。

 

 

代表的な3つのSNS

 

①Twitter

 

 

わかりやすく簡単に言うと顔も名前も非公開で言葉を発言できるアプリです。「Twitter(ツイッター)」は若者層で流行し、現在は幅広い年齢層で受け入れているSNSの代表的アプリの1つ。

Twitterにはツイート機能と言う短い文で投稿できる短い文章を書き投稿できる気軽なシステムになっており、その手軽さから若者に人気

SNSの中でも気軽に投稿できるSNSでは上位にランクインし、また拡散しやすいメリットが非常に魅力的なSNSとなります。

しかし、いい意味でも悪い意味でも拡散が効率よく可能なため、炎上といった問題も多く挙げられるのもTwitterです。

 

②Facebook

 

  

わかりやすく簡単に言うと自分の魅力を発信できるアプリです。「Facebook(フェイスブック)」は名前や顔写真などを公開でき自分の自己紹介自己表現をするためのSNSとなっています。

多くは30代から40代が社会的に利用されています。ビジネス面での需要が活発で現実社会での影響力が非常に高いのも特徴

上記で紹介したTwitterより慎重に発言しなければならないことがメリットでもあり、重要性やプライバシー面から見るとデメリットになることもあるSNS

 

③Instagram

 

わかりやすく簡単に言うと写真を投稿するアプリです。「Instagram(インスタグラム)」は「インスタ」とも呼ばれ写真を中心にしたサービスが魅力的なSNS。

上記の2つはSNSの中でも文字を書くことが多いですが、こちらの「Instagram」では写真投稿が中心のサービスを売りとしており、おしゃれ写真を投稿するため美的センスが問われ、優れている者はインスタグラマーとして仕事にもなりワクワク感が楽しめるSNSです。

利用者の多くが女性で海外でも人気なため、日本語や英語など言語に問わず世界中の20代から30代の女性を中心として人気のあるSNSの一つです。

 

 

仕事やプライベートまで使えるSNS

 

Skype

 

 

簡単にわかりやすく言うと音声通話やビデオ通話ができるアプリ。「Skype(スカイプ)」は世界中の会話を可能にするSNSです。

ユーザは世界個人様々な人が利用しているのでもちろんビジネスにも使用することが可能。一対一の通話やグループ通話が可能。通話方法も選択でき携帯電話ではなくPC、スマホ、タブレットからでも使用可能です。

使い方も簡単で大人から子供まで楽しめるビデオ通話サービスに特化したSNSとなります。

 

Pinterest

 

 

簡単に言うと画像がメインのSNSと言うイメージです。こちらの最大の魅力はただ好きなものを集めるだけで良いSNSと言う点が魅力

今では膨大な画像データを元に画像検索ツールとしても注目されています。画像検索の最先端といった所でしょう。

「Pinterest(ピンタレスト)」は画像共有ウェブサイトで趣味や興味のあるテーマの画像を好きなだけコレクションしたり作成したり管理することが可能。

「Instagram」は自分の画像を発信&文字を書いたりと自己表現ができます。

一方、「Pinterest」では「画像発信」+「画像共有」+「画像収集」ができ美しい画像だけではなく様々な用途に用いられる画像を集めることが可能なのが最大の特徴です。

 

LINE

 

「LINE(ライン)」は電話やメッセージ、スタンプなど手軽にコミュニケーションができるツールです。

特にスタンプなどを用いてコミュニケーションをとるサービスが特徴的で、多くのユーザがLINEを使っています。

ユーザ数を世界で1億5000万人とも言われ今の日本人でLINEを使わない人はあまりいないといった現状にあります。

他にも「line@(ラインアット)」と言うビジネス専用アプリケーションもあり集客するアプリケーションとしてビジネス界でも徐々に有名となっているSNS。

 

LinkedIn

 

 

こちらのアプリは世界最大級のビジネス特化型SNSです。

主に利用者はビジネスで利用しプロフィール作成、ビジネスでの内容のやりとり、ビジネスパートナーなどの人材発掘、専門家とコンタクトなど本格的なビジネスの場として用いられています。

世界登録メンバーは5億4000万超えるほど希望はかなり大きいですが、日本ではまだ盛んではなく世界のユーザが中心となっています。今の所は海外ビジネス向けSNSです

 

 

Geekly Media ライター

1+