カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Web・ゲーム
  4. 『ソーシャルリスニング』を徹底解説!その特徴からメリット、デメリットまで分かりやすく解説します。
  • Web・ゲーム

『ソーシャルリスニング』を徹底解説!その特徴からメリット、デメリットまで分かりやすく解説します。

ソーシャルメディアを活用したマーケティング手法である「ソーシャルリスニング」について情報をまとめました。マーケティングにおいて非常に重要な役割を占めている手法です。本記事では、ソーシャルリスニングとは何か、そもそもソーシャルリスニングは必要なのかどうかについてや、その特徴とメリット、デメリットを徹底解説します。

アイキャッチ-モバイル端末

ソーシャルリスニングとは?

 

【ソーシャルリスニングの説明】

 

イメージ画像-スマホで分析

 

SNS(ソーシャルネットワークサービス)から収集したエンドユーザーの声をもとに分析してマーケティングに活かす手法を意味します。SNSの分析と書きましたが、正しくはソーシャルメディア全般を指します。実はソーシャルメディアとSNSは同じ意味ではなく、ソーシャルメディアの1つにSNSが含まれていることになります。SNSの認知度が世の中で大きく前に出てしまったため、同じものだと思う人が非常に多くいます。意識しないと分かりにくいですよね。

本記事ではソーシャルメディアの中のSNSを例として主に挙げていきソーシャルリスニングについて徹底解説します!

ソーシャルリスニングという言葉を直訳すると「社会を聞く」という意味です。もう少し詳しく説明すると、社会から人々の意見を拾い上げ活かすという意味になります。(ここでいう社会とはソーシャルメディアを指します。)

ソーシャルメディアと一概に言ってもブログサイトやYouTube等の動画サイトも上げられますが、その中でも特に大きい影響力をもつSNSでソーシャルリスニングを説明するのがイメージしやすいかと思います。

発信に対するアクセス数やフォロワー数が多いユーザーの投稿情報を分析します。そこから得た情報を自社サービスと照らし合わせマーケティングを行うことで、サービスの知名度向上や利益アップを測れないか探求していくのがソーシャルリスニングです。ソーシャルリスニングはマーケティング業界でよく耳にする用語です。

 

ソーシャルリスニングで分析する理由と役割

 

①【理由】

 

イメージ画像-虫眼鏡

 

ソーシャルリスニングが流行り始めた理由としては、企業単位だけではなく個人単位での事業者も増えたことが要因の一つに挙げられます。

世の中的にも本業とは別に個人単位でも稼ぐ副業を推奨している傾向があります。その影響もあり、世の中には非常に多くのビジネスが存在しており、分析せずしてビジネスを開始するのは博打の様なものです。

逆に考えると、分析すれば博打にならず、結果としてビジネス成功確率を格段と上げることが可能です。

その分析方法の一つであるソーシャルリスニングは、新鮮でリアルな消費者の情報を集めることができるため普及してきたと考えられます。

 

②【役割】

 

イメージ画像-手帳にグラフ

 

ソーシャルリスニングに求められる役割はサービス(商品)を効率よく高く早く売ることです。

値段を設定するには競合の値段を調査し、「原価率が高いから、この部分の原価を抑えよう」であったり「この値段に設定すればニーズに合った値段でかつ高い利益率で販売できる」といった部分をソーシャルリスニングを活用することで吟味ができます。

上記のような吟味ができるのは、ソーシャルリスニングがおこなわれた後に初めてできることです。この工程を怠ると最初に多く利益をだせたとしても、すぐに売れなくなり、その理由も把握できず対策ができないまま事業から撤退してしまうことです。

このような失敗をしないための役割がソーシャルリスニングに求められます。

 

ソーシャルリスニングをする上での要点

 

①ペルソナ

 

イメージ画像-success

 

まず初めにペルソナの意味から説明したいと思います。ペルソナとは、架空の人物像を仮に定義した言葉で、心理学者の「カール・グスタフ・ユング」が唱えた概念が由来となっています。現在ではマーケティング用語として使われるようになっています。

簡単にいうと「ターゲット」が「人物」で「ペルソナ」が「その人についての詳しい行動や内容」といった認識です。

ペルソナを定めた上で、どんな人(ターゲット)にどんなサービス(商品)を提供すればターゲットニーズ(欲求、要求、需要)に喜んで購入に導くことができるか考えます

ターゲットの人がどのような行動を取り購入までいたるかを考える上でペルソナの設定は重要になってきます。

上記のようなマーケティングスキルは、現代のIT業界では必要不可欠となっています。

 

②スピード

 

イメージ画像-無数の矢印

 

一昔前は、表現の自主規制によりタブーなどの日常的に使うべきではない表現の制限をかけた中での情報を届けるのが企業のサービスでした。しかし、現代はその制限が緩和してきて言いたいことを言える表現の自由なメディアとなっています。各人が好きなことを発信することが可能なので、よりリアルな情報が転がっています。

リアルな情報が個人単位で拡散されていく時代になったため、非常に速いスピードでトレンドやニーズが変わっていくようになりました。

そういった非常に早いスピードの消費者ニーズに対応して行くためにも、新鮮な情報が転がっているSNSを分析するソーシャルリスニングのスキルが求められてきています。

ソーシャルリスニングのメリットとデメリット

 

メリット

 

イメージ画像-UPなグラフを見せてくる人

 

メリットは非常に速いスピードで売上の向上が狙え、さらに消費者が「欲しい」と思う理由や「欲しくない」と思う情報がはっきりするため、よりリアルな情報を事前に知りながらビジネス展開が可能です。

他のマーケティングよりも、最短かつピンポイントにWebのアクセス数やクリック数を急上昇させることが可能で、それと比例して売上も急上昇させることが可能です。

もちろん、個人での集客も有効的でSNSはソーシャルリスニングをする上で宝庫といえます。

 

②スキルを身に付ける【デメリット】

 

イメージ画像-顔半分隠す人

 

よい情報を発信することにより、良い面もありますが同時に悪いことも引き起こす可能性があります。予測できるリスクとして関心を持った消費者や同業者などからの誹謗中傷も沢山発信されることにも繋がります

それにより「お客が来なくなった」や「商品紹介と内容が違う」など、さまざまな営業妨害に発展することがあります。

上記の可能性は非常に高く、例えその情報が嘘でも本当であっても拡散され世界中に拡散してしまいます。

「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)」を使う際はしっかりとした情報を伝えることでサービスのよさが消費者に伝わります。

ポイントを抑えておくことにより、たとえ情報の誹謗中傷が書かれてしまったとしても安心して運用できます。

理由としては、サービスの良さを受け取った消費者がよい情報を発信してくれ、そのようなプラスの発信が増えることで誤解が解けるからです

しっかりと自信のあるサービスを提供していきましょう!

 

どのようなスキル必要?

 

イメージ画像-プレゼンする人

 

実際、「ソーシャルリスニングって企業だけしか知らない情報や高度なスキルでしか分析結果が導き出せないのでなないか」と思っている人もいますよね。

ですが、高度なスキルよりも、どこに注目するのかということと、コツコツと毎日分析する根性がとても重要になってきます。

むしろ上記のようなことを地道にこなせる人が適正のある人といえます。

個人的にやってみたい人は下記に簡単に情報を提示していますので、参考にしてもらえればと思います。

 

ソーシャルリスニング関連を始める人へ

 

これからチャレンジする人にアドバイス

 

イメージ画像-PCみて何かに気づく人

 

個人で分析するソーシャルメディアとしても最も適しているのはやはりSNSです。SNSでのソーシャルリスニングを推奨します。

理由は、現代のビジネスの集客は消費者のリアルな声を集められるSNSなくしては効率がよくないからです。

さらに言えばスマホとPCさえあれば誰でも分析した情報を元に集客ができます。

上記の流れを作り出す設計図(ビジネスプラン)を想像し現実化するための情報収集から始まるのがソーシャルリスニングです。

そんな時はツールを使用するのがおすすめです。現代ではソーシャルリスニングができるソーシャルメディア分析から管理までできるツールがあり、口コミ、アカウント、投稿などの情報収集、分析解析、管理などをすべてこなしてくれるツールを利用するのが得策でしょう!

 

まとめ

 

イメージ画像-歯車と人々

 

1人で生きていくことができる時代ですが、人と直接合っていなくとも、結局はネットを介して人と人の繋がりがあります。そしてそれらの人々が発信する内容を収集して分析することでビジネスチャンスに繋がります。日本の経済を担うこれからのネット市場に参入する際は、ソーシャルリスニングを活用していきましょう!

 

Geekly Media
ライター

アイキャッチ-モバイル端末

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。