【O2O】Offline-to-Onlineとは!市場規模や具体的な事例とともに分かりやすく解説!

O2O、Offline-to-Onlineって最近よく聞くけど、実際に理解している人はまだ少ないのではないでしょうか。「O2O」とよく一緒に出てくる「オムニチャネル」と「OMO」についても触れ、関連ワードもわかりやすく説明します。市場規模や具体的な事例にもコミットして行き、今後の日本のWebマーケティング事情についても切り込みます!

 

【O2O】Offline-to-Onlineとは!?

 

 

O2Oは「Online to Offline」の略した用語です。分解すると「online(オンライン)」「to(に)」「offline(オフライン)」と単語の意味を別けることができます。「仮想店舗に現実店舗」といった簡単なイメージに置き換えても問題ありません。

顧客を集客するマーケティング手法の1つで、現実世界に存在している「実店舗」に「オンライン」を活用して、あらゆる手段や方法を用いて誘導する意味を持つのが「Online to Offline(O2O)」の現代の言葉の意味です。

以前は「Click and Mortar」と言う言葉で、融合や連動と言った意味を持っていたとされていますが、今は名前が変わり、現在での意味では実店舗に誘導する手法として認識されています。よく似た手法として「【OMO】とは?」の下記の記事で紹介します。

Webマーケティング手法を上手く活用し効率的に集客を目的とした意味で認識が固まっています。

 

顧客誘導&市場規模

 

①【オンライン】顧客誘導

 

 

インターネットで実務店舗のクーポンを配信したり、ECサイトなどで集客し、購入などを実務店舗と連動しながら集客収益を見込める方法を目的としています。

他にもサービスによってはゲーム感覚で、集客を見込める方法で繋げるなど様々な集客誘導が挙げられます。

日本でも大人気でブームとなった「Pokémon GO」と言うスマートフォンアプリケーションゲームでは、GPSなどで店舗情報を活用して店舗誘導に繋げる方法があります。

ゲーム内で指定した場所に訪れるとゲームの内容やストーリーが進むなどし、プレーヤーが顧客となりポイントやクーポンなどを利用できる活用方法も存在しています。

1番身近でわかりやすいのはSNSを活用した集客方法が挙げられます。

「Twitter」や「Facebook」「Instagram」などコミュニケーションを中心としたプラットフォームでの投稿&口コミ情報を発信することにより集客と拡散が見込めます。

顧客が主体となって次の顧客に信頼を与え、同じ顧客と言う視点から見れば信用度が上がり、集客する方法としては現実的かつ効率の良い集客方法といえます。

 

②集客成功の事例

 

 

集客成功の事例として「無印良品」などが挙げられます

無印良品では運用しているアプリケーションがあり、O2Oから見ても運用に成功した事例として挙げられます。こういった店舗に集客するためにアプリケーションを活用してアプリから顧客を集客し、店舗に誘導するマーケティングスタイルが現代には必要不可欠です。

他にも様々な企業がWebマーケティング手法であるO2Oを利用しています。

上記でも説明したクーポン&SNSでの「集客&拡散&店舗誘導」が最も効果が大きくわかりやすい成功事例といえます。

 

③市場規模は2023年に1,616億円規模

 

 

日本国内のO2Oでの市場規模調査をした結果が、2018年の市場規模は135億円で2018年の市場規模から2023年には12倍の結果を予測され市場規模はなんと「1.616億円」と予測が発表されました。

この予測から見ても日本国内においてO2O広告のWebマーケティング手法は有効だと予測されており、日本では現在で1番収益が見込めるWebマーケティング手法として注目されています。

 

Geekly Media ライター

3+