【O2O】Offline-to-Onlineとは!市場規模や具体的な事例とともに分かりやすく解説!

O2O、Offline-to-Onlineって最近よく聞くけど、実際に理解している人はまだ少ないのではないでしょうか。「O2O」とよく一緒に出てくる「オムニチャネル」と「OMO」についても触れ、関連ワードもわかりやすく説明します。市場規模や具体的な事例にもコミットして行き、今後の日本のWebマーケティング事情についても切り込みます!

 

【O2O】の具体的な事例

 

①【オンライン】SNS・スマホ決済・ECサイト

 

 

具体的な事例としてO2Oでの割引の流れについて簡単に解説します。

実務店舗に誘導するためにはオンラインを活用して集客する方法が現代では効率が良い集客方法といえます。

そこで、顧客のスマートフォンにお店のアプリケーションを入れることによって10%引きや、お得な情報なども記載し配信します。

配信情報をもとに、店舗に誘導し来店した顧客がスマホの画面を店員に見せる事や、割引のバーコードを読み取ってもらうなどして、お得な割引サービスを受けることができます。このような割引などのお得情報を配信することにより一時的、短期的、利益のマイナスに繋がる要因ではありますが、これに商品を購入すれば使える条件を1つ付け加えるなどし、利益を伸ばす手法があります。

また、スマホ決済を活用することにより、顧客は通常の商品価格帯よりもお得に商品を購入できるメリットがあり、即売意欲が高まり、結果的に顧客集客に繋がるのがO2Oでの最大のメリットです。

 

②SNSでは集客し拡散できることが最大のメリット

 

 

Webサイトで販売するサイトのことを「ECサイト」と言います。ECサイトでは実務店舗と同じ商品をネット情報で閲覧、購入ができる仕組みを作ることによって顧客の時間的、行動的要因の壁をなくし集客できます。

上記のような様々なWebマーケティング手法はO2Oでの集客する主な事例となります。顧客の購買意欲の様々な壁を排除しに誘導する後押し役割を担っているのがO2Oです。

 

【O2O】&【オムニチャネル】とは違う【OMO】

 

①【O2O】&【オムニチャネル】の共通点

 

 

「O2O」は「Offline-to-Online」の略と上記でも説明した通り、実務店舗に誘導しかつ購買意欲を促進する事を目的としたのがO2Oです。

一方、オムニチャンネルとはカタログやコールセンター、実務店舗やWebサイトなど様々な顧客との接点を多く持ち幅広い視野から集客する考え方の手法です。

テレビでイメージしてもらうと、どのチャンネルでも同じ通販サイトで商品を売っていると言うイメージが感覚的に近く考え方としては理解しやすいかと思います。

 

②【OMO】とは?

 

 

O2Oの考え方はオンラインからオフラインに移行するという考え方です。

OMOはオンラインとオフラインの概念にかかわらず、顧客の体験を高めるためにどちらの方法が顧客にとって高まるのかと言う考え方のマーケティングになります。

顧客の体験が高くなるにつれ顧客の購買意欲は促進される傾向にあると言う考え方から生まれたマーケティング手法になります。

Webマーケティング(オンライン)とマーケティング(オフライン)のどちらの方法が効率よく利益が伸ばせるのかと言うイメージしていただけると分かりやすいかと思います。

この考え方をいち早く取り入れているのが中国で現在の中国ではモバイルペイメントなど、お金を使わず電子での決済方法が支流です。

日本の場合はまだ現金決済が支流のため、現金の方が集客&収益が見込めるとされています。

OMOの特徴は集客のあらゆる体験を中心に考えられたマーケティング手法です。「ユーザーエクスペリエンス(UX)」と言う考え方が主な考え方です。

スムーズに現金なしのモバイル決済ができて楽しいと言う体験が顧客の購買意欲の促進を後押ししてくれるといった考え方になります。他にも店舗での快適なショッピングでの有意義な体験などが顧客の購買意欲を促進すると言う考え方がOMOです。

 

Offline-to-Online【O2O】の今後

 

 

日本のビジネス戦略としてはオンラインからオフラインに移行するWebマーケティング手法のO2Oがこれからも支流となり集客や収益が見込めるマーケティング形態といえます。

日本は今後もSNSである「Twitter」「Facebook」などのコミュニケーションツールや「YouTube」などの動画配信サービスで集客、拡散、店舗の誘導に繋がり収益を伸ばせることでしょう。

 

【O2O】の考え方とまとめ

 

考え方

 

 

結論から言ってしまえばO2Oの考え方は現代の日本事情に適している考え方と言えるため、日本では最大限の集客方法と言えるのは間違いありません。

ですが、今後中国のようなモバイル決済型にシフトチェンジしていく可能性も大いにあり、世界ではむしろモバイル決済の割合が増加傾向にあるためいつかは日本もその時が来るでしょう

 

まとめ

 

 

ここ数年から数十年は日本人の独特な考え方もあり、現金主流は揺るがない決済方法なため、世界がどんどん便利になったとしても、店舗に足を運び実物の商品を見るニーズは決してなくならないでしょう。

なくなったとしても形を変え店舗に足を運ぶと言うビジネス形態は残り続けると予測できます。オンラインからオフラインへの考え方は日本の現代のWebマーケティングの主流手法です。

Geekly Media ライター

3+