【徹底比較】Cookie(クッキー)とキャッシュの違いとは!言葉の定義や削除方法を解説します!

Webサイトでの情報検索やショッピングは、日常生活の一部となりました。そこでよく耳にするのがCookie(クッキー)やキャッシュです。しかし、その違いを明確に理解している人は少ないのです。そこで今回は、Cookie(クッキー)とキャッシュついて、言葉の定義や削除方法を交えながら、役割の違いを解説します。

 

Cookie(クッキー)とキャッシュの違い

 

 

Cookie(クッキー)とキャッシュは、どちらもWebブラウザに保存される履歴の一つです。ブラウザがこれらの情報を記憶することで、ECサイトでのショッピングや、Web閲覧が素早く快適に利用できます。

Cookie(クッキー)とキャッシュの大きな違いは、取り扱う情報の種類にあります。

Cookieはユーザーのユニークデータを保存し、キャッシュは一度アクセスしたWebページを保存するのです。

 

Cookie(クッキー)とは

 

Cookie(クッキー)とは、Webサイトへのログイン情報ECサイトでの行動アクセスユーザーのユニーク情報などを識別するために利用される仕組みです。

SNSを利用する際、IDとパスワードでログインすれば、しばらくはログイン情報を入力することなく、自分のアカウントにアクセスできますよね。

訪れたサイトでの行動や情報を記憶させることで、二度手間を省いてくれるのです。普段使うWebサイトが手間なく快適に使えるのは、Cookieのおかげです。

 

キャッシュとは

 

キャッシュとは、一度訪れたWebページそのものを、ブラウザに保存する仕組みです。キャッシュを利用することで、二度目以降にアクセスするWebサイトを高速に表示できます。

ただし、Webページを保存することで、PC自体のパフォーマンスが落ちて、動作が重くなることがあります

その際には、ブラウザのキャッシュをクリアすることで動作が軽くなる可能性があります。

 

Cookie(クッキー)の使い道

 

 

Cookieには、Webサービスの利用者と提供者、双方にとっての使い道があります。

 

Webサービス利用者にとっての使い道

 

ECサイトで商品をショッピングカートに追加後、購入せずにECサイトを離れます。その後、同じECサイトにアクセスすると、ショッピングカートの中には追加した商品が残っています。

これは、ECサイトがCookieを利用して、あなたのWebブラウザに履歴を残した結果です。

 

Webサービス提供者にとっての使い道

 

Webサービスの提供者にとって、Cookieはアクセス解析やマーケティングの重要なデータです。Cookieによって、ユーザーのユニークデータを得られるため、ユーザーが興味を持つ広告などをピンポイントに配信することができます。

性別や年齢層など、自サイトにアクセスするユーザーのデータ分析を行うことができるのです。

 

キャッシュの使い道

 

キャッシュについては、Webページを閲覧するユーザーにとって便利な仕組みです。

初めて訪れるWebサイトにアクセスすると、サーバーからWebページをダウンロードして、ブラウザに表示します。

Webページはサーバーからデータをダウンロードして表示しますので、容量が大きいほど表示に時間がかかります。写真画像などの多いサイトの表示は”重い”ですよね。

表示の遅いWebサイトは開きたくないものですが、どうしても同じサイトを閲覧したい時もあります。

この時、ブラウザがキャッシュとしてWebサイトを保存しておくことで、情報をサーバーからダウンロードする手間を省き、高速に表示できるのです。

 

Geekly Media ライター

佐久森

1+